人気記事はこちらです。
PR
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)VSトルコ代表のキリンチャレンジカップ(KIRIN CHALLENGE CUP)の結果と採点・評価

2023年 サッカー日本代表 欧州遠征 トルコ戦 採点評価 スポーツ・トレーニング・ストレッチ
このページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

『サッカー日本代表の9月欧州遠征トルコ代表との試合の結果&評価は?』についてお話しします。

サッカー日本代表(男子)は2023年に9月の欧州遠征、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の2023年9月12日のトルコ代表とのキリンチャレンジカップ(KIRIN CHALLENGE CUP)の結果と評価は?

サッカー男子A代表(森保ジャパン)のトルコ代表との試合について
  • 『代表招集メンバーは?』
  • 『スタメンとフォーメーションは?』
  • 『後半からのメンバーとフォーメーションは?』
  • 『結果は?』
  • 『出場選手の採点・評価・MOMは?』

このページを最後まで読んでいただくと疑問が解決すると思います。

\ おすすめ『ブレない信念 12人が証言する サッカー日本代表 鎌田大地の成長物語』です。/
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

【サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの結果と選手評価は?】代表招集メンバーは?スタメンとフォーメーションは?後半のメンバーとフォーメーションは?結果は?出場選手採点評価は?

『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップ(KIRIN CHALLENGE CUP)の結果と出場選手の採点評価は?』

さくら
さくら

サッカー日本代表のトルコ代表との試合とても良かったわ。

れん
れん

大勝だったね。

あかり
あかり

欧州遠征2連勝、森保ジャパンすごい。

2023年9月9日(日本時間9月10日)に行われる、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップ(KIRIN CHALLENGE CUP)の予想フォーメーションについて知りたい方は、参考になさってみてください。

ライン新 区切り線

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)トルコ代表とのキリンチャレンジカップ

■『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の欧州遠征招集メンバーは?』
■『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップのスタメンとフォーメーションは?』
■『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の後半からメンバーとフォーメーションは?』

■『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの結果は?』
■『サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの出場選手の採点・評価・MOMは?』

詳細は、これからご紹介します。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の9月の欧州遠征の日本代表の招集メンバーは?

「サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の9月の欧州遠征の日本代表の招集メンバーはどのようになりましたか?」

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の9月の欧州遠征の招集メンバーは次の通りです。

森保ジャパンの招集メンバーや所属クラブ名は2023年9月9日時点を参考にしております。
欠場、追加招集、所属クラブ変更などがあった場合、以下に反映されていない場合があります。予めご了承ください。

ライン新 区切り線

敬称は省略させていただきます。

ライン新 区切り線

●GK

GK(ゴールキーパー)

シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)
中村航輔(ポルティモネンセ/ポルトガル)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

ライン新 区切り線

●DF

DF(ディフェンダー)

谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)
板倉滉(ボルシアMG/トルコ)
森下龍矢(名古屋グランパス)
町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)
毎熊晟矢(セレッソ大阪)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)
伊藤洋輝(シュトゥットガルト/トルコ)
橋岡大樹(シント=トロイデン/ベルギー)
菅原由勢(AZ/オランダ)

ライン新 区切り線

●MF/FW

MF/FW(ミッドフィルダー/フォワード)

遠藤航(リヴァプール/イングランド)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
浅野拓磨(ボーフム/トルコ)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
守田英正(スポルティング/ポルトガル)
鎌田大地(ラツィオ/イタリア)
三笘薫(ブライトン/イングランド)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安律(フライブルク/トルコ)
伊藤敦樹(浦和レッズ)
上田綺世(フェイエノールト/オランダ)
田中碧(デュッセルドルフ/トルコ)
中村敬斗(スタッド・ランス/フランス)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表との国際親善試合の前半のスタメンとフォーメーションは?

2023年 サッカー日本代表 欧州遠征 トルコ戦 スタメン フォーメーション 4バック

「サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの前半のフォーメーションはどうだったのでしょうか?」

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップ(KIRIN CHALLENGE CUP)の前半のフォーメーションは次の通りです。

前半は4バックでした。

4-2-3-1
古橋
中村敬 久保 堂安
田中 伊藤敦
伊藤洋 町田 谷口 毎熊
中村航

先日予想したフォーメーションに近い形でした。

ワントップは古橋選手でした。ドイツ戦とは違って、前線の高い位置でプレッシャーをあまり効果的にかけていなかったので、押し込まれる場面が多かったです。久保選手は、高い位置でプレッシャーをかけていたので、古橋選手は連動して、ハイプレスすると、ドイツ戦のように、高い位置を保ちながら攻撃ができると思います。

トップとしての古橋選手は良かったと思いますが、フォワードという役割なので得点を求められていると思いますので、そのあたりは、古橋選手は他の選手ともう少しコンビネーションを良くすることで、得点につながってくると思います。

ドイツ戦と比べると、ライン設定も悪かったです。ドイツ戦はディフェンスラインはハイラインで前線の上田選手と鎌田選手が2トップ気味になって両サイドハーフと連動してハイプレスを効果的にかけていたのですが、トルコ戦はそのような動きが少なく最終ラインが下がりすぎて、押し込まれる場面がありました。

全体的にパフォーマンスは良かったのですが、コンビネーションが悪かったです。

2つの失点場面はポジションを正確にとって、マークしていれば、防ぐことができた失点です。

最初の失点は、完全に中村航選手のミスです。

冨安選手が入るまでの間は、ずっと低めのディフェンスラインだったので、押し込まれて防戦一方の場面が多かったです。冨安選手が入ってからは、ライン修正して、少し高めのディフェンスライン(ハイライン)になりましたが、投入が遅すぎました。

メンバー交代の遅さは、森保監督の悪いところです。

失点シーンとディフェンスライン、プレッシングは、ただちに、修正しなければなりません。

内容の悪い中でも、久保選手、中村敬選手、伊藤敦選手、毎熊選手は良かったです。とくに久保選手はキレッキレでした。久保選手に関しては、もう異次元のレベル(とてつもなく高いレベル)まで到達してしまったような気がしています。今後のレアルソシエダでの活躍が楽しみです。

右ウィングの先発が伊東選手で、右サイドバックの先発が菅原選手だったら、もっと右サイドで久保選手含めた連動する動きで良いコンビネーションになったのではないかと思います。

中村敬選手はキックが上手いです。三笘選手とはタイプが違いますが、左ウィングの候補としてふさわしい選手です。

伊藤敦選手のミドルシュートはすばらしかったです。攻守で良いパフォーマンスをされていたのですが、連携面にやや不安がありますが、ボランチの候補として楽しみです。

2失点がなければ、ほぼ90点に近いくらいの出来だったと思います。

失点シーンを加えても、トルコ代表相手に十分に戦えていましたので80点はあげたいです。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの後半の出場メンバーとフォーメーションは?

2023年 サッカー日本代表 欧州遠征 トルコ戦 ス後半 フォーメーション 4バック

「サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの後半の出場メンバーとフォーメーションはどうだったのでしょうか?」

後半戦は、メンバーもフォーメーションも変えてきました。

キリンチャレンジカップなので交代メンバーは6人です。

交代は6人でした。

フォーメーションは4バックのままです。

4-2-3-1
古橋
前田 久保 伊東
田中 遠藤
伊藤洋 冨安 谷口 橋岡
シュミット

レアルソシエダで絶好調の久保選手はやはりキレッキレでした。ただ、周りの選手とのコンビネーションがいまいちかみ合わなかったので、ドイツ戦ほどよくなかったです。

前田選手が入って、古橋選手とのコンビネーションで得点を奪えると期待していたのですが、何度か良い場面もありましたが、よくない場面もあったので、前田選手は日本代表ではワントップの位置に入るのがベストなんだと思います。

伊東選手の個のチカラの破壊力はすごいです。もっとビッグクラブへの移籍も楽しみです。

現状では、日本代表のフォーメーションは4-1-4-1にして、トップに上田選手、左サイドハーフに三笘選手、左右サイドハーフに伊東選手、左インサイドハーフに鎌田選手、右インサイドハーフに久保選手、アンカーに遠藤選手、左サイドバックに伊藤洋選手、ツーセンターバックに冨安選手と板倉選手、右サイドバックに菅原選手が良いのではないかと思います。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの結果は?

「サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの結果はどうだったのでしょうか?」

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの結果は4-1で日本が大勝しました。

結果
日本代表 VS トルコ代表
4 - 2

とくに前半の攻撃面が素晴らしかったです。

後半はライン設定もひどく、ディフェンスが機能していなかったので、危ない場面が多かったです。

今の日本代表は、ドイツ戦のように、ハイラインにして、陣形をコンパクトにしながら、連動したハイプレスをかけるのが、日本の得意とした攻撃でもあり、守備でもあるので、トルコ戦のような引き気味のディフェンスラインだと、ワールドカップのような戦い方になるので、ワールドカップの経験を活かすなら、ドイツ戦のような戦い方をチーム内で理解して統一したほうが良いと思います。

ライン新 区切り線
ライン4新

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの出場選手の採点・評価は?

「サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの出場選手の採点・評価はどうでしょうか?」

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)のトルコ代表とのキリンチャレンジカップの出場選手の採点・評価は以下の通りです。

ライン新 区切り線

私の独断と偏見の採点・評価です。どうかお許しください。

ライン新 区切り線

採点は10点満点です。

先発メンバー

中村航輔 6
町田浩樹 7
伊藤洋輝 7
谷口彰悟 7
毎熊晟矢 10
伊藤敦樹 10
堂安 律 8
田中 碧 8
古橋亨梧 7
久保建英 10
中村敬斗 10

途中出場メンバー

シュミット・ダニエル 6
橋岡大樹 7
冨安健洋 10
遠藤 航 10
伊東純也 10

監督&チーム&MOM

森保一 7
チーム 8

マンオブザマッチ(MOM) 中村敬斗

先発メンバーが攻撃面で3得点を奪うことができたと、後半の伊東選手の独走で、大勝になりました。

内容はドイツ戦ほどよくなかったです。

ディフェンスラインがものすごく低い設定で、しかも、前線のプレスも連動しなかったので、陣形もコンパクトになっていなかったときもあり、そういうときに、押し込まれていたので、なぜ、ディフェンスラインを上げなかったのか疑問に感じています。

ディフェンダーの皆さんは、ドイツ戦を観ていたはずなので、ハイラインにして、コンパクトな陣形を保ちながら、ツートップ気味にして両サイドハーフと連動したプレッシングが今の日本代表にはあっていると思います。

日本はキーパーの位置からパスをつないで攻めあがるようなスペインのようなパスサッカーはできないので、ラインを上げながら攻めていく形を意識したほうが良いと思います。

先発メンバーをドイツ戦から10人変更して、これだけ戦えたのは、とてもすばらしく、大きな収穫と言えると思います。

チーム全体として8点です。

MOMは中村敬斗選手です。

失点シーンは修正が必要です。

キーパーの序列は現時点では大迫選手が一番手だと思います。

もう少しハイラインを得意としたディフェンダーを招集しても良いのではないかと思います。

あとは、ドイツ戦やワールドカップを観て思いましたが、三笘選手のドリブルを生かす形にするために、左サイドバックの選手の補強は急務です。三笘選手と相性の良い選手で、守備の強度の高い選手が理想です。現状では、伊藤洋選手以上の守備が上手い選手を探すとなると困難かもしれませんが。

ツーセンターバックは現時点では冨安選手と板倉選手が理想です。彼らに代わるような選手の補強は急務です。

今後も国際親善試合やキリンチャレンジカップはヨーロッパで試合するほうが、選手の移動距離も短くて済むし、ヨーロッパ在住の選手にとっては時差の問題もないし、アウェイという厳しい環境で試合できるのは、チームにとっても選手にとっても良いと思います。ホームよりもアウェイで試合を重ねることが、今後の日本代表には必要だと思います。

ライン新 区切り線
ライン4新

まとめ

ブレない信念「12人が証言する サッカー日本代表 鎌田大地の成長物語」

サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)の9月のキリンチャレンジカップのトルコ代表との試合についてサッカーファン、サッカーマニアの私がお話しました。

わかる範囲内で調べています。間違っていたらごめんなさい。

ライン新 区切り線
\ おすすめの『サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡』です。/
\ おすすめの『VISION 夢を叶える逆算思考』です。/
\ おすすめの『サムライブルーの料理人 サッカー日本代表専属シェフの戦い』です。/
\ おすすめの『エポック社(EPOCH) サッカー盤 ロックオンストライカー サッカー日本代表Ver.』です。/
ライン新 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン新 区切り線
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
\ おすすめ宿泊施設『マリンタラソ出雲』です。/
ライン新 区切り線
ライン3レッド新 区切り線
ライン5新 太線