人気記事はこちらです。

お金のプロの忠告!自然災害への対策をするうえで、この対策を怠ると、復興、復旧を妨げる原因となることもある。自然災害への備え、建物や設備を見直し、対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと

雨 豪雨方法
スポンサーリンク

自然災害を何度も経験して私が思うこと。

 

私

地方公共団体で働くみなさん必読。

自然災害を何度も経験して思うこと、日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさんに読んでほしい。

今日は、自然災害への対策をするうえで、この対策を怠ると、復興、復旧が非常に大変な作業となるので、今一度、建物や設備を見直し、対策・整備の強化をおすすめします。

自然災害は発生してほしくないことですが、自然災害は今後もあるえると考えて、仮に、被害が発生すると復興や復旧に向けて、どのような行動・取り組みをするのかも含めて考えていかなければなりません。

以下が被害を受けると、復興・復旧が遅れる可能性があります。次の通りです。

  1. 避難所・避難場所の建物
  2. 都庁・県庁・区役所・市役所・町役場などの役所の建物や敷地
  3. ごみ処理施設・廃棄物処理施設の建物や設備
  4. 学校の建物や敷地
  5. 都道府県道の道路や道路標識
  6. 河川
  7. 海・海岸線

今日は『自然災害への備え、対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと』についてのお話です。目次は、open、closeすることができます。

  1. お金のプロの忠告!自然災害への対策をするうえで、この対策を怠ると、復興、復旧を妨げる原因となることもある。自然災害への備え、建物や設備を見直し、対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと【日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさん、今のままで本当に日本は大丈夫ですか?】
    1. 避難所・避難場所の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    2. 都庁・県庁・区役所・市役所・町役場などの役所の建物を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    3. ごみ処理施設・廃棄物処理施設の建物や設備を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    4. 学校の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    5. 都道府県道の道路や道路標識を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    6. 河川を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
    7. 海・海岸線を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する
  2. まとめ
  3. ECサイトで探してみる
    1. 災害に強いまちづくりは 互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~ 山村 武彦 (著)
    2. その他のおすすめ
    3. 大阪府大阪市のホテル・宿なら『ホテルユニゾ大阪淀屋橋』がおすすめ
    4. おすすめの記事

お金のプロの忠告!自然災害への対策をするうえで、この対策を怠ると、復興、復旧を妨げる原因となることもある。自然災害への備え、建物や設備を見直し、対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと【日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさん、今のままで本当に日本は大丈夫ですか?】

お金のプロの忠告!

自然災害への対策をするうえで、この対策を怠ると、復興、復旧が大変な作業になることもあるので、今一度、建物や設備を見直すことが必要です。

『自然災害への備え、対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと』対策・整備だけを考えるのではなく、復旧・復興のことも想定することが重要です。

日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさん、今のままで本当に日本は大丈夫ですか?この先、もっと大変なことになるかもしれません。そのためにも、事前に被害を想定した対策・整備を早急に行う必要があります。

日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさん、地震だけが自然災害ではありません。耐震にだけ偏った対策や整備を行うのではなく、自然災害全般を想定しての対策や整備を強化してください。

これら以外では、電気、ガス、水道などの生活に必要なインフラ設備も対策は急務ですが、これらは、一般の企業が保守・管理している場合がありますが、一般企業だけに任せるには負担が大きすぎると思いますので、地方公共団体が支援・協力していく必要があると思います。

水害・浸水に強い家を建てるためにまず考える8つのことは、次の通りです。

ご注意
完璧な対策や方法というのは残念ながらありません。想定外のことが起こることがあります。想定外のことも考える必要があると思います。

ライン 区切り線

ライン 区切り線
地震 台風 豪雨 対策

避難所・避難場所の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

避難所・避難場所の建物や敷地が地震や台風や豪雨で影響を受けるようなことはあってはなりません。被害のリスクを少しでも軽減するために、建物や敷地を強化しましょう。

既存の建物や敷地でも対策強化は可能です。耐震化については、かなり進んでいると思いますが、水害・浸水への対策は、遅れているように思えます。

既存の建物の耐震化については、ここでは詳しいことは割愛しますが、基礎の補強、壁の補強、柱の補強、梁の補強、制振ダンパー・制振装置による制振補強、免振装置などによる免振補強などで強化することです。地盤についても補強は可能です。

水害・浸水への対策にについては、ここでは詳しいことは割愛しますが、地盤を高くしたり、床を高くしたり、防水壁・止水壁の設置、敷地の水捌けを良くするなど、いろいろな方法があります。

先日、『水害・浸水に強い家を建てるためにまず考える8つのこと【お金のプロのアドバイス】』という記事を書きました。そちらをご参照ください。

都庁・県庁・区役所・市役所・町役場などの役所の建物を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

都庁・県庁・区役所・市役所・町役場などの役所の建物が地震・台風・豪雨で被害を受けると、復興や復旧が遅れる可能性があります。

避難所・避難場所の建物・敷地でもご説明したように、地震への対策強化だけに偏ることなく、水害・浸水対策を強化する必要があります。

都庁や県庁などは、電源設備・電気系統の設備などは強化され、補助電源・非常用電源なども設備・整備されていると思いますが、市役所・町役場などでも、同様に電源設備・電気系統の設備を強化し、補助電源・非常用電源設備・整備などの対策もする必要があります。

例えば、電源設備・電気系統の設備を1階や地下や敷地内に配置している場合、それらが水没した場合、建物の復旧までに相当な日数がかかる可能性があります。水害・浸水なども考えると、1階や地下に設備を備える場合には、水害・浸水対策を強化する必要があります。電源設備・電気家に党の設備は浸水しないような高さに移すことも対策になると思います。

建物の強化につきましては、『避難所・避難場所の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する』をご参照ください。

ごみ処理施設・廃棄物処理施設の建物や設備を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

ごみ処理施設・廃棄物処理施設の建物や設備が地震・台風・豪雨で被害を受けると、ごみや廃棄物の処理能力が失われることになります。そうなると、復興や復旧で発生した災害ごみや災害廃棄物が処理できないだけでなく、たまっていく一方となり、置く場所にも困るような事態が発生します。

まちがそのような状況で、ごみの山積みの放置が続くと、悪臭の原因となったり、細菌やウィルスなどで衛生状態が悪化することもあります。

ごみ処理施設・廃棄物処理施設などの施設は、日本では、街の中心部にあるようなことは少なく、多くの場合は、山・丘や海岸線・河川の近くなど、街の中心部から離れた場所に配置されていることが多く、山・丘などにある場合、地震や大雨の影響による土砂崩れでごみ処理施設・廃棄物処理施設へ車で行くことができないような事態となったり、海岸線・河川の近くにある場合、地震や大雨の影響によりごみ処理施設・廃棄物処理施設が浸水することも考えられます。

地震や台風や豪雨などの自然災害に対しての対策の強化は必要不可欠です。電源設備・電気系統の設備の強化や、補助電源・非常用電源なども設備・整備されていると思いますが、今の状態で大丈夫なのか、検討する必要はあると思います。

建物の強化につきましては、『避難所・避難場所の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する』をご参照ください。

学校の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

学校の建物は、耐震化については行っている場合もありますが、予算などの都合により、まだのところあるようです。これは、建物に関してだけ行われることもあり、敷地全体を強化することが必要です。地盤に問題があると、いくら建物を強化したところで、強化にならないこともあります。

地震への対策というのは、東日本大震災やそれ以前の地震なども踏まえて、対策はかなり進んでいると思いますが、台風・豪雨などの対策は、未着手の状態の学校もあるのではないでしょうか。

学校というのは、避難所・避難場所で使用されることもあり、場合によっては、災害が発生すると災害ごみや災害廃棄物などの置き場として使用されることもあります。

もし、台風や豪雨などの対策を強化するなら、地盤を少しでも高くして、地盤そのものを強化することが必要です。また、防水壁や止水壁、防風壁や防風フェンスなどを設置することも必要です。

建物の強化につきましては、『避難所・避難場所の建物や敷地を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する』をご参照ください。

都道府県道の道路や道路標識を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

都道府県道の道路や道路標識について、地震への対策というのは非常に難しいと思いますが、台風・豪雨の際に、冠水しないように、排水設備を強化したり、放水路・調整池・調節池などを新たに設置することも考える必要があると思います。

50年に1度や100年に1度の自然災害への対策を考えるのではなく、2000年に1度の自然災害への対策を考えるときがきています。

河川を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

昨今の災害で、河川が氾濫したり、堤防が決壊したり、河川への対策が十分でないことがわかりました。大雨や豪雨の際に、増水した河川の水を逃がすための放水路・調整池・調節池などを新たに設置することも考える必要があると思います。堤防や防波堤の強化したり、川幅を広げたり、川底を掘り下げたりすることも検討が必要です。

緊急の際にダムを放流しなければならないような事態を想定して、ダムの貯水量が適切なのか、ダムの水が増えた場合に、放水路・調整池・調節池などに、一時的に水を逃がすようにできる方法も検討する必要があると思います。

海・海岸線を地震・台風・豪雨で被害を受けないように対策を強化する

海・海岸線においても、河川同様に強化が必要です。既存の堤防を強化したり、新たに堤防を建設することも考える必要があると思います。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

まとめ

雨 豪雨

ライン 区切り線

三井住友VISAカードなら「最短3営業日発行!」

【シミ改善】ミスユニバース起用バージョン

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

心と体を再生させる癒やし女子旅 in アンコールワット

ライン 区切り線

今日は、『対策・整備の強化をするためにまず考える7つのこと』についてお話しました。

対策・整備だけを考えるのではなく、自然災害が発生したときの復旧・復興のことも想定することが重要です。

日本政府や国家議員のみなさん、地方公共団体(都道府県市町村)で働くみなさんに熟読してください。

自然災害は発生してほしくないことですが、自然災害は今後もあるえると考えて、東日本大震災、西日本豪雨災害、今年に入ってからの令和元年台風第15号などの災害が今後発生したとき、被害が発生すると復興や復旧に向けて、どのような行動・取り組みをするのかも含めて考えていかなければなりません。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ECサイトで探してみる

ECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)で探してみる・チェックしてみる。

災害に強いまちづくりは 互近助の力 ~隣人と仲良くする勇気~ 山村 武彦 (著)

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

沖縄・九州・北海道の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】

ライン 区切り線

その他のおすすめ

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

大阪府大阪市のホテル・宿なら『ホテルユニゾ大阪淀屋橋』がおすすめ

ライン 区切り線

ホテルユニゾ大阪淀屋橋

ライン 区切り線

おすすめの記事

おすすめの記事をご紹介します。

スッキリ 水卜麻美さん 着用衣装 使用アイテム ブランド おすすめ インディヴィ INDIVI ブラウス blouse 情報
めざましテレビ 永島優美さん 着用衣装 使用アイテム ブランド おすすめ イッツインターナショナル I.T.’S. international シャツ shirt スカート skirt 情報
スッキリ 水卜麻美さん 着用衣装 使用アイテム ブランド おすすめ クチュールブローチ Couture Brooch ワンピース dress 情報
シリーズ第12回目 本当に怖い 魔の火曜日 さよなら新型コロナウイルス感染症 COVID-19
めざましテレビ 永島優美さん 着用衣装 使用アイテム ブランド おすすめ エヌナチュラルビューティベーシック N.Natural Beauty Basic ワンピース dress 情報

タイトルとURLをコピーしました