人気記事はこちらです。
PR
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】

大相撲秋場所(令和5年9月場所)2023年9月24日 千秋楽 優勝決定戦 大失望の内容

大相撲秋場所 千秋楽 優勝決定戦 スポーツ・トレーニング・ストレッチ
このページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年(令和5年)9月24日、大相撲秋場所は大関・貴景勝関が4度目の優勝を果たしました。おめでとうございます。ただ、優勝決定戦の内容には大失望しました。

NHKの『大相撲秋場所(令和5年9月場所)』(2023年9月24日)

優勝決定戦の取り組みについて
  • 『大関という立場であのような相撲を取るのはいかがなものか』
  • 『相手は平幕、受ける相撲はできないの?』
  • 『大関の相撲を取れないなら横綱には相応しくない』

このページを最後まで読んでいただくと疑問が解決すると思います。

\ おすすめ『令和五年大相撲力士名鑑』です。/
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

【大失望した関取相撲!】大関という立場であのような相撲を取るのはいかがなものか

「2023年(令和5年)9月24日、大相撲秋場所(令和5年9月場所)の千秋楽、あのような相撲を大関が取ってもよいのでしょうか?」

さくら
さくら

貴景勝関が優勝したね。

れん
れん

4敗しての優勝、しかも、あの優勝決定戦の内容は歴史に残るほど酷かったね。

あかり
あかり

もう少し相撲内容に拘ってほしい。

ライン新 区切り線

令和5年9月場所(大相撲秋場所)は、千秋楽、優勝決定戦で、大関・貴景勝関が優勝を果たしました。

この取り組みは、非常に残念な内容で、大失望しました。

大相撲の世界の中で、横綱、大関という立場である以上、対戦する相手がどのような相撲を取ってきても、受け止めることができないといけないと思います。

横綱・大関の相撲の取り方について、元横綱、元大関の方、過去に次のような発言をされています。

「正々堂々と勝負する」
「受けてあげるから、どんとかかってこいという、受ける相撲を取る」

この2つは、横綱、大関という立場であれば、とても重要なことです。

横綱・大関という立場は、相手が向かってきたら受ける、ないしは、相手が向かってきたら跳ね返すだけの力量であってほしいという意味だと解釈しています。

逃げるような(かわすような)相撲は取るべきではないと思います。

今回、千秋楽の取組を終えた時点で、前頭熱海富士関と勝敗(11勝4敗)が並んだため、優勝決定戦となりました。

大関貴景勝関の相手は平幕の前頭熱海富士関なので、大関は、どんと受けて、大関相撲を取るのが、大相撲の中の決まりごとというか暗黙のルールのようなものだと思っていたのですが、実際の優勝決定戦は、実にがっかりする内容でした。

取り組みを振り返ると、大関貴景勝関は前頭熱海富士関をすかすような形(かわすような、よけるような形)で、前頭熱海富士関が前のめりになり、大関貴景勝関がはたいて、土をつけるという、最低な内容の相撲だったと思います。

これが大関という横綱につぐポジションにいる存在の方なので、おかしいと物申しているわけです。

平幕同士の取り組みなら、誰も文句は言いません。

あのような内容の取り組みをして、誰からも注意を受けなかったのでしょうか?

とても疑問です。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

相手は平幕、受ける相撲はできないの?

「相手は平幕、受ける相撲はできないのでしょうか?」

大関貴景勝関の相手は平幕の前頭熱海富士関です。

平幕相手にあのような相撲は相撲ファンとして受け止めることができません。

「受けてあげるから、どんと向かってきなさい。」

これぐらい言えるような、大関であってほしいと願います。

取り組みを振り返ると、立ち合い直後に、すぐに身をかわして、すかすような取り組みをされたのですが、そのような内容の相撲を観たくないです。

正々堂々と勝負してほしかったです。

今の大関・貴景勝関には、それができないから、あのような相撲、あのような内容になったのだと思います。

大相撲は毎回楽しみに観ているのですが、これほど、ひどい内容は初めてでした。

しかも、優勝決定戦で大関があのような相撲を取ったことに衝撃でした。目を疑いました。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

横綱を目指しているのでは?

「横綱を目指しているはずではないでしょうか?」

大関・貴景勝関は『横綱昇進』を意識したコメントをされる割には、取り組みの内容が悪いです。

これから横綱を目指すなら、『がっつり組む相撲』ないしは『がっつり跳ね返す相撲』でなければ、観ている人は納得しないと思います。

つっぱりだけの横綱は見たくないです。

『つっぱりオンリーの横綱誕生』

はやめてほしいです。

がっつり組む相撲や、向かってきてもそれをがっつり跳ね返す大関でなければ、横綱にはなれないと思いますし、横綱にふさわしくないです。

土俵上での態度、お作法なども、よくないので、もう少し初心に戻って、丁寧に他の力士の見本・手本となるような態度、お作法にしてほしいものです。

4敗して優勝という悲しすぎる大相撲の現状、優勝決定戦の内容には、本当に大失望です。

4敗した人が優勝するような場所(興行)であってはならないと思います。

横綱や大関というのは、強い人がなるものです。

公益財団法人日本相撲協会は、もう少し観ていて楽しい相撲、力強い大相撲にしてください。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

まとめ

2023年(令和5年)9月24日、大相撲秋場所(令和5年9月場所)の千秋楽、あのような相撲を大関が取ってもよいのでしょうかについて大相撲ファン、大相撲マニアの私がお話しました。

わかる範囲内で調べています。間違っていたらごめんなさい。

ライン新 区切り線
\ おすすめの『大相撲大全集~平成の名力士~』です。/
\ おすすめの『大相撲大全集~昭和の名力士~』です。/
\ おすすめの『大相撲の解剖図鑑』です。/
\ おすすめの『家で楽しむ大相撲 「観る相撲」のためのガイドブック』です。/
ライン新 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン新 区切り線
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
ライン新 区切り線
\ おすすめ宿泊施設『ザ・ゲートホテル両国 by HULIC』です。/
ライン新 区切り線
ライン3レッド新 区切り線
ライン5新 太線