人気記事はこちらです。

《ズバリお答えします》新型コロナウイルス対策において、菅政権は、なぜ、変異型ウイルス(デルタ株・ラムダ株)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないのか!【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

ズバリお答えします なぜ変異型ウイルスを抑え込まないの おすすめの本 さよなら新型コロナウイルス理由
スポンサーリンク

緊急事態宣言発令には失望しました。

それまでに、打てる手はあったと思います。そもそも、なぜ、前回の緊急事態宣言を解除し、すぐリバウンドしたのか、日本政府は反省をするべきですし、国民に対して丁寧な説明が必要です。

さて、菅総理は、変異ウイルス(デルタ株)は感染力が強いとおっしゃられていますが、それならば、なぜ、対策をしないのでしょうか。なぜ、変異ウイルスを抑え込まないのでしょうか。

まったく危機感が感じられない口調をされるので、国民も対応しづらいし、何とかしようという感じにならないのです。

ファイナンシャルプランナーの私がズバリお答えします。

ライン3r 区切り線
今日は『菅政権は、なぜ、変異ウイルス(デルタ株・ラムダ株など)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないの!』についてお話します。

  1. 《ズバリお答えします》新型コロナウイルス対策において、菅政権は、なぜ、変異ウイルス(デルタ株・ラムダ株など)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないの!【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】
  2. なぜ、菅政権は、変異ウイルス対策をしないの!?
  3. 以前、菅総理は、変異ウイルスを抑え込むとおっしゃられましたが、まったく、抑え込めていません。それは、なぜ?
  4. 一部の業種に対して、休業要請、時短要請をしているなら、なぜ、短期で感染を抑え込む努力をしないのは、なぜ?
  5. なぜ、臨時国会を開かないの?
  6. 日本には、ロックダウンするための法律はない
  7. 『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】
    1. 第10位【杉本 正信】新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服
    2. 第9位【奥田 研爾】新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える
    3. 第8位【髙橋弘】新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」
    4. 第7位【森下 竜一】機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-
    5. 第6位【生田 和良】たいせつな家族を感染症から守る本
    6. 第5位【リチャード・ガンダーマン】ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで
    7. 第4位【コロワくんサポーターズ】日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100
    8. 第3位【さーたり、中山 哲夫】感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた
    9. 第2位【宝島特別取材班】緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと
    10. 第1位【崎谷博征】今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで
  8. まとめ
  9. おすすめ

《ズバリお答えします》新型コロナウイルス対策において、菅政権は、なぜ、変異ウイルス(デルタ株・ラムダ株など)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないの!【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

新型コロナウイルス無策の日本政府、菅政権(自民・公明連立政権)は、なぜ、変異ウイルス(デルタ株・ラムダ株など)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないのでしょうか!

さくら
さくら

政府内に、誰も詳しい人がいないのかしら。。。

りん
りん

方法がないのだと思う。

ゆいな
ゆいな

方法よりも覚悟がないからできないんじゃないのかな!

シリーズ『ズバリお答えします。

新型コロナウイルス、リバウンドが異常なくらい速いです。

菅総理は、『変異ウイルスは感染力は強い』と口ではおっしゃられますが、何も対策をしないというのは、どういうことなのでしょうか。そもそも菅総理からは危機感を感じることはできません。

あまりにも無責任な政府です。

『そもそも前回の緊急事態宣言をなぜ解除したのか?』

『中身のない緊急事態宣言をなぜやるのか?』

『いつまでお願いレベルのことを国民に言い続けるのか!』

国民は、疑問と理不尽さと不公平さで混乱しています。政治不信を招いた責任を思い知るべきです。

ちなみに、私は特定の政党や団体を支持しているわけではありません。政府寄りでもないし、野党寄りでもないし、与党寄りでもありません。

日本の国会議員は議員の体をなしていません。

自民党や公明党がしっかりしないから、このような政府になる。国民は不安が募る。やる気がないなら、ただちに国会議員をやめてください。

なぜ、菅政権は、変異ウイルス対策をしないの!?

なぜ、菅政権(自民党・公明党連立政権)は、変異ウイルス対策をしないのか!感染対策の強化を図らないのでしょうか!

緊急事態宣言をすれば何とかなると思っているから、『菅政権はダメだな』と思っています。

緊急事態宣言を長くやっていれば、いつかは収束する、いつかは感染者が減るだろうぐらいに思っているから、『菅政権はダメだな』と思っています。

これだけ、日本政府の新型コロナウイルス対策に不安や不満を感じているのは、効果的なことをやらないで、効果のないことをダラダラ、長々とやるから、国民は、不満とイライラが募るのです。

国民と政府(政権、すべての国会議員)との溝があり、国民のことを全然わかっていない政権だと感じています。

国民は、何度も緊急事態を経験しましたので、もっと効果的な方法を求めています。効果があるなら、法律なども改正してもいいと思っています。短期間で抑え込むような対策を望んでいます。

なぜ、やらないのか!

それは簡単です。

現時点では、変異型ウイルスへの方法(対策)がわからないからだと思います。

もし、変異ウイルス対策ができるなら、すでにやっていると思います。

『人流を減らす』と公言していた前回の緊急事態宣言で、思うように人流を減らすことができなかったので、今回の緊急事態宣言では、人流を減らすということは言われませんでした。

菅政権も何かやれるならやっていると思いますが、おそらく、やりたくても、やれるだけのことが何もない、ないしは、やるには法改正したり、必要な話し合いをしたり、時間のかかることが多々あり、国民にお願いレベルなことをさせて、なんとか波が収束するのを待っているだけなのだと思います。

以前、菅総理は、変異ウイルスを抑え込むとおっしゃられましたが、まったく、抑え込めていません。それは、なぜ?

以前、菅総理は、4月の緊急事態宣言を発令する際に、『変異ウイルスを抑え込む』とおっしゃられましたが、まったく、抑え込めていません。それは、なぜなのでしょうか?

公言したことを実行しない、実行力のなさが要因です。
日本の国会議員すべてに言えますが、言ったことを必ず守るという意識が極めて低いのです。責任感が欠如しているといってもいいと思います。人気を集めるため、政治アピールのためだけに、何かを言ういうスタンスなんです。取り組みや結果なんてどうでもよいと考えているのです。
変異ウイルスはまったく抑え込めていないですし、再び緊急事態宣言をしています。
変異ウイルスを抑え込めないとわかっているので、最近では『変異ウイルスを抑え込む』という文言は使用されていません。

菅総理の特徴
公言したことでも、できそうにないとわかったら、その文言はフェードアウトしていきます。

ほんの一例
『短期集中的な対策』『前回の緊急事態宣言では人流を減らす』『変異ウイルスを抑え込む』などなど。

おそらく、今回の緊急事態宣言を8月末ごろ解除して、すぐにリバウンドして、また、9月中旬ごろに再び緊急事態宣言を発令すると予想しています。
何度緊急事態宣言をだしても、自分たちは痛くもかゆくもないのです。国民の苦しみ、不安、痛みなど、今の国会議員にはわからないでしょう。

いつまで、昨年と同様の感染対策をするのかわかりませんが、変異ウイルスは脅威といいながら、まったく、対策を変えないというのは、自公政権の終焉が近いのではないかと思います。

菅政権になってから緊急事態宣言の数も増え、国民は辟易しています。

1年半も国民が苦しい思いをしているのに、必要な法整備はなにも行っていません。

信じられません。

一部の業種に対して、休業要請、時短要請をしているなら、なぜ、短期で感染を抑え込む努力をしないのは、なぜ?

一部の業種に対して、休業要請、時短要請をしているなら、なぜ、菅政権は短期で新型コロナウイルス感染を抑え込む努力をしないのでしょうか?

公言したことを実行しない、実行力のなさが要因です。
日本の国会議員すべてに言えますが、言ったことを必ず守るという意識が極めて低いのです。責任感が欠如しているといってもいいと思います。人気を集めるため、政治アピールのためだけに、何かを言ういうスタンスなんです。取り組みや結果なんてどうでもよいと考えているのです。
以前なら、『人流抑制』を掲げていた菅政権ですが、このごろは、『人流抑制はできない』のがわかっているので、『人流抑制』という文言は使用しなくなりました。お気づきになられた方もいらっしゃると思います。

休業や時短をしている企業・お店の方に申し訳ないという気持ちが微塵も感じられません。申し訳ないという気持ちがあるなら、短期間で何とか感染を抑え込む努力をしていると思います。

本当に責任感を持ってやっているなら、臨時国会を開いています。

なぜ、臨時国会を開かないの?

菅政権は、なぜ、臨時国会を開こうとしないのでしょうか。

とても明確です。

臨時国会を開いたとき、野党は今の現状について、日本政府、菅政権を批判し、責任追及します。追及の仕方によっては、菅政権が持たない可能性があるからです。ようするに政権を守りたいがために逃げているだけなのです。秋に行われる予定の選挙まで時間を稼げばよいと思っているのです。

国民のことを本当に考えている政権ならば、とっくに臨時国会を開き、『感染者抑制』『必要な法整備』についての話し合いを行っていると思います。

菅政権には政権としてのチカラやチエがないことを露呈していることにもつながりかねません。

国民がこれだけ苦しい思いをし、我慢をしているのに、一部の政治家は、政治資金パーティーを開き、感染者が出ています。

岸田派の国会議員や議員秘書のみなさまへ
日本国民が外出自粛要請を守り、休業要請・時短要請を守っている企業やお店の方がいる中で、岸田派のみなさまは、とてつもない大人数で政治資金パーティーをされました。本会場以外にサテライト会場まであったそうですが、国民に対して要請やお願いをしている中で、自分たちはパーティーができるのですね。非常に失望しました。
それで、国会議員、議員秘書と言えますでしょうか!そんな政党や派閥を国民が支持すると思いますか!

国民に対しては、『不要不急の外出を控えてください』『外出するときは3密を回避してください』『一部の業種に対しては休業・時短要請』などのお願いをし、あなたがたは、大人数のパーティーを開催する。上級国民だから、何をやってもいい『特別な存在』『特権階級』なんだと勘違いされているのではないでしょうか。

自由民主党の岸田文雄大大先生が次期総理なんて、絶対にあってはなりませんし、そんな、危機管理能力のない人が総理になったら、今以上に国民は苦しむことになります。

一部の業種や人に対して、休業要請・時短要請しているのに、どうして、そのようなことが平気でできるのか理解に苦しみます。

あまりにも不公平、不平等です。

早急に臨時国会を開いて、効果的な対策を打って、一日も早く、休業や時短をしているみなさまが通常の営業に戻れるように、コロナ以前の営業に戻れるように、すべての国会議員は努力・尽力してください。お願いします。

日本には、ロックダウンするための法律はない

悲しいお知らせですが、今の日本には、ロックダウンするための法律はありません。

2021年7月20日現在の日本の法律のままでは、ロックダウンすることは法的には難しく、『不要不急の外出は控えてください』と呼び掛けることが精いっぱいなんです。つまり、現状の法律では、要請やお願いレベルしかできません。

それが、日本の現実なのです。

今の法律では、道路さえ、封鎖することができません。

それが、日本の現実なのです。

外出禁止を強制できないので、お願いレベルで国民に訴えかけるしかないのです。

夜になると、プラカードや掲示ボードを持った役所の人が、街を巡回して呼びかけるしかないのです。実にみっともない光景です。あれだけ巡回していても、路上には路上飲酒による空き瓶、空き缶のポイ捨てが多く、日本の光景とは思えないような現状があります。自分の国がこれほどまでに地の底に落ちていることに悲しい気持ちになります。

国民がこれだけ長期間苦しんでいるのに、いまだにロックダウンするための法律を作っていないのです。

先日、菅総理は、『ロックダウン』という言葉を先日の会見で口に出されましたが、ロックダウンの選択肢がないのに、『ロックダウンの選択肢があるかのような』発言はいかがかと思います。あのような発言を軽率にする人間は、それだけの人間でしかありません。

いつまで、要請レベル、お願いレベルのことを続けるのでしょうか。

もし、新しいウイルス(未知のウイルス)が流行したとき、そのとき日本は大変な思いをすることになるでしょう。

とくに、新型コロナウイルスよりも、もっと、感染力が強く、致死率が高いウイルスが流行したとしても、日本はロックダウンもできない、強制隔離措置もとれない、道路も街も封鎖できない、必要な法整備がなされていないので、私たちはなすすべはないと思います。どれだけ苦しい思いをしても、感染者がでても、今のように、『自粛』『要請』をするしかないのです。

必要な法整備をしておければ、テロのとき、自然災害のとき、ウイルスが流行したとき、有事のときに、それらが使えるように法整備しておけば良いと思うのですが、何も法整備を行わず、臨時国会も開こうとしないのは、国民を見捨て、責任を放棄しているのと同じ事です。

安倍政権にしても、菅政権にしても、あまりにも国民をぞんざいに思いすぎています。思いやりのかけらもない政権です。

現在、首都圏での感染が急増しています。地方の感染者も増えつつあります。国民をいつまで苦しめるつもりなのでしょうか。

今現在、新型コロナウイルス感染症による重傷者が増えないからといって、政府が何も手を打たないというのはいかがなものでしょうか。感染者が増えることが国民を苦しめることになっているのだといい加減には日本政府・菅政権は気づくべきですし、これだけ、苦しい思いをさせているのだから、早急に対策を打つべきだと思います。

感染者を抑制する取り組みを直ちに行うべきです。

国民からみると、安倍政権も菅政権も無責任だと感じています。

国民は今現在、緊急事態宣言下にあり、苦しい思い、我慢の日々なのに、感染者を抑制するプログラムを何も発動しない、もはや、今の政権など必要ありません。

緊急事態宣言以外のことで、効果的な対策、感染者を抑制する対策を至急行ってください。

このような状況に陥った責任を菅総理や関係大臣は取るべきです。責任の取り方は議員辞職しかありません。

新型コロナウイルス感染症のワクチン一辺倒でやってきたつけがこれです。情けないです。

自公政権は、政権を返上するべきです。

政権を無条件返上し、すべての国会議員は議員辞職をするべきです。

こうなったのは、与野党の責任でもあるのです。あなたたち、国会議員のせいで、国民は苦しんでいることは忘れないでください。いつまで、このようなことを繰り返すのでしょうか。

日本のすべての議員のみなさま、各政党のみなさまへ
国や国民の役に立ちたいなら、路上飲酒によってポイ捨てされた、空き瓶や空き缶やゴミを毎日拾ってください。それぐらいやってもいいのではないでしょうか。国民の税金を無駄にしないでください。

これまでの新型コロナウイルスの記事については こちらをご覧ください。

合言葉
さよなら新型コロナウイルス感染症、sayonara COVID-19、さよなら菅政権、sayonara Suga administration、さよなら岸田文雄先生、sayonara Kishida Fumio Sensei、さよなら国会議員、sayonara Diet members

『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】

『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10を第10位からご紹介します。

10作品を選んだポイントは以下の通りです。以下のポイントの1つ、ないしは、複数を含んだ作品を中心に選んでいます。

  1. 『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本
  2. 買って良かった
  3. 読んでよかった
  4. 人にもおすすめしたい
  5. その他

上記のいずれかのポイントを含んだ作品を中心にランキングにしました。

記事の内容は、2021年7月19日時点の内容です。

以下の一部は、敬称略でご紹介します。

ライン 区切り線

第10位【杉本 正信】新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服

ランキング 第10位

新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服

タイトル名:新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服
著者名:杉本 正信
出版社:東京化学同人

ライン3r 区切り線

第9位【奥田 研爾】新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える

ランキング 第9位

新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える

タイトル名:新型コロナワクチンを打つ前に知ってほしい大切なこと 感染症の専門家が教える
著者名:奥田 研爾
出版社:現代書林

ライン3r 区切り線

第8位【髙橋弘】新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」

ランキング 第8位

新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」

タイトル名:新型コロナワクチン接種前からの新習慣「命の野菜スープ」
著者名:髙橋弘
出版社:主婦の友社

ライン3r 区切り線

第7位【森下 竜一】機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-

ランキング 第7位

機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-

タイトル名:機能性食品と逆メソッドヨガで免疫力UP! -新型コロナワクチン開発の第一人者が解説-
著者名:森下 竜一
出版社:エスクリエート

ライン3r 区切り線

第6位【生田 和良】たいせつな家族を感染症から守る本

ランキング 第6位

たいせつな家族を感染症から守る本

タイトル名:たいせつな家族を感染症から守る本
著者名:生田 和良
出版社:講談社

ライン3r 区切り線

第5位【リチャード・ガンダーマン】ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで

ランキング 第5位

ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで

タイトル名:ヴィジュアル版 感染症の歴史:黒死病からコロナまで
著者名:リチャード・ガンダーマン
翻訳者:野口 正雄
出版社: 原書房

ライン3r 区切り線

第4位【コロワくんサポーターズ】日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100

ランキング 第4位

日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100

タイトル名:日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100
著者名:コロワくんサポーターズ
出版社:日経メディカル開発

ライン3r 区切り線

第3位【さーたり、中山 哲夫】感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

ランキング 第3位
トロフィーと月桂樹no3

感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

タイトル名:感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた
著者名:さーたり、中山 哲夫
出版社:KADOKAWA

ライン3r 区切り線

第2位【宝島特別取材班】緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと

ランキング 第2位
トロフィーと月桂樹no2

緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと

タイトル名:緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと
著者名:宝島特別取材班
監修:宮坂 昌之
出版社:宝島社

ライン3r 区切り線

第1位【崎谷博征】今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで

ランキング 第1位
トロフィーと月桂樹no1

今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで

タイトル名:今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで
著者名:崎谷博征
出版社:秀和システム

ライン3r 区切り線

まとめ

菅政権は、なぜ、変型ウイルス(デルタ株・ラムダ株)対策をしないのか。変異ウイルスを抑え込まないのかについてと、『感染症』『ワクチン』『免疫』『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10をご紹介しました。

本を選ぶときの参考になると幸いです。

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

イオンショップ

au PAY マーケット

ライン3r 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン3r 区切り線

タイトルとURLをコピーしました