人気記事はこちらです。

あなたは煽り運転(あおりうんてん)をされた経験(煽られたり、追いかけられたり)はありませんか?煽り運転をされないためにあなた自身が何をするべきか【全3回 第1回目 『煽り運転をされないために気をつけなければならない10のこと』】

車 運転 ドライブ 方法
スポンサーリンク

あなたは煽り運転されたことはありますか?

 

私

私はあります。

 

今日は、煽り運転をされないために気をつけなければならない10のことをお話しします。

あなたは煽り運転(あおりうんてん)された経験はありませんか?煽り運転されないためにあなた自身が何をするべきか【全3回 第1回目 『煽り運転されないために気をつけなければならない10のこと』】

車 運転 ドライブ

あなたは煽り運転(あおりうんてん)をされた経験はありませんか?

煽り運転とは、煽ったり、追いかけまわしたりといった行為です。

私はあります。ただ、少しでも煽られたり、急接近されたら、私は道を譲るようにしています。

煽り運転をするドライバーは、誰彼構わずに煽っている場合や、自分が急いでいるからといって目の前の車が邪魔に思い煽る場合や、運転マナーの悪いドライバーを挑発する意味で煽る場合など、さまざまです。

なので、煽り運転を100%回避することはできませんが、あなた自身が気を付けることで回避できる場合もあります。

煽り運転をされないためにあなた自身が何をするべきかについて、本日を含めて全3回に渡り記事を書きます。

第1回目の本日は、煽り運転をされないための気をつけなければならない10のことをご紹介します。

後日、第2回目、第3回目をお届けします。お見逃しなく!!

煽り運転されないために気をつけなければならない10のこと

煽り運転されないための気をつけなければならない10のこと

ここがポイント!

  1. 運転マナーを守る
  2. 意味もなく追い越し車線を走り続けない
  3. 急な車線変更や急な割り込みをしない
  4. 挑発的な行為をしない
  5. 譲り合いの精神
  6. 車間距離を十分にとるように心掛ける
  7. ときには休憩や避難も必要
  8. ヤバそうな車に接近しないようにする
  9. ウィンカーを早めに出す
  10. 制限速度内で流れに乗る
ご注意
煽り運転(あおりうんてん)は悪質極まりない危険行為です。場合によっては道路交通法違反となったり、暴行罪が適用される可能性もある危険な行為です。
煽り運転をやめましょう。

煽り運転された場合、原因があることもあるのです。

原因を無くすことで煽り運転を回避できる場合があります。

以下に気を付けることで、煽り運転に遭遇する機会を軽減できるかもしれません。

1 運転マナーを守る

まず第一に、あなた自身が車を運転するうえで、法律やマナーを厳守することです。

これは人が車を運転する際に最低限すべきことです。これができないなら、車の運転はやめるべきです。

2 意味もなく追い越し車線を走り続けない

意味もなく追い越し車線を走り続けない。

意外に多いのがこの行為です。

高速道路や自動車専用道路などに設けてある、追い越し車線というのは、追い越すための車線です。

追い越しが終わったら、速やかに左側の車線に移らなければなりません。

追い越し車線をずっと走行していると、『邪魔』『ここは追い越し車線』とあなたが追い越し車線をずっと走行していたことが発端となり煽り運転をされることもあるのです。

3 急な車線変更や急な割り込みをしない

こちらも本人が気付いていないだけで、意外とやりがちな行為です。

急な車線変更や急な割り込みをすると、その行為が他のドライバーにとって、威嚇している、煽っていると思われる可能性があるのです。

あなた自身は、ただ、車線変更しただけ、割り込みしただけのつもりでも、相手にとって、急な行為だと思われた場合、激昂されたり、激怒されたりします。

車線変更や割り込みの際には、ゆとりをもって行うようにしましょう。急な行為はやめましょう。

4 挑発的な行為をしない

2や3の行為と重複するのですが、あなた自身はそんなつもりはなくても、他のドライバーには迷惑になる場合もあります。

たとえば、悪気はないが気が付いたらずっと追い越し車線を走行していたり、悪気はないが慌てて車線変更したり、悪気はないが無理に割り込みしたりといった行為などは、他のドライバーは、あなたのことを知りませんんので、『悪気はない』というのはまったく通用しないので、ただただ迷惑なことをされたと思われたり、挑発していると思われたり、いじわるなことをされたと思われたりする可能性も否定はできないのです。

ですから、原因となるような行為をしないように、運転することを心掛けるようにすると良いと思います。

5 譲り合いの精神

車を運転していると、『あの車は急いでいるな』とか、『追い越したいんだろう』とか、ある程度、他のドライバーのことが想定できるようなときもあると思います。

もし、急いでいる車や追い越したいそぶりの車があるなら、躊躇せずに、譲り合いの精神で、先に道を譲ったり、楽に追い越しできるようにする。急いでいる車や、追い越ししたい車と極力関わらないようにすることが大切です。

6 車間距離を十分にとるように心掛ける

車間距離を十分にとるように心掛けるようにする。

前後の車との車間距離に注意する。後ろの車が急接近しているのに気づかないで走行しているなんてことのないようにしましょう。

補足
道路交通法 第26条 車間距離の保持
ドライバーは後続車の追突を防ぐために、適正な車間距離をとる必要があります。

7 休憩や、ときには、避難も必要

ときには休憩や避難も必要です。

乱暴な運転をするドライバーや、煽り運転するドライバーに遭遇したからといって、あなたがカッとなったり、煽られたからといって煽り返したり、仕返ししたりなんてことのないようにしてください。

もし、おかしな運転のドライバーに遭遇したら、休憩して気分転換したり、安全に停車できる場所に避難したり、身の危険を感じたら、躊躇することなく110番しましょう。

8 ヤバそうな車に接近しないようにする

ヤバそうな車に接近しないようにする。

私の経験上、煽り運転する車は、高級車、セダンやクーペなどの大きな車、スポーツカー、見た目がイカツイ車などがあります。

こうして例を挙げてみると、私もけっこう、煽り運転の被害にあっていることにあらためて気づきました。

ただ、私の場合は、ヤバいなと感じたら、すぐに回避したり、距離をとるようにしているので、危険な目にあったことはありません。

もし、ヤバそうな車がいたら、自分から近づいたり、車間距離をとらずに運転したりしないようにしてください。ヤバそうな車には近づかない、近づけないが一番です。

近づけないとは、ドライバーは基本的には、目的地を目指しているので、あなたも同じ方向だからといって一緒に道路を進んで行くのではなく、寄り道でもして気分転換したり、やりすごすようにしましょう。

9 ウィンカーを早めに出す

ウィンカーを早めに出す。

意外に運転していると、ウィンカーを直前でないとださないドライバーが多いです。

ウィンカーを早めに出していれば、後続車は、それに応じて車線変更したり、減速できます。あなたのウィンカーが遅いために、後続車両が車線変更できずに、イラッとなり、それが発端となる場合もあるのです。

後ろに続いてる車のことも考えて運転する必要があるのです。

10 制限速度内で流れに乗る

制限速度内で流れに乗る。

これは意外に大切なことだと思います。

例えば、制限速度が40キロで、最低速度が設けられていないような一般道を車で走行する際に、5キロや10キロで走ると、他の車に迷惑になったり、後続車が追突してくる危険性もあります。いくら理由があるからといっても、その理由は、他のドライバーや後続車両は知る由もありません。

制限速度が設けてある以上、できる限り制限速度内で周りのドライバーの流れにのって、制限速度を守りながら、流れにあわせて走行することがとても重要だと思います。

私の場合は、40キロが制限速度なら、35~38キロぐらいで走行するようにしています。とくに交通量の多い道路の場合は、流れにあわせて走行しないと、追突や重大事故を招く可能性があります。

安全のためにも、制限速度を守って、極端に低速走行して、後続車の通行を妨げたり、後続車に追突されたりしないようにしてください。

ご注意
制限速度は必ず守る。法律やマナーが守れないなら車を運転しない。

あなた自身が危険な目に遭遇したら迷わず110番通報してください

煽り運転され、煽り運転するドライバーによって、あなた自身が危険な目にあわされたり、追いかけ回されるなどした場合には、安全な場所に車を停車させ、すべてのドアをロックしてから、躊躇することなく110番通報してください。

必ず、すべてのドアを鍵をかけ、窓も閉じてください。

ご注意
110番通報される際には、交通事故にあわないように安全な場所で車を停車させ、必ず、車の窓ガラスを閉めて、すべてのドアをロックしてから110番通報してください。

まとめ

車 運転 ドライブ

今日は、煽り運転されないために気をつけなければならない10のことをお話ししました。

煽り運転されないための気をつけなければならない10のこと

ここがポイント!

  1. 運転マナーを守る
  2. 意味もなく追い越し車線を走り続けない
  3. 急な車線変更や急な割り込みをしない
  4. 挑発的な行為をしない
  5. 譲り合いの精神
  6. 車間距離を十分にとるように心掛ける
  7. ときには休憩や避難も必要
  8. ヤバそうな車に接近しないようにする
  9. ウィンカーを早めに出す
  10. 制限速度内で流れに乗る

あなた自身がいくら、法律やマナーを守って運転しても、それができないドライバーもこの世の中に存在するということを理解してください。
ですから、もし、おかしなドライバーに遭遇しても、カッとなったり、挑発にのったりしないようにしてください。

新着記事を掲載しました。

線 600



おすすめをご紹介します

おすすめをご紹介します。

いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット 大嶋信頼 (著)

select

HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム HC-V360MS-W パナソニック(Panasonic)

select

超小型WiFi隠しカメラ 1080P超高画質ネットワークミニカメラ FREDI

select

リニアPCMレコーダー 16GB PCM-A10 ソニー(SONY)

select

ホテルユニバーサルポート

select


おすすめの記事

この記事をお読みになられた方は、こちらの記事も読まれています。

タイトルとURLをコピーしました