人気記事はこちらです。

《ズバリお答えします》 日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

ズバリお答えします なぜ、ロックダウンしないの おすすめの本 さよなら新型コロナウイルス理由
スポンサーリンク

先日の2021年7月30日の菅義偉総理の会見では、「ロックダウンは日本でなじまない」という表現をされました。菅総理は、今の日本がどれだけ危機的な状況にあるのか本当にわかっているのでしょうか。

厚生労働省は2021年8月2日、『感染者の多い地域では、原則、重症患者や重症化リスクの高い人以外は、原則自宅療養させる方針』で決定したようです。

これは、『日本、五輪期間中に医療崩壊』というのが世界で報道されるのだけは回避したいという日本政府の苦肉の策のような、禁じ手のような手法です。指定感染症である新型コロナウイルス感染症の中等症患者が自宅療養だなんて、これで安心・安全って言えますか?医療崩壊隠し、医療崩壊偽造のようなことをすることが、政府のとる対策とは思えません。

よく、こんなになるまで、無策で放置されたことに軽蔑しています。

先日もお話しましたが、アメリカCDCのワレンスキー所長は、「デルタ株に感染した場合、ワクチン接種完了した人もしていない人と同等に感染させる可能性がある」(2021年7月30日)と指摘しています。

菅総理はワクチンに幻想を描いているだけにすぎません。

さらに、アメリカCDCは、「新型コロナウイルスはあと数回の突然変異で」ワクチンから逃れる恐れもある」と指摘しています。

ワクチン接種が進んだとしても、日本はコロナ禍以前の生活を取り戻せるかどうかは、現時点では、わからないというのが適切な表現、自然な表現ではないでしょうか。専門家・研究者の中には、まだ数年単位でコロナと向き合っていかなければならないと予測されている方もいます。私も、以前からお話しているように、昨年のコロナ初期のころから、スペイン風邪が3年近く終息までに月日を要しているので、新型コロナウイルス感染症も3年はかかると予測しています。パンデミックがそう簡単に終息するはずがないと思っています。

菅総理は、あまりにも楽観的に考え過ぎているので、菅総理がいくら会見を開いて説明しても、国民には危機感や緊張感や緊急性が伝わらないのではないでしょうか。

日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?

ファイナンシャルプランナーの私がズバリお答えします。

ライン3r 区切り線
今日は『日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?』についてお話します。

  1. 《ズバリお答えします》 日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】
  2. 日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの?
  3. ロックダウンするための法整備は出来ているの?
  4. 日本には、ロックダウンするための法律はない
  5. 『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】
    1. 第10位【杉本 正信】新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服
    2. 第9位【奥田 研爾】新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える
    3. 第8位【髙橋弘】新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」
    4. 第7位【森下 竜一】機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-
    5. 第6位【生田 和良】たいせつな家族を感染症から守る本
    6. 第5位【リチャード・ガンダーマン】ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで
    7. 第4位【コロワくんサポーターズ】日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100
    8. 第3位【さーたり、中山 哲夫】感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた
    9. 第2位【宝島特別取材班】緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと
    10. 第1位【崎谷博征】今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで
  6. まとめ
  7. おすすめ

《ズバリお答えします》 日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないのでしょうか? ロックダウンするための法整備は出来ているのでしょうか?

さくら
さくら

人流という言葉を総理はお使いになられるけれど、人流を減らすなら、外出を制限する以外に方法はないと思う。

りん
りん

そうね、今の日本にはロックダウンやそれに近い措置が必要かも?

ゆいな
ゆいな

デルタ株や、その他の変異株に対しての対策がまるでないのと、感染者を抑制するための対策をまったく行っていないのが気になる。

シリーズ『ズバリお答えします。

新型コロナウイルス感染症の政府の対応に不満を感じてる方や、気になっている方もいらっしゃると思います。

私の見解をご説明します。

2021年7月30日、アメリカCDCのワレンスキー所長は、「デルタ株に感染した場合、ワクチン接種完了した人もしていない人と同等に感染させる可能性がある」と指摘しています。

さらに、アメリカCDCは、「新型コロナウイルスはあと数回の突然変異で」ワクチンから逃れる恐れもある」と指摘しています。

補 足
アメリカCDCとは、アメリカ疾病予防管理センターのことです。日本にもこのような組織があってほしいのですが、残念ながら日本にはない組織です。

私は、日本が危機的な状況に近づきつつあり、それは、今後、1週間~2週間ぐらいで訪れると考えています。その危機的な状況は、もしかすると、数週間、いや、それ以上、続くかもしれません。

今のままでは、日本がロックダウンする前に、菅総理がノックダウンするのではないでしょうか。そうなると、立憲民主党が、すきを狙って、タッチダウンすると思います。

ちなみに、私は特定の政党や団体を支持しているわけではありません。政府寄りでもないし、野党寄りでもないし、与党寄りでもありません。

日本の国会議員は議員の体をなしていません。

国会議員がしっかりしないから、このような日本になる。国民は不安が募る。新型コロナウイルスの感染が広がらないための対策を強化してほしいと願うばかりです。

日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの?

日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないのでしょうか?

日本政府のみなさま、感染の拡大を『変異株』を理由にするのは、卑怯だと思います。変異株の驚異は昨年から言われていたことです。あなたがた日本政府は、変異株への対策を行わなかったのが、感染が急拡大した理由です。なぜ、変異株対策をしないのですか、今も変異株への対策は行っていませんが、それは、なぜでしょうか。やっていることは、要請レベル、お願いレベルのことだけです。変異株対策はされていません。ラムダ株対策なんて、まったくできていないのです。摩訶不思議です。異常ともいえる体質です。

ロックダウンについては、先日、2021年7月30日の記者会見で、菅総理は、

「日本でロックダウンはなじまない」

と説明されました。

大変理解に苦しむお言葉でした。今の状況をきちんとご覧になられていないのかもしれません。

『なじむ』『なじまない』の話ではなく、日本は切羽詰まってきていて、背に腹は代えられぬ状況にあるのです。すぐにでもロックダウン、ないしは、ロックダウンに近い外出禁止措置などの法的措置が必要だと私は考えているのですが、菅総理のお考えの中にないようです。

ようするに、やりたくないだけだと思います。

五輪が開催されている只中にロックダウンや外出禁止などの法的措置のようなことをすると、国民の反発、野党の反発は免れないからだと思います。菅総理のメンツやプライドもあり、秋の選挙前にロックダウンや外出禁止などの法的措置のようなことを避けたい思惑が働いているのではないでしょうか。

私も、本当は、ロックダウンには反対なのですが、今の日本の感染状況は、異常ですので、とにかく、感染が急拡大しているのを止めないと、医療崩壊、感染爆発、アウトブレイクになると思うので、ロックダウン、ないしは、外出禁止令のような法的措置しかないと思います。

本来であれば、国民が自主的に外出禁止ができれば、経済的な損失もロックダウンに比べると少なくて済みます。もう少し、国民全体でコロナ明けの日本の厳しい現状なども考えると協力できると思うのですが、復旧・復興に時間がかかるような選択肢は極力避けて、国民が団結して、人流抑制、密を減らすなどの対策が取られると、コロナ終息後の復旧・復興に道が開けると思います。

今の状況が長引けば長引くほど、私たちにかかる将来の負担は大きくなります。今の子供たちやこれから生まれてくる子供たちまで、大きな負担を背負うことになります。

総理がロックダウンには消極的なので、総理ご自身がロックダウンに踏み切ることはないと思います。

一番最初の緊急事態宣言を発令したときも、安倍総理が決断したというよりは、全国知事会より要望が強く、それに圧された形で、緊急事態宣言を発令したと思いますので、おそらく、今回も、ロックダウンする場合には、全国知事会が強く要望し、総理を突き動かすような形になって、渋々ロックダウンという流れに向かうのではないでしょうか。

不思議なのは、日本政府は、『感染者を増やさない対策』『密にならない対策』『移動をできるため抑制するための対策』など、効果的な対策がこのコロナ禍の中で一度も行われていないところです。口を開ければ『要請』『お願い』レベルのことです。

意味のない緊急事態宣言、飲食店などに対しての休業要請・時短要請など、理解できない『要請』『お願い』が続いて辟易しています。不公平・不平等なことは直ちにやめるべきです。

日本政府は、まったく、先手をうつことなく、後手の後手で、感染者がでたらどうするのか、そればかり考えているのです。病床を増やせば何とかなると思っているから菅政権はダメだなと思っています。

『感染者をこれ以上増やさないための対策』『感染を抑制する対策』『感染者を減らす対策』『移動を極力させない対策』『密にならない対策』をとらなければ、日本は今後、これまでにない危機的な状況を迎えると思います。

自民党のみなさま、公明党のみなさま、心底軽蔑します。国会議員のみなさま、一致団結して取り組む覚悟と努力を国民に示してください。

ライン 区切り線

次のリンクは、CNNの参考になるデルタ株関連記事です。

今、分かっていることは、2021年8月2日現在では、新型コロナウイルス感染症のワクチンは、変異株においても、重症化や中等症などを防ぐ一定の効果はあると言われています。この点は、一定の効果があると私も思っています。ただし、今までと違うところは、人にうつす、うつさないという点です。アメリカのCDCのワレンスキー所長は、「デルタ株に感染した場合、ワクチン接種完了した人もしていない人と同等に感染させる可能性がある」と指摘しています。

つまり、デルタ株に感染した場合、ワクチン接種を完了していても、人にうつす可能性があるということです。

まだ、可能性ということで、はっきりとしたことはわかっていないのかもしれませんが、今の日本のような対策では最悪の状況になることも否定できないと思います。

ロックダウンするための法整備は出来ているの?

日本は、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているのでしょうか?

現時点で、ロックダウンに関する法律はありません。従いまして、法律に基づくロックダウンはできません。

推測ですが、現時点で、ロックダウンについて、菅総理が消極的なお考えである以上、ロックダウンについての議論もされていないと思います。そのような報道もされていません。

議論なし、法律なし、そんな、情けない現状です。議論くらいあってもよいと思うのですが、理解できないことばかりです。

今後は、議論されるかもしれませんが、現時点では、ロックダウンを行うための法整備はされていない状況です。ですから、ロックダウンはできません。道路封鎖さえできません。一部のエリアだけを封鎖することさえできません。ロックダウンするには法整備が必要です。

私は、選択肢の一つとして、ロックダウンも必要だと考えています。菅総理は、選択肢を持つことさえ拒否しています。理解に苦しみます。じゃあ、他の選択肢はあるのでしょうか?

『ワクチン』

の一点張り・一辺倒で、他には何もないと思います。

今になって、慌てて、病床の確保をしているようですが、とても間に合いそうにないので、『感染者の多い地域では、原則、重症患者や重症化リスクの高い人以外は、原則自宅療養させる方針』で決定したようです。

要するに、コロナに感染してもすぐに入院はできないのです。入院できる人は限られた人だけです。中等症患者が自宅療養だなんて、これで安心・安全って言えますか?

医療崩壊隠し、医療崩壊偽造のようなことをすることが、政府のとる対策とは思えません。

禁じ手のような手法です。見せかけだけ、病床を増やすようなことをして、それで、人命を救えるのか菅総理にお尋ね申し上げたいです。

ロックダウンしないなら、今できることを積極的にやればよいと思うのですが、とにかく、感染抑制に至っては何もしない、消極的姿勢、腰が重いように感じます。

『要請』『お願い』というのは、もう効果がないことにいい加減には気づくべきです。国民を欺くようなことだけはやるべきではないと思います。それを恥だと思わない人は信用できません。


ライン 区切り線

次のリンクは、CNNの参考になるデルタ株関連記事です。

アメリカCDCは、「新型コロナウイルスはあと数回の突然変異で」ワクチンから逃れる恐れもある」と指摘しています。

つまり、今のワクチンが十分な効果を発揮しない、ないしは、今のワクチンは効かないということを意味しています。菅総理、ワクチン一辺倒で大丈夫なんでしょうか?

菅総理は、口を開けば、『ワクチン』とおっしゃっていますが、他にも効果的な対策をしなければ、日本は年末、ないしは、年明けまで、このような状況が続くのではないでしょうか。私は、年末まで、このままの状況が続くか、ないしは、年明けまでに、もう1、2回、緊急事態宣言を発令すると予測しています。

次のリンクは、CNNの参考になるデルタ株関連記事です。

先日、お話したことですが重要なので、もう一度ご説明します。

引 用

日本には、ロックダウンするための法律はない

悲しいお知らせですが、今の日本には、ロックダウンするための法律はありません。

2021年7月20日現在の日本の法律のままでは、ロックダウンすることは法的には難しく、『不要不急の外出は控えてください』と呼び掛けることが精いっぱいなんです。つまり、現状の法律では、要請やお願いレベルしかできません。

それが、日本の現実なのです。

今の法律では、道路さえ、封鎖することができません。

それが、日本の現実なのです。

外出禁止を強制できないので、お願いレベルで国民に訴えかけるしかないのです。

夜になると、プラカードや掲示ボードを持った役所の人が、街を巡回して呼びかけるしかないのです。実にみっともない光景です。あれだけ巡回していても、路上には路上飲酒による空き瓶、空き缶のポイ捨てが多く、日本の光景とは思えないような現状があります。自分の国がこれほどまでに地の底に落ちていることに悲しい気持ちになります。

国民がこれだけ長期間苦しんでいるのに、いまだにロックダウンするための法律を作っていないのです。

先日、菅総理は、『ロックダウン』という言葉を先日の会見で口に出されましたが、ロックダウンの選択肢がないのに、『ロックダウンの選択肢があるかのような』発言はいかがかと思います。あのような発言を軽率にする人間は、それだけの人間でしかありません。

いつまで、要請レベル、お願いレベルのことを続けるのでしょうか。

もし、新しいウイルス(未知のウイルス)が流行したとき、そのとき日本は大変な思いをすることになるでしょう。

とくに、新型コロナウイルスよりも、もっと、感染力が強く、致死率が高いウイルスが流行したとしても、日本はロックダウンもできない、強制隔離措置もとれない、道路も街も封鎖できない、必要な法整備がなされていないので、私たちはなすすべはないと思います。どれだけ苦しい思いをしても、感染者がでても、今のように、『自粛』『要請』をするしかないのです。

必要な法整備をしておければ、テロのとき、自然災害のとき、ウイルスが流行したとき、有事のときに、それらが使えるように法整備しておけば良いと思うのですが、何も法整備を行わず、臨時国会も開こうとしないのは、国民を見捨て、責任を放棄しているのと同じ事です。

安倍政権にしても、菅政権にしても、あまりにも国民をぞんざいに思いすぎています。思いやりのかけらもない政権です。

現在、首都圏での感染が急増しています。地方の感染者も増えつつあります。国民をいつまで苦しめるつもりなのでしょうか。

今現在、新型コロナウイルス感染症による重傷者が増えないからといって、政府が何も手を打たないというのはいかがなものでしょうか。感染者が増えることが国民を苦しめることになっているのだといい加減には日本政府・菅政権は気づくべきですし、これだけ、苦しい思いをさせているのだから、早急に対策を打つべきだと思います。

感染者を抑制する取り組みを直ちに行うべきです。

国民からみると、安倍政権も菅政権も無責任だと感じています。

国民は今現在、緊急事態宣言下にあり、苦しい思い、我慢の日々なのに、感染者を抑制するプログラムを何も発動しない、もはや、今の政権など必要ありません。

緊急事態宣言以外のことで、効果的な対策、感染者を抑制する対策を至急行ってください。

このような状況に陥った責任を菅総理や関係大臣は取るべきです。責任の取り方は議員辞職しかありません。

新型コロナウイルス感染症のワクチン一辺倒でやってきたつけがこれです。情けないです。

引用元:もりもりの『《ズバリお答えします》新型コロナウイルス対策において、菅政権は、なぜ、変異型ウイルス(デルタ株・ラムダ株)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないのか!【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

こうなったのは、与野党の国会議員の責任でもあるのです。あなたたち、国会議員のせいで、国民は苦しんでいることは忘れないでください。いつまで、このようなことを繰り返すのでしょうか。

日本のすべての国会議員や地方議会議員のみなさま、各政党のみなさまへ
国や地方や国民の役に立ちたいなら、路上飲酒によってポイ捨てされた、空き瓶や空き缶やゴミを毎日拾ってください。それぐらいやってもいいのではないでしょうか。感染者が増え医療機関が大変な思いをしています。医療機関で掃除のお手伝いをしたり、誘導業務などのお手伝いをするくらいやってもいいのではないでしょうか。SNSでつぶやく暇があるなら、その時間は街の掃除でもしてください。日本全体が大変な時なんです、少しでも街をきれいにしませんか。
国民の税金を無駄にしないでください。

これまでの新型コロナウイルスの記事については こちらをご覧ください。

合言葉
さよなら新型コロナウイルス感染症、sayonara COVID-19、さよなら菅政権、sayonara Suga administration、さよなら国会議員、sayonara Diet members

『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】

『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10を第10位からご紹介します。

10作品を選んだポイントは以下の通りです。以下のポイントの1つ、ないしは、複数を含んだ作品を中心に選んでいます。

  1. 『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本
  2. 買って良かった
  3. 読んでよかった
  4. 人にもおすすめしたい
  5. その他

上記のいずれかのポイントを含んだ作品を中心にランキングにしました。

記事の内容は、2021年8月2日時点の内容です。

以下の一部は、敬称略でご紹介します。

ライン 区切り線

第10位【杉本 正信】新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服

ランキング 第10位

新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服

タイトル名:新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服
著者名:杉本 正信
出版社:東京化学同人

ライン3r 区切り線

第9位【奥田 研爾】新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える

ランキング 第9位

新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える

タイトル名:新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える
著者名:奥田 研爾
出版社:現代書林

ライン3r 区切り線

第8位【髙橋弘】新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」

ランキング 第8位

新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」

タイトル名:新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」
著者名:髙橋弘
出版社:主婦の友社

ライン3r 区切り線

第7位【森下 竜一】機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-

ランキング 第7位

機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-

タイトル名:機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-
著者名:森下 竜一
出版社:エスクリエート

ライン3r 区切り線

第6位【生田 和良】たいせつな家族を感染症から守る本

ランキング 第6位

たいせつな家族を感染症から守る本

タイトル名:たいせつな家族を感染症から守る本
著者名:生田 和良
出版社:講談社

ライン3r 区切り線

第5位【リチャード・ガンダーマン】ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで

ランキング 第5位

ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで

タイトル名:ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで
著者名:リチャード・ガンダーマン
翻訳者:野口 正雄
出版社: 原書房

ライン3r 区切り線

第4位【コロワくんサポーターズ】日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100

ランキング 第4位

日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100

タイトル名:日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100
著者名:コロワくんサポーターズ
出版社:日経メディカル開発

ライン3r 区切り線

第3位【さーたり、中山 哲夫】感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

ランキング 第3位
トロフィーと月桂樹no3

感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

タイトル名:感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた
著者名:さーたり、中山 哲夫
出版社:KADOKAWA

ライン3r 区切り線

第2位【宝島特別取材班】緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと

ランキング 第2位
トロフィーと月桂樹no2

緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと

タイトル名:緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと
著者名:宝島特別取材班
監修:宮坂 昌之
出版社:宝島社

ライン3r 区切り線

第1位【崎谷博征】今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで

ランキング 第1位
トロフィーと月桂樹no1

今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで

タイトル名:今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで
著者名:崎谷博征
出版社:秀和システム

ライン3r 区切り線

まとめ

残念なニュース、アメリカCDCのワレンスキー所長は、「デルタ株に感染した場合、ワクチン接種完了した人もしていない人と同等に感染させる可能性がある」と指摘!?日本のように呑気で生ぬるいことをやっていて、本当に大丈夫なの?についてと、『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10をご紹介しました。

本を選ぶときの参考になると幸いです。

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

イオンショップ

au PAY マーケット

ライン3r 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン3r 区切り線

タイトルとURLをコピーしました