人気記事はこちらです。
PR
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】

《ズバリお答えします》 立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派なのに、日本の参加選手が金メダルを獲得すると、Twitter(ツイッター)で、金メダル祝福ツイートをして大炎上している件について!【政治やスポーツのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

東京オリンピック 蓮舫さん 金メダル祝福 炎上 ズバリお答えします 理由
このページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派・中止派なのに、参加選手が金メダルを獲得すると、祝福ツイートで大炎上している件について。

ネットを大変ザワザワさせています。気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

政治もスポーツも好きで、ファイナンシャルプランナーの私がズバリお答えします。

ライン3r 区切り線


今日は『立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派なのに、参加選手が金メダルを獲得すると、Twitter(ツイッター)で、金メダルを獲得した選手に祝福ツイートをして大炎上している件について』についてお話します。

《ズバリお答えします》 立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派なのに、参加選手が金メダルを獲得すると、Twitter(ツイッター)で、金メダル獲得選手に祝福ツイートをして大炎上している件について!【政治やスポーツが苦手な方にもわかりやすく解説します】

立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派・中止派なのに、参加選手が金メダルを獲得すると、Twitter(ツイッター)で、金メダル獲得選手に祝福ツイートをして大炎上している件について、気になった方もいらっしゃると思います。

さくら
さくら

どうして、蓮舫さんは、オリンピック反対派なのに、選手が金メダルを取ると、祝福のツイートができるのかしら。

りん
りん

だって、ダブルスタンダードなんだから、彼女は。。。

ゆいな
ゆいな

オリンピックでメダルが取れるのは、オリンピックを開催したから可能なことなのに、オリンピック反対して、中止になったら、メダルは取れないというカラクリがわかっていないのかな。筋が通らない気がするのだけれど。。。

シリーズ『ズバリお答えします。

立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピックパラリンピック反対派なのに、金メダルを獲得した選手に祝福のツイートをして大炎上されている件、気になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

重 要
オリンピックを観戦するのは、オリンピック賛成派の方も、オリンピック反対派の方も、それぞれ考え方や立場は違っていても、オリンピックを楽しむ権利はすべてのみなさまにあります。人はみな平等です。ここがとても重要です。

今回、炎上している理由として、『オリンピック反対・中止』を訴えてきた蓮舫さんが、金メダリストに『祝福』のツイートをして炎上しています。

補 足
オリンピック・パラリンピック賛成派』『オリンピック・パラリンピック反対派』『オリンピック・パラリンピック中道派』『オリンピック・パラリンピックに興味関心がない』『いずれでもない』など、さまざまな意見や考え方や立場があって良いと思います。 

国会議員の発言には一定の筋が通らないと、『はちゃめちゃな発言』『理解不能は発言』『暴力的な発言』に終わってしまいます。また、蓮舫議員は国会議員というお立場でもあるので、お立場をわきまえた発言も重要ではないでしょうか。

重 要
ツイートに関しても、ツイートの内容に関しても言論の自由ですので、祝福のツイートをすることはいけないことではありません。しかし、注意しなければならないのは、言論の自由だからといって、何を言ってもいいわわけではありません。SNSやブログなどで情報発信するときは、受け取る相手の気持ちも考えて、情報発信する必要があります。『ツイートを読む人』『ツイートを見る人』『ツイートの内容を受け取る人』『関係する人たち』の気持ちを考え、相手に対しての思いやりとやさしい心を持つことが大事です。ここがとても重要です。

蓮舫さんに欠如しているところは、相手を思いやる気持ち、受け取る人の気持ち、それを言うことで相手がどう受け取るかという点が大きく欠如しています。私がここでお話しすることは、蓮舫さんへの苦言です。蓮舫さんを心配しているから言えることなのです。

その前に、まず、蓮舫さんのお考えに筋が通らないことが多々あるのです。

蓮舫さんの特徴
都合の良いところだけを切り取って話したり、コメントしたりする。都合の悪いところは完全にスルーする。立憲民主党の議員の不祥事・失言は基本的にスルー、記者会見を開いて、党の代表代行として謝罪、および、説明責任を果たすことは一切行わないという、ダブルスタンダードを絵に描いたような方です。

蓮舫さんの特徴の補足説明
《その1》蓮舫さんは、オリンピックとリスク管理(危機管理)を一緒くたにされていますが、それは間違っています。国民からすると、人命を盾にした政治アピールにしか見えません。世界でも日本でも、スポーツイベントやスポーツの大会は行っています。日本では、野球もサッカーも、その他のスポーツも大会も収容人数に制限がありますが、観客を入れています。オリンピックだけ除外というのは、そもそも間違えています。中止にするなんて論外です。最大の誤りは、オリンピックが訪れるまでに、あなたたち国会議員は、なぜ、対策を強化しなかったのか、なぜ、感染をコントロールしなかったのか、なぜ、感染者数を抑制できなかったのか、なぜ、人流を抑制しなかったのか、国民としては疑問です。感染を抑えれば、重傷者も軽症者も減るはずですが、『感染抑制をしない』『人流抑制をしない』『何も取り組みしない』『意味のない緊急事態宣言をだしたり』『お願いレベルのことだけをしている』『ほぼほぼ無策』、国会議員の無能・無努力さが、国民を苦しめているだけなのです。スポーツ選手の未来を奪う権利は国会議員にはないはずです。『人命』『危機管理』と言うならば、なぜ、オリンピックまでに、人命を救う努力をしなかったのでしょうか。危機管理というのは、オリンピック中止することではありません。開催するまでに何もしなかった国会議員がオリンピックを盾にしたり、人命を盾にして、自分たちを良く見せようという政治手法はいかがなものでしょうか。なぜ、日本の国会議員は、効果的な対策をしなかったのでしょうか。与党に責任をなすりつけて、それで、日本の国会議員と言えますか。やる気がないなら、国会議員を辞めてください。日本には、たくさん優秀な人がいます。国会議員になりたい人もたくさんいます。与党と協力して感染対策したいと考えている、意欲のある人はたくさんいます。このような危機的状況で、あなたがたのように政党を守ることしか考えていない国会議員、保身しか考えていない国会議員なんて、日本には必要ないです。

《その2》党の代表代行の蓮舫さん、本多平直さんの件、高井崇志さんの件、その他立憲民主党の議員のいろいろな不祥事・失言等について、記者会見を開いて、立憲民主党が経緯や事情を丁寧に国民に説明する義務がありますが、あなたは、この件に関して何も記者会見を開いて説明していません。党の代表代行として、説明責任もあるはずですし、責任を取ることも必要だと思います。しかしながら、与党に対しては、『議員の資質』『党としての責任』『任命責任』『説明責任』を執拗に追及・詰問されますが、立憲民主党の代表も幹部も説明責任を果たしていませんし、責任を取って議員辞職をしていません。与党の『失言』『ダメ発言』『ダメ行為』『ちょっとした言い間違い』にはうるさくて、すぐに『吊るし上げ』『執拗な追及』『鬼の首でも取ったかのような厳しい形相で追及』『しつこく厳しく問いただす』『説明責任』『任命責任』『党としての責任』『議員の資質』『議員辞職』など、バリエーションに富んだ『追及』『質問』『詰問』『詰責』をするのに対して、立憲民主党の議員の『失言』『ダメ発言』『ダメ行為』『ちょっとした言い間違い』などに対しては、『議員辞職無し』『代表や幹部の議員辞職無し』『説明責任を果たさない』、差があるように感じるのは、私だけなのでしょうか。。。不公平で不平等な点を感じてしまいます。なぜ、ご自身や立憲民主党に対しても同様に行わないのでしょうか。そういうところが自由民主党が上級国民で、立憲民主党が最上級国民と言われる理由(所以)なんです。ダブルスタンダードでは国民は支持しません。

《その3》国会というのは、与党と野党、あわせて国会です。与党任せにしたり、与党に責任を擦り付けるようなことをしても、そういうところは国民は見ています。そんな党や、そんな議員、信用を得られるとは思えないのです。新型コロナウイルス感染症の対策というのは、国会議員が一致団結して取り組んでいかなければならない難題であり難局です。与党だけが悪いわけではありません。野党だけが悪いわけではありません。あなたがた国会議員全員が、知恵を絞り、場合によっては専門家からアドバイスを受け、国会議員と専門家が協力し合って取り組まなければなりません。そのようなことができていないおかげで、国民は苦労し、我慢の日々を過ごしています。もう少し、人の気持ちを理解しようというのはできないものでしょうか。あなたがたがやっていることは、あなた方の思いや思想を押し売り・強要しているだけにすぎません。

仮にオリンピック中止がリスク管理というなら、日本のスポーツイベントや音楽イベントや大規模イベントも中止の方向で考えなければなりません。人が集まるような場所や施設も休業したり、場合によっては封鎖しなければなりません。オリンピックだけがNGという考え方はとても暴力的であり、そういうなら、エビデンスを示して丁寧に説明をされなければなりません。

説明などが大きく欠如しているのに、『中止』と言われるのは、国会議員としてどうかと思います。

新型コロナウイルスの感染者を減らすなら、国会議員が効果的な対策を取る以外にないのです。意味のない緊急事態宣言を何度もやっているから、国民が苦労しているのです。少ない感染者の時から、効果のある対策、法に基づいた対策、エビデンスに基づいた対策をしていれば、このような事態は招いていないと思います。何もかも中止にすると、その分、経済的なリスクは甚大となります。そのあたりを立憲民主党は考えていますか?『脱コンクリート』『八ッ場ダム反対』『スーパーコンピューター、2位じゃダメなんですか』、中止中止中止、削減削減削減、それで、民主党政権で良い国づくりができましたか。国民は大変苦労しました。魔の3年間でした。どうして、民主党政権が短命で終わったのかを考えれば、もう少し国民に寄り添った党になるのではないでしょうか。『脱コンクリート』『八ッ場ダム反対』『スーパーコンピューター』の件、いまだに説明責任を果たされていません。なぜ? 自民党・公明党連立政権になって、脱コンクリートを無くし、八ッ場ダム建設を再開し着手し、その後、ダムは完成、スーパーコンピューターも1位を獲得しました。そのあたりを説明しないで、政権を担う党だと言っても、『本多平直さんの件』『高井崇志さんの件』『その他不祥事・失言』の説明責任を果たさないまま、よく、そのようなことが言えるなと思います。自分の事は棚に上げて、人を批判することしかしない党に未来はないと思います。

立憲民主党は、与党の議員が不祥事や失言をすると、『議員の資質』『説明責任を求める』『議員辞職を求める』のに、自分の党の議員が何か不祥事などをしても『立憲民主党の議員には議員辞職を求めない』『党として党の幹部が責任を取ることもない』、『丁寧な説明もない』、まさに、ダブルスタンダード、ご都合主義です。これで、国民の信用・信頼を得られるとは思えません。

民主党政権のころもそうですが、『脱コンクリート』『八ッ場ダム反対』『スーパーコンピューターを仕分けるときには「2位じゃダメなんですか?」という発言』をした件など、政治・経済をまるでわかっていないと思います。

しかも、言ってることが、ダブルスタンダードなので、信用できないのです。私だけなのでしょうか。。。

政府に対しての支持率が急激に低下しているのに、なぜ、立憲民主党の支持率が増えないのでしょうか。理由は明確なんです。それは、国民はよく見ているからです。

ちなみに、私は特定の政党や団体を支持しているわけではありません。政府寄りでもないし、野党寄りでもないし、与党寄りでもありません。

蓮舫さんは、金メダルというのは、オリンピック開催しないと、取れないのわかっているの?

蓮舫さんは、金メダルというのは、オリンピック開催しないと、取れないのわかっているのでしょうか?

蓮舫さん、オリンピックが開催されなければ、選手の皆さんが健闘する場所が無かったんですがね!
オリンピックパラリンピックが終われば、いよいよ選挙ですからね。 https://t.co/bo4POSBOc9

— 松井一郎(大阪市長) (@gogoichiro) July 25, 2021

引用

「蓮舫さん、オリンピックが開催されなければ、選手の皆さんが健闘する場所が無かったんですがね!」

引用元:大阪市の松井一郎市長の公式ツイッター「25日、大阪市の松井一郎市長がツイッターで蓮舫さんにツイート」

私は、大阪の松井市長のおっしゃる通りだと思っています。

最上級国民の蓮舫さんは、選手が活躍する場を奪おうとしている人なわけです。

にもかかわらず、選手がメダルを取ると祝福のツイートができるという心理が理解できないでいます。

私だけなのでしょうか。。。理解できる人いるのでしょうか。

旧民主党や立憲民主党のみなさまにお尋ねします。
あなたがたは、民主党政権のとき、『八ッ場ダム建設に反対』され『八ッ場ダム建設中止』されましたが、その後、自民党・公明党連立政権になって、『八ッ場ダム建設を再開し、建設に着手』、その後、八ッ場ダムが完成したとき、『八ッ場ダム完成おめでとう!』と地域住民の方におっしゃられましたか? もし、「おめでとう」と言われても、地域住民は困惑されるだけです。『誰が誰に言ってるの』『あなたが言うな』『あなたは反対・中止されましたよね』って言われると思います。蓮舫さん、人の気持ちがわかりますか? あなたに一番欠如しているのは、人の気持ち、受け取る人の気持ち、相手の気持ちを考えないで、物事を発信することです。もう少し思いやり持てませんか?

オリンピックを反対され、中止を訴えてきた方から、祝福を受けても、選手は困惑するだけだと思います。私が選手なら、困惑します。そんな祝福なんて嬉しくないです。私なら、『あなた反対していますよね』って思ってしまいます。私だけかもしれませんが。。。

オリンピックを開催したから金メダルが獲得できたわけです。中止していたら、金メダル取れないんです。蓮舫さん、わかりますか?

蓮舫さんは「おめでとう」と祝福したいのかもしれませんが、それを言って相手がどう思うか(関係者がどう思うか)を考えてから物事を発言したほうが良いのではないでしょうか。国会議員という立場をわきまえて発言をしてください。さんざんオリンピックを反対し、今もなお、オリンピック・パラリンピックの反対・中止を訴えている人から、「おめでとう」と言われても選手やコーチ・スタッフは誰もうれしくないと思うのです。困惑するだけです。

国会議員が国民感情を逆なでするような発言をして良いこととは思えないのです。世の中が混乱するだけです。なぜ、炎上するようなことが平気で言えるのか不思議でなりません。気分が悪いです。

蓮舫さんの矛盾しすぎる発言には本当に辟易しています。

『本当に選手に祝福したいなら、せめて、反対(中止)してきたことについての謝罪などがないと、相手には受け入れられないと思いますし、人々の信頼・信用など得られないと思います。』

蓮舫さんがオリンピックを観て楽しんで感動されたのかもしれません。それは良いことだと思います。人は誰でもオリンピックを楽しんでいいのです。

補 足
オリンピック賛成派の方も、オリンピック反対派の方も、それぞれ考え方や立場は違っていても、オリンピックを楽しむ権利はすべてのみなさまにあります。人はみな平等です。ここがとても重要です。

今回、炎上している理由として、『オリンピック反対・中止』を訴えてきた蓮舫さんが、金メダリストに『祝福』のツイートをして炎上しています。ツイートに関しても、ツイートの内容に関しても言論の自由がありますので、祝福のツイートをすることはダメなことではありません。しかし、注意しなければならないのは、言論の自由だからといって、何を言ってもいいわわけではありません。受け取る相手の気持ちも考えて、情報発信する必要があります。相手への思いやりやさしい心を持つことが大事です。ここがとても重要です。蓮舫さんに欠如しているところは、相手を思いやる気持ち、それを言うことで相手がどう受け取るかという点が大きく欠如しています。

私は、蓮舫さんには、一本筋を通して、オリンピック関連のことを発信するときは、『オリンピックなんて知らんぷり』『金メダル獲得しても知らんぷり』『興味も関心もない』『オリンピックは直ちに中止を訴える』ぐらいの覚悟がなければ、支持者なんて増えないと思います。筋を通すことは重要です。立憲民主党は、自分たちは『議員辞職して責任を取らない』のに、『与党には議員辞職を要求』するという、筋が通らないことをしている点が、最大のダメなところであり、摩訶不思議なところです。

重 要
上に立つ人がブレると、全体がブレます。見ている人にブレて見えます。歪んで見えます。私が蓮舫さんの立場だったら、祝福ツイートなんて絶対にしません。そんなことをして混乱を招くよりも、『直ちに中止せよ』と繰り返し訴えかけ、自分自身の信念を貫きます。その方が1本筋が通っている気がするのです。余計な言動を間で挟むよりも繰り返し訴えかける方が人々の心に言葉が届くと思います。私は蓮舫さんのことを心配して、あえて苦言を呈しているのです。

今のままでは、『オリンピック反対派』の人からも支持を得られないのではないでしょうか。私の思い過ごしなら良いのだけれど。。。

日本には、『オリンピック賛成派』『オリンピック反対派』『オリンピックダブルスタンダード派』の3つに分かれ、複雑な日本社会になっています。

自民党・公明党連立政権の国会議員や政党のみなさま、オリンピック・パラリンピックを開催するなら、もう少し、説明を丁寧にしませんか!

大阪の松井市長のすばらしいところは、あのようにすぐさまツイートできることです。自民党・公明党の国会議員が何も言わないって、いかがなものでしょうか! 自民党・公明党の国会議員って、仕事しているんですか? すでにはやめの夏休みに入られているのですか? 秋までお休みですか? 発言・発信できなくなったら政治家は終わりです。

立憲民主党のみなさま、人に厳しく、他の党に厳しくされるなら、立憲民主党の議員の『不祥事』『失言』『ダメ発言』『ダメ行為』『ちょっとした言い間違い』などに対して、与党にしたように厳しくする必要があります。『議員辞職無し』『代表や幹部の議員辞職無し』、『研鑽を積ませる』ということを繰り返していると、いつか、人に相手にされなくなると思います。それで国民から信用が得られるとは到底思えないのです。

人に厳しくするなら、まず、自分たちを厳しく律することです。

都合の悪いことはスルーしたり、都合の良いところだけを切り取って発言・発信するのではなく、都合の悪いことも説明しましょう。説明責任が果たせない党が、他の党に説明責任というのはいかがなものでしょうか。

自民党のみなさまもこの手法使ったらどうでしょう。「研鑽を積ませる」は多くの方に適用できそうです。とくに失言の多い方に、使ってみてはいかがでしょうか。

すべての議員に研鑽を積ませてほしいものです。

立憲民主党は、与党の『失言』『ダメ発言』『ダメ行為』『ちょっとした言い間違い』にはうるさくて、すぐに『吊るし上げ』『執拗な追及』『鬼の首でも取ったかのような厳しい形相で追及』『しつこく厳しく問いただす』『説明責任』『任命責任』『党としての責任』『議員の資質』『議員辞職』など、バリエーションに富んだ『追及』『質問』『詰問』『詰責』をするのに対して、立憲民主党の議員の『失言』『ダメ発言』『ダメ行為』『ちょっとした言い間違い』などに対しては、『議員辞職無し』『代表や幹部の議員辞職無し』『説明責任を果たさない』、これは間違っています。

過去に、蓮舫副代表も、福山哲郎幹事長、安住さんなど、そのたもろもろ、党員のみなさまの失言などがありましたが、議員辞職されていません。

『なぜ?』『蓮舫さん、なぜ?』

『立憲民主党のみなさま、なぜなのでしょうか?』

立憲民主党は、『特別な存在』『上級国民』なんですか!

国会議員は、『上級国民』なんですか!

上級国民ではなく、立憲民主党は、『最上級国民』『特権階級』だから、議員辞職しないのと国民が思っても仕方ないと思います。

人に厳しいだけなら、誰からも信頼や信用なんて得られません。国民はそういうところをよく見ているのです。

私は、枝野代表はもう議員辞職をされていると思っていたのですが、まだ、議員をされていることに驚きです。あれだけ、いろいろあったのに、党の代表が責任を取らない、『さらに研鑽をつませる』と発言するなら、他の党も同様に、『研鑽を積ませてあげてください』、自民党なんて不出来な国会議員がそろっているので、とくにそれが必要な党だと思います。

立憲民主党の国会議員は、『責任を取らない』『追及もされない』『議員辞職しない』『党の代表が議員辞職しない』、しかし、他の党の議員に執拗に追及する行為や、自分たちの過ちと同等のことを責める行為は、もはや、『イジメ』『モラハラ』『パワハラ』だと思うのですが、そうはお考えにならないのでしょうか。

人はみな平等です。

日本国憲法の第3章 第14条にある『法の下の平等』に反するような発言・行動・取り組みは改善するべきであり、すべての人が平等に扱われるようにするべきです。それが国会議員の務めです。日本で、『イジメ』『モラハラ』『パワハラ』『その他ハラスメント』がなくならないのは、国会議員がそのようなことをしているから、国民もそこまでならOKなんだという認識でいるのかもしれません。国会議員がお手本を示すくらいでなければ、『イジメ』『モラハラ』『パワハラ』『その他ハラスメント』は減らないのではないでしょうか。

蓮舫さんにお尋ねします。前に、蓮舫さんは、与党に対して「『国民から上級国民』と言われて迷惑している」とおっしゃっていましたが、立憲民主党がやっていることが『上級国民』と言われる所以なんです。ダブルスタンダード、ご都合主義、党員に対しての忖度、党員は議員辞職をさせない・責任をとらせないなど、国民は疑問に思うことが多々あり、『上級国民』と国会議員のことを言っているわけです。何もしていない人に対して、そんなことを言うはずがありません!!

与党に対して、『任命責任』『議員の資質』『説明責任』『党としての責任』『党の代表としての責任』を問う党なのに、立憲民主党は『説明責任を果たしていない』『議員辞職をしていない』『代表は責任を取っていない』のです。

枝野幸男代表の『研鑚を積ませる』という発言には大変失望しました。がっかりです。つべこべ言ってないで、枝野代表や幹部は責任を取って議員辞職しましょう。

オリンピックに出場された選手より『開催していただいてありがとうございます』という感謝の言葉に胸が熱くなります

オリンピックに出場された選手より『開催していただいてありがとうございます』という感謝の言葉が多いように思うのです。

この言葉で私は胸が熱くなります。やっぱり、日本のスポーツ選手は、すばらしい。礼儀正しくて、思いやりに溢れている、本当にすばらしいです。その言葉がとても素敵です。

同じ日本人として、選手のみなさまやサポートされているコーチ・スタッフのみなさまには頭が下がります。オリンピック選手、コーチ・スタッフのみなさまのことを日本人として誇りに思います。

『開催していただいてありがとうございます』という言葉を聞いて、オリンピック反対派の議員は、考えを改めようとならないのが不思議です。

スポーツ選手の活躍の場を奪う権利、国会議員にあるのでしょうか! そんな乱暴な議論をしてよいのでしょうか!

最上級国民の蓮舫さんは、『人命』『リスク』という言葉をオリンピック反対の理由にされていますが、どうして、人命を守るための対策、感染者を減らすための対策をオリンピック開催までに強化しなかったのでしょうか。国会議員は何をされていたのですか? はやめの夏休みですか?

コロナ禍というのはオリンピックが開催される前から起こっていることなのだから、オリンピックが開催されるまでに、きちんと対応していない国会議員に問題があると思わないところが不思議です。

日本の国会議員や地方議会議員のみなさま、

『反対』『無理』『できない』というのは簡単ですが、

『どうしたら実行できるのか』
『工夫してできないかしら』
『努力すれば活路はある』
『やる方向でなんとかしよう』
『まず、やってみよう』

という考えにならないのが、国会議員のダメなところです。

上の人が、それをやめることで、下の人の未来や夢は途絶えてしまうことも時にあるのです。あなたたちの政治思想・政治アピールだけを貫くのではなく、『やってみよう』『なんとかなる』『努力と工夫をしてみよう』『何とかしよう』という発想に変えてほしいものです。そうしなければ、何もできない国になってしまいます。

国会議員があまりにも発想に乏しく、協力し合う気がないので、国民はあおりを受けています。

日本のすべての国会議員や地方議会議員のみなまさまにお尋ねします。

『感染者が増えているなら、なぜ、感染者を抑制することに尽力しないのでしょうか!』
『死者や重傷者が増えているなら、なぜ、増えないように対策しないのでしょうか!』
『人流抑制できていないのですが、なぜ、もう少し、人流を抑制することに尽力しないのでしょうか!』
『3密が避けられていないのなら、なぜ、3密を避けることを徹底させないのでしょうか!』
『外出時にマスクをされていない人への対策をなぜ強化されないのでしょうか!』
『どうして、一部の業種にだけ、休業要請・時短要請をしているのでしょうか!』
『水際ザル問題を解決・強化しないのはなぜなのでしょうか!』
『路上飲酒をなぜゼロにしないのでしょうか!』
『与党や政府に責任をなすりつけるのではなく、国会議員全員が責任を感じるべきですし、感染者を減らせない、人流を減らせないのであれば、議員辞職して、実力・実績のある方にバトンタッチすることも必要です』
『国会議員が一致団結して、この難局に立ち向かう気がないなら、全員が議員辞職して、二度と、国会議員にならないでください。私たちは迷惑します』

『やめろ』『反対』『ダメ』というのは、簡単なことですが、国会議員や地方議会議員なら、『知恵を絞る』『工夫をする』『党を隔てて議員同士協力し合う』『何とかできるようにする』というようなことを考えていかないと、何も物事は進んでいかないと思います。

コロナ禍でオリンピックが開催されましたが、一部の自治体で有観客で開催されたことをうれしく思います。勇断に感謝します。

日本の国会議員のみなさま、がんばっている人の未来や夢を奪うようなことだけは絶対にやめてほしいです。

つべこべ言う前に、今の感染者を抑制するための対策、重傷者を減らすための取り組みを、早急に検討し、実行してください。どうして、ロックダウンするための法整備について、議論さえしていないのか理解に苦しみます。ロックダウンの法整備をしていれば、自然災害、テロ、感染症が流行したときなど、さまざまことで選択肢の一つとなります。今の日本は、ロックダウンどころか、道路さえ封鎖できません。こんな日本で、本当に国民を守れると思っているなら、それは、単なる平和ボケ・頭の中がお花畑なだけです。

あなたがた国会議員や地方議会議員のせいで、国民が苦しい思い、不自由な思い、暮らしづらい毎日を過ごしているいることを忘れないでください。

日本の政治は、あなたたちの人気獲得、政治アピール、パフォーマンスのためにあるのではない!

日本の政治は、国民のためにあるのです。

その点だけは、履き違えないようにしてください。

日本のすべての国会議員や地方議会議員のみなさま、各政党のみなさまへ

国や地方や国民の役に立ちたいなら、路上飲酒によってポイ捨てされた、空き瓶や空き缶やゴミを毎日拾ってください。それぐらいやってもいいのではないでしょうか。感染者が増え医療機関が大変な思いをしています。医療機関で掃除のお手伝いをしたり、誘導業務などのお手伝いをするくらいやってもいいのではないでしょうか。SNSでつぶやく暇があるなら、その時間は街の掃除でもしてください。日本全体が大変な時なんです、少しでも街をきれいにしませんか。
国民の税金を無駄にしないでください。

これまでの新型コロナウイルスの記事については こちら をご覧ください。

合言葉
さよなら新型コロナウイルス感染症、sayonara COVID-19、さよなら国会議員、sayonara Diet members

まとめ

立憲民主党の蓮舫代表代行は、東京2020オリンピック・パラリンピック反対派なのに、日本の参加選手が金メダルを獲得すると、Twitter(ツイッター)で、金メダル祝福ツイートをして大炎上している件についてと、『オリンピック』『五輪』『スポーツ』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10をご紹介しました。

本を選ぶときの参考になると幸いです。

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン新 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線
ライン3r 区切り線