人気記事はこちらです。
PR
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】

Jリーグにおける『世紀の大誤審』2月19日 J1開幕節 サンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦【理由、解決策、救済案】

Jリーグにおける世紀の大誤審 2月19日 J1開幕節 サンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦 方法
このページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

絶対にあってはならないことが、日本のJリーグ(サッカー)の試合で起きたことは非常に残念でなりません。

それは、『世紀の大誤審』『Jリーグ史上でも1番ひどい誤審』です。

100年に1度あるか、ないかの、とんでも誤審(ミスジャッジ)がJリーグで発生しました。

『ゴールを、ノーゴールと判定!その後、判定は覆ることなく、VAR判定もノーゴールと判定!VARを導入した意味が問われる試合となりました』

こんなことをしていては、絶対ダメ!
はっきりいって、Jリーグが嫌いになりました。もう、金輪際、試合を観戦したり、テレビで観ることはないと思います。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

日本サッカー協会や日本プロサッカーリーグには不信感を抱いています。

私は、審判団を責めるつもりはありません。人間だからミスもあるし、誤審もあると思います。しかしながら、誤審によって、優勝にかかわるような判定をしたときや、勝ち点に影響するようなときや、選手の未来に影響するときや、選手の収入に影響を及ぼすようなときは、救済措置は必要不可欠だと思っています。

ネットで大荒れなのは、そのあたりの救済もなく、会見をされたのも遅く、当事者が説明責任を果たしていないところなど、対応が悪く、対応は後手後手で、不公平さを欠いた判定、理不尽な点、納得いかない点が多すぎるので荒れているということを日本サッカー協会や日本プロサッカーリーグは理解するべきです。

誤った判定や、誤審によって、不利益を被ったクラブチーム、本来獲得できるはずの勝ち点が獲得できないのであれば、それは、あまりにも惨すぎますし、それによって、彼らの未来が悪い方に変わったり、この先、大きく調子を崩したりしたりしたとき、日本サッカー協会や日本プロサッカーリーグは、どう責任を取るつもりなのでしょうか?

今回、誤審を行った試合の2つのクラブチームのメンタル面、フィジカル面はどうされるつもりなのでしょうか!とくに、サンフレッチェ広島は、得点が認められていれば、試合内容も素晴らしかったので、勝っている試合だったにもかかわらず、試合は引き分けという結果になりました。勝ち点3と勝ち点1の差はとても大きく、その失った2点によって、優勝できなかった場合、どう責任をとるつもりなのでしょうか。謝罪をしたら許される問題ではないと思います。優勝や降格に影響するものなので、ひどいなと思いました。

あまりにも責任感に欠如していて、救済措置はなく、謝罪や会見で済ませようとする日本サッカー協会の対応は間違っていると言わせていただきます。

Jリーグの世紀の大誤審について
  • 『責任の所在を明確にする』
  • 『誤審・誤った判定をし、それによって、未来が変わってしまうようなとき、優勝争いに影響するようなときは、勝ち点に影響するとき、選手の収入に影響するときなどは、救済措置を行うのが至極当然のこと』
  • 『問題は、ゴールラインテクノロジー(GLT)のあるなしではなく、審判の問題です。論点をすり替えるのはいかがなものかと思います』
  • 『今後、判定を行う審判のスキルを向上させない限り、同様の問題は起こりえます』

このページを最後まで読んでいただくと疑問が解決すると思います。

\ 『奇跡のレッスン 世界の最強コーチと子どもたち サッカー編 ミゲル・ロドリゴ』です。/
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新
  1. 【二度とダメ!】これだけは絶対にやってはいけないこと Jリーグにおける世紀の大誤審
    1. 世紀の大誤審の概略
    2. 日本サッカー協会(JFA)の見解
    3. これだけは絶対にしてはいけないこと
    4. 理由
    5. 解決策(救済案)
  2. 【健全な運営をおこなうために必要不可欠なこと】誤審を防ぐ方法
  3. 『誤審』『不正』『審判』『サッカー』『スポーツ』『メンタル』『テクノロジー』に関する書籍 おすすめ10選
    1. おすすめ ① 家本政明 『「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』
    2. おすすめ ② 柏原全孝 『スポーツが愛するテクノロジー』
    3. おすすめ ③ 監修:村上貴聡 『スポーツ審判メンタル強化メソッド』
    4. おすすめ ④ 小幡真一郎 『しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』
    5. おすすめ ⑤ 監修:岡田正義 『少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる』
    6. おすすめ ⑥ 松崎康弘 『2019年改訂版 ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』
    7. おすすめ ⑦ トーマス ブルスィヒ 『サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き』
    8. おすすめ ⑧ 工藤健策 『プロ野球 誤審の真相 球界をダメにするおかしな構造』
    9. おすすめ ⑨ 山本昌邦、武智幸徳 『サッカー教養講座』
    10. おすすめ ⑩ 田嶋幸三 『批判覚悟のリーダーシップ 日本サッカー協会会長秘録』
  4. まとめ
  5. おすすめ

【二度とダメ!】これだけは絶対にやってはいけないこと Jリーグにおける世紀の大誤審

ゴールを、ノーゴールと判定し、その後、救済措置がないのはなぜなの?

不公平さを欠いた判定、理不尽なジャッジ、無責任な判断をするようなスポーツは、観戦するに値しない。見る価値はないです。

観戦した方には、お金を返金するべきだと思います。

ライン新 区切り線

世紀の大誤審の概略

概略については次の通りです。

世紀の大誤審の概略

2月19日、J1開幕節のサンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦で得点に関わる大誤審があった。結果、サンフレッチェ広島のゴールは認められず、試合結果は引き分けで終わった。

映像を何度も観ましたが、あれをノーゴールと判定するには、無理がありすぎます。

得点が認められていれば、サンフレッチェ広島の圧倒的な攻撃に終始していましたので、勝利していた試合でした。

本来なら『サンフレッチェ広島勝利』のところを『ドロー(引き分け)』になりました。

こんなにも意味不明な判定、理不尽なジャッジで、引き分け試合にしてよいのでしょうか。

どうして、そのような判定に至ったのか知りたいです。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

日本サッカー協会(JFA)の見解

日本サッカー協会(JFA)の見解については次の通りです。

日本サッカー協会(JFA)の見解

日本サッカー協会(JFA)の扇谷健司審判委員長が2023年2月22日、臨時のメディアブリーフィングを行い、2023年2月19日に行われたJ1開幕節のサンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦で得点に関わる誤審があったことを認めるという内容でした。

誤審を認めておきながら、救済措置もなく、判定を覆さないのは、どうしてなのか理由を説明するべきだと思います。

あまりにも、酷いジャッジであり、素人が見ていてもゴールだったものが、得点と認められなかったのは、もはや、『えこひいき』『差別』『不正』『八百長』と見ている側が思ったとしても不思議ではないくらい、理不尽なことです。

日本サッカー協会のトップがなぜ、説明責任を果たさないのか、審判が説明責任を果たさないのか、理解できません。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

これだけは絶対にしてはいけないこと

これだけは絶対にしてはいけないことがあります。

『絶対ダメ』『絶対にしてはいけないこと』

これだけは絶対にしてはいけないこと

ゴールを、ノーゴールと判定すること。

誤審による『救済措置』や『判定を覆す方法』が現在のJリーグにはないこと。

はっきりいって、Jリーグが嫌いになりました。もう、金輪際、試合を観戦したり、テレビで観ることはないと思います。それぐらい、理不尽で、残酷で、卑怯な考え方のリーグって思ってしまったので、海外のサッカーを観ようと思っています。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

理由

日本サッカー協会が今回の件で『誹謗中傷』をやめるように警告をされていますが、人に警告をする前に、自分たちに対して警告を出すことをされたほうが良いと思います。

日本サッカー協会の対応は、レッドカードです。

Jリーグにかかわるべきではないと思っています。

誤審というのは、選手個人やチームに大きく影響するものもあり、会見が遅れた責任、関与した審判の説明責任を果たせていななど、あまりにも無責任な対応によって、サッカーファン、サポーター、Jリーグファンは、怒っているのです。

このようなことになった理由は次の通りです。

理由
  • Jリーグの試合における勝利は、勝ち点にも影響し、順位にも影響し、優勝争いにも影響し、降格争いにも影響する。そのことの重大性・重要性を日本サッカー協会や日本プロサッカーリーグは十分に理解できていない。もし、獲得できるはずだった、サンフレッチェ広島の勝ち点2が足りなくて、優勝できなかった場合、残留できなかった場合、どのような責任を取られるつもりなのか、はっきり言うべきです。『知りません』では、済まされないほどの過ちを犯していることを理解できていない、日本サッカー協会や日本プロサッカーリーグには失望しました。このようなリーグを応援しようとは思えなくなるほど、衝撃的な判定でした。
  • 責任の所在が不明確。誰も責任を取らない、誰も辞めない。
    トップや役員や関係者は全員辞任しなければならないほど、大変な問題であり、非情で惨い判定です。
  • 問題は、審判であり、テクノロジーではない。論点をすり替えてはダメ
    ゴールラインテクノロジー(GLT)、VARなどのテクノロジー(技術的)の問題ではなく、審判のスキルの問題であって、論点をすり替えるようなことをしては絶対にダメ。
  • 完全にゴールしているものを、ノーゴールと判定したり、VARでノーゴールと判定するという審判のスキルの問題を疑問視するべきであり、審判のスキルが世界基準ではないということを日本サッカー協会は理解するべきです。
  • 人間がすることなので、誤審・誤った判定はあると思いますが、誤審したときに、あまりにも、不公平な判定や、理不尽なジャッジ、チームや選手が不利益を被るような判定の場合にどうするのかを十分に議論する余地はあると思います。
  • 誤審の内容によって、例えば、優勝に影響する、順位に影響する、選手の未来に影響する、収入に影響するような判定をした場合、救済措置は必要不可欠です
  • 誤審の場合、選手のメンタル面・フィジカル面を第一に考える。日本サッカー協会は全面的にサポートする。
  • 今回のような大誤審が発生した場合、リーグを中断して、解決策、救済案などの議論を行う必要がある。損害賠償、慰謝料など、必要な賠償を行う。
  • 今後のJリーグに影響しかねない問題は、十分な議論が必要
  • 試合内容は、試合によっては、TOTO(BIG)にも影響するということを忘れているようでならない。
  • 八百長や不正行為はなかったのか、もう少し、冷静に聞き取り調査をするべきです。
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

解決策(救済案)

解決策(救済案)は次の通りです。

本来このような大誤審があった場合、リーグを中断して、改善策、解決策を協議するべきところですが、そのようなことをいっさいなされていない無責任で、不公平なところは批判されても致し方ないと思います。

現状の対応(2023年2月23日現在)は、謝罪だけで終わっています。判定は覆っていません。救済措置もありません。

救済案として、3つの案が考えられます。

解決策(救済案)3通り
  • サンフレッチェ広島勝利とする場合
    2月19日 J1開幕節のサンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦は、サンフレッチェ広島のゴールが認められず、ノーゴールとなり、試合結果が引き分けになっている。しかし、本来、ゴールが認められていれば、広島が勝利しているため、広島勝利、勝ち点3を付与する。今回の件で、クラブチームに与える影響や選手に与える影響を鑑みて、慰謝料や損害賠償を行う。メンタル面・フィジカル面で選手に影響が出ないように、日本サッカー協会は全面的にサポートする。
  • 引き分けとする場合
    2月19日 J1開幕節のサンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦は、サンフレッチェ広島のゴールが認められず、ノーゴールとなり、試合結果が引き分けになっている。本来、引き分けの場合、両チーム勝ち点1であるが、両チームに勝ち点3を付与する。今回の件で、クラブチームに与える影響や選手に与える影響を鑑みて、慰謝料や損害賠償を行う。メンタル面・フィジカル面で選手に影響が出ないように、日本サッカー協会は全面的にサポートする。
  • 先日の試合は無効とし再試合を行う場合
    2月19日 J1開幕節のサンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌戦は、無効とし、再試合を後日行う。今回の件で、クラブチームに与える影響や選手に与える影響を鑑みて、慰謝料や損害賠償を行う。メンタル面・フィジカル面で選手に影響が出ないように、日本サッカー協会は全面的にサポートする。

では、今後日本のJリーグはどのようにしたら良いのでしょうか?

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

【健全な運営をおこなうために必要不可欠なこと】誤審を防ぐ方法

誤審を防ぐ方法は次の通りです。

方法
  • 責任の所在を明確にする
    誤審などがあったときは、責任者は責任をとって、辞職する
  • 説明責任を遅滞なく行う
  • 審判の教育とスキル向上
    Jリーグの審判のスキルが向上しない限り、同様の問題は今後も起こり得ます。審判スキルの向上は必要不可欠です。
  • 審判の数を増やす
    もし、フィールド(ピッチ上)の3人の審判では十分な判定ができないのなら、2名追加して、フィールド上に3人ではなく、5人の審判で対応するなどの対応は必要不可欠です。
  • 救済措置の導入
    Jリーグの試合は、順位にも影響します。もし、獲得できるはずだった勝ち点分が不足したため、優勝できなかった場合や、目指す順位に到達できなかった場合、あまりにも、惨く、チームや選手に与える影響は計り知れないものである。そのあたりも踏まえた、救済措置は必要不可欠なので、救済措置法の導入を検討する。
  • Jリーグの試合は、勝てば、その分、収入も発生するので、そのあたりの補填は必要不可欠です。
  • Jリーグの既存の審判ではスキルが不足しているのであれば、海外から審判を招集するなどの対応を行う。
  • VARの際に、一部の映像や静止画だけで判定するのではなく、前後の映像や静止画、他の角度や、複数の映像や静止画なども考慮し、判定を行う。
  • 主審では判定が困難となった場合に、どうするのかを議論しておく。判定ができないものや判定が困難となった場合に、副審などと協議や議論を行ってから判定できるようにする。
  • TOTO(BIG)に影響するような試合の場合、どのように扱うのか対応は協議する必要がある。
  • 八百長行為、不正行為の可能性も考えて、その調査をする必要はある。

日本サッカー協会、日本プロサッカーリーグの関係者は、必ず読むべき必須本をご紹介します。必ず、全員読んでください。

日本サッカー協会、日本プロサッカーリーグの関係者は、知恵が足りない、スキルが足りないなら、本を熟読して、感想文でも書いてください。反省してください。毎日、サンフレッチェ広島の本拠地がある方角に向かって、謝罪をしてください。

上層部は、辞職するなど、なんらかのペナルティがないと、世間は納得しないと思います。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

『誤審』『不正』『審判』『サッカー』『スポーツ』『メンタル』『テクノロジー』に関する書籍 おすすめ10選

『誤審』『不正』『審判』『サッカー』『スポーツ』『メンタル』『テクノロジー』に関する書籍でおすすめのものがあります。選りすぐりのオススメをご紹介します。

さくら
さくら

家本政明さんの『「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』が良かったわ。

れん
れん

柏原全孝さんの『スポーツが愛するテクノロジー』を読んでみようと思っているよ。

あかり
あかり

小幡真一郎さんの『しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』がおすすめ。

選んだポイント
  • 『誤審』『不正』『審判』『サッカー』『スポーツ』『メンタル』『テクノロジー』などのキーワードの中で、1つ、ないしは、複数が本のキーワードになっている
  • 読んで良かったと思った本
  • 買って良かったと思った本
  • 上記以外に該当する本で、おすすめの本

本を詳しく知りたいあなた、検討したいあなた、参考になさってみてください。

ライン 区切り線

以下、『敬称』は省略してお届けします。

ライン 区切り線

おすすめの本一覧

■『家本政明|「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』
■『柏原全孝|スポーツが愛するテクノロジー』
■『監修:村上貴聡|スポーツ審判メンタル強化メソッド』
■『小幡真一郎|しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』
■『監修:岡田正義|少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる』
■『松崎康弘|2019年改訂版 ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』
■『トーマス ブルスィヒ|サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き』
■『工藤健策|プロ野球 誤審の真相 球界をダメにするおかしな構造』
■『山本昌邦、武智幸徳|サッカー教養講座』
■『田嶋幸三|批判覚悟のリーダーシップ 日本サッカー協会会長秘録』

本の詳細は、これからご紹介します。

ライン 区切り線
ライン4新

おすすめ ① 家本政明 『「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』

おすすめ 1

\ おすすめの書籍『「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』です。/

引 用

Jリーグの元プロ審判・国際審判だった家本政明氏。誤審や不安定な試合コントロールが多かったことから、一時は多くのサポーターに「最悪の主審」とまで揶揄されていましたが、その逆境、挫折を跳ね返し、2021年の引退時には最も安定した主審と称賛されました。その家本氏がTwitter(@referee_iemoto)で2021年1月から2022年6月まで、毎日つぶやいてきたツイートから424のメッセージを収録。挫折から立ち上がった家本氏だからこその、前向きで、優しく、あたたかみのある人生のアドバイスがあふれています。Jリーグのサポーターのみならず、人生やビジネスシーンで悩んだり、立ち止まったりしたときに思い出して読んでみることで、“未来を変える”ヒントがつまった一冊です。

引用元:天夢人 『「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:「最悪」の汚名を返上した主審家本政明の未来を変えるポジティブメッセージ
  • 著者名:家本政明
  • 出版社名:天夢人

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ② 柏原全孝 『スポーツが愛するテクノロジー』

おすすめ 2

\ おすすめの書籍『スポーツが愛するテクノロジー』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:スポーツが愛するテクノロジー
  • 著者名:柏原 全孝
  • 出版社名:世界思想社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ③ 監修:村上貴聡 『スポーツ審判メンタル強化メソッド』

おすすめ 3

\ おすすめの書籍『スポーツ審判メンタル強化メソッド』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:スポーツ審判メンタル強化メソッド
  • 監修:村上貴聡
  • 出版社名:実業之日本社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ④ 小幡真一郎 『しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』

おすすめ 4

\ おすすめの書籍『しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』です。/

引 用

先人たちの失敗を知り、理解することは
自分自身の成長につながる

プロスポーツはシビアな世界です。
勝った選手やチームは称賛され、負ければ罵声を浴びることが常です。

批判されるのは、何もプレイヤーだけの話ではありません。
ときに、試合(ゲーム)を司る役割である“審判”も批判に晒されることがあります。
いや、審判はほとんど称賛されることがない中で、批判は集中しやすい損な役回りだと言えます。

本書はJリーグ草創期を知るサッカー審判たちの奮闘記です。

Jリーグが開幕したばかりだからこそ起きた
海外のスター選手とのマル秘エピソードや
グラスルーツで審判をする方でも思わず共感してしまうような
“うっかりミス”などが掲載されています。

先人たちが犯した“ミス”を知ることで
審判としての実技レベルが向上することをコンセプトとした
これまでになかったサッカー審判の教科書です。

さらには、サッカーを観る人やプレーする人たちにとっても
「審判から見えるサッカー」を知ることで、サッカーというゲームに対して
より理解が深まることでしょう。

先人たちのマル秘エピソードに笑い、そして学べ!

引用元:カンゼン 『しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書
  • 著者名:小幡真一郎
  • 出版社名:カンゼン

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑤ 監修:岡田正義 『少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる』

おすすめ 5

\ おすすめの書籍『少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる』です。/

引 用

「息子のサッカークラブで、試合の審判を頼まれたが、
結局できそうもなくて断ってしまった」
「大学で小学生にサッカーを教えているが、
審判についても少し勉強してみたくなった」

本書では、そんな人たちのために、
少年サッカーの試合を裁く審判のノウハウを、
50の「コツ」として紹介している。
そして、それぞれのコツは、覚えやすいように、
重要なポイントを3つに絞り、
「ツボ」として解説している。

パート1は「キックオフまでの準備」、
パート2は「主審の役割」、
パート3は「副審&第4の審判員の役割」
について解説。
すべて読んでもらうのがベストだが、
時間がない場合は、自分が受け持つパートだけでも
しっかりと頭に入れていただきたい。

また、各コツでは、少年サッカーならではの
現象や注意点も書かれているので、
ぜひ参考にしてもらいたい。

本書を読んで審判法やルールを理解することにより、
自信を持って審判を担当することができる。

実際に審判をやらない方でも
本書の最新のサッカールールに加え、
審判としての知識も身につけられれば、
サッカーがよりおもしろくなるのは間違いない。

引用元:メイツ出版 『少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:少年サッカー 審判マニュアル 改訂版 正しい判断と動き方がわかる
  • 監修:岡田正義
  • 出版社名:メイツ出版

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑥ 松崎康弘 『2019年改訂版 ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』

おすすめ 6

\ おすすめの書籍『2019年改訂版 ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:2019年改訂版 ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術
  • 著者名:松崎康弘
  • 出版社名:デコ

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑦ トーマス ブルスィヒ 『サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き』

おすすめ 7

\ おすすめの書籍『サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き
  • 著者名:トーマス ブルスィヒ
  • 翻訳:粂川 麻里生
  • 出版社名:三修社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑧ 工藤健策 『プロ野球 誤審の真相 球界をダメにするおかしな構造』

おすすめ 8

\ おすすめの書籍『プロ野球 誤審の真相 球界をダメにするおかしな構造』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:プロ野球 誤審の真相 球界をダメにするおかしな構造
  • 著者名:工藤健策
  • 出版社名:草思社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑨ 山本昌邦、武智幸徳 『サッカー教養講座』

おすすめ 9

\ おすすめの書籍『サッカー教養講座』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:サッカー教養講座
  • 著者名:山本 昌邦、武智 幸徳
  • 出版社名:日本経済新聞出版社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ ⑩ 田嶋幸三 『批判覚悟のリーダーシップ 日本サッカー協会会長秘録』

おすすめ 10

\ おすすめの書籍『批判覚悟のリーダーシップ 日本サッカー協会会長秘録』です。/
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:批判覚悟のリーダーシップ 日本サッカー協会会長秘録
  • 著者名:田嶋 幸三
  • 出版社名:中央公論新社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

まとめ

今日は、先日発生したJリーグの世紀の大誤審についてお話しました。

間違っていたらごめんなさい。

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線
ライン4新

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン5新 太線
タイトルとURLをコピーしました