人気記事はこちらです。
PR
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】
【このページはアフィリエイト広告を利用しています】

今週のイチオシ 2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10

今週のイチオシ 単行本 新刊 本 11.27-12.3 本・コミックス・文庫・作家
このページには広告が含まれています。
スポンサーリンク

本好き・読書家・本の虫のみなさん必見!2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本をランキング形式でご紹介します。

今週のイチオシ本について
  • 『単行本のに関するおすすめの本について知りたい』
  • 『本のおすすめの著者名は?』
  • 『本のおすすめのタイトル名は?』

このページを最後まで読んでいただくと疑問が解決すると思います。

\ ランキング1位の書籍『つい人に話したくなる名画の雑学』です。/

\ ランキング2位の書籍『シェフ』です。/

\ ランキング3位の書籍『安彦良和の歴史画報』です。/

\ ランキング4位の書籍『私が鳥のときは』です。/

\ ランキング5位の書籍『清算』です。/

\ ランキング6位の書籍『青いトカゲ』です。/

\ ランキング7位の書籍『アンサンブル』です。/

\ ランキング8位の書籍『最新AI「ChatGPT」を使った投資戦略』です。/

\ ランキング9位の書籍『振り回されない練習 「自分のペース」をしっかり守るための50のヒント』です。/

\ ランキング10位の書籍『日本の美しい教会』です。/

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

【本好き・読書家・本の虫のみなさん必見!】2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキング10

『本好き・読書家・本の虫のみなさん必見!2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日の新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本はずばりコレ!?』

ランキング形式でご紹介します。あくまでも私が独断と偏見の塊の中から選んだものです。

さくら
さくら

ヤスダコーシキさんの 『つい人に話したくなる名画の雑学』がとても良かったわ。

れん
れん

安彦良和さんの 『安彦良和の歴史画報』を読もうと思っているよ。

あかり
あかり

ゴーティエ・バティステッラさんの 『シェフ』がおすすめ。

選んだポイント
  • 2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日に発売された新刊の単行本
  • 読んで良かったと思った本
  • 買って良かったと思った本
  • 上記以外に該当する本で、私が独断と偏見で選んだおすすめの本

本を詳しく知りたいあなた、検討したいあなた、参考になさってみてください。

ライン 区切り線

以下、敬称は省略してお届けします。

ライン 区切り線

本の詳細は、これからご紹介します。

ライン 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ① ヤスダコーシキ 『つい人に話したくなる名画の雑学』

ランキング 1位

トロフィーと月桂樹no1
\ ランキング1位の書籍『つい人に話したくなる名画の雑学』です。/

引 用

本当はゲスい!?美しい名画に秘められた話がおもしろすぎる!
X(旧Twitter)フォロワー数20万人!
古今東西の風俗知識を投稿する「昔の風俗をつぶやくよ」アカウント待望の初著書がヤスダコーシキ名義で発行!
80点以上の絵画を収録。名画のモチーフや当時の背景、作家の人生など、絵画にまつわる雑学を独自の語り口で軽妙に解説します。

「絵画って難しいかも」と言う人が時々います。でも少し待って。絵画はそんなに難しいものではないのです。
宗教画も含めて、絵画は本来エンターテイメントでした。パソコンやテレビが無くたって、たとえ文字が読めなくたって、絵画は視覚情報によって昔の人に多くの物語を語ってくれたのです。
人々は絵画で剣を振るう歴史上の英雄に興奮し、傷つき苦しむキリストの姿に涙し、そして神話に登場する神々の裸体に密かにドキドキしました。昔の人がそんな風に楽しめたのですから、現代の私たちだって同じように楽しめないはずがないですよね。
ただ、昔と今では当たり前ですが時代が違います。現代の私たちが絵画を楽しむには、ほんちょっとの背景情報が必要です。本書は、その「ちょっと」を雑学という形で分かりやすく解説しました。損はさせません。この知識、休憩中や飲み会の雑談で絶対役立ちますよ。

―――― はじめにより

引用元:KADOKAWA 『つい人に話したくなる名画の雑学』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:つい人に話したくなる名画の雑学
  • 著者名:ヤスダコーシキ
  • 監修:田中 久美子
  • 出版社名:KADOKAWA

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ② ゴーティエ・バティステッラ 『シェフ』

ランキング 2位

トロフィーと月桂樹no2
\ ランキング2位の書籍『シェフ』です。/

引 用

三つ星シェフ、ポール・ルノワールが猟銃自殺を遂げた。世界最優秀シェフに選出されたばかりだった彼がなぜ? ネットフリックスの番組製作のために取材を受けていたさなかに……。
伝説的な料理人だった祖母のいた時代から三つ星シェフに上りつめた現在までの彼の人生と、華やかなフランス料理界の裏側。
料理人たちの野心、苦悩、嫉妬、愛、孤独、闘い、そしてガイドブックの星の重圧……。ポール・ボキューズもアラン・デュカスも登場する、元『ミシュランガイド』編集部員にしか書けない傑作美食小説!
カゼス文学賞、海辺の文学賞受賞作。

*カゼス文学賞は、ヘミングウェイ、アンドレ・ジッド、アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、ポンピドゥー大統領などが通ったサン=ジェルマン=デ=プレのブラッスリー・リップが創設した文学賞。海辺の文学賞はサーブル・ドロンヌ市と「フィガロ・マガジン」が主催の文学賞。

引用元:東京創元社 『シェフ』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:シェフ
  • 著者名:ゴーティエ・バティステッラ
  • 翻訳:田中 裕子
  • 出版社名:東京創元社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ③ 安彦良和 『安彦良和の歴史画報』

ランキング 3位

トロフィーと月桂樹no3
\ ランキング3位の書籍『安彦良和の歴史画報』です。/

引 用

著者の解説で楽しむ、歴史マンガとイラスト満載のビジュアルガイド

激動の歴史を、安彦良和の筆で体感せよ!
1979年に『アリオン』でマンガ家としてのスタートを切った安彦良和。2024年にマンガ家生活45周年を迎えるのを目前にして、安彦良和の歴史マンガより名場面を集めた240ページ・オールカラー印刷のビジュアルガイドが誕生する。

ギリシャ神話の壮大な世界に挑んだ『アリオン』。神々の伝承に、日本人の原点を探した『ナムジ―大國主―古事記巻之一』などの古代史作品や、『虹色のトロツキー』など戦争に至るまでの近代史をテーマにした作品……。安彦良和が描く歴史マンガの世界を、原画や解説記事とともに深掘りする。

歴史を描くことについて、「生身の人間が生きて呼吸をしていたと、しっかりと想像すること」と語る安彦良和。息づくようにリアルな人間描写と合わせて、著者自ら歴史の魅力を語る“歴史よもやま話”も満載!安彦史観にあふれた、書き下ろし原稿も特別収録する。

マンガ、考古学など各界著名人への特別インタビューも収録予定で、安彦ファンはもちろん現代人必携の歴史ガイドとなっている。

引用元:玄光社 『安彦良和の歴史画報』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:安彦良和の歴史画報
  • 著者:安彦 良和
  • 出版社名:玄光社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ④ 平戸萌 『私が鳥のときは』

ランキング 4位

\ ランキング4位の書籍『私が鳥のときは』です。/

引 用

「さらわれてきちゃった」。中3の夏、蒼子の家に突然やってきたのは、余命わずかのバナミさん――。第4回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞した傑作青春小説。書き下ろし長篇も収録。

朝倉かすみさん、久美沙織さん、柚木麻子さん絶賛!
第4回氷室冴子青春文学賞・大賞作、
書き下ろし長篇を加え待望の書籍化!

中三の夏休み、蒼子の母が元同僚で余命わずかのバナミさんをさらってきた。なんでうち。なんで今。腹を立てる蒼子だったが、ひょんなことから一緒に受験勉強に励むようになり――受賞作「私が鳥のときは」

英語の授業は気づまりだし、部活は基礎練ばかり。「社会」というもののハードさに気づきはじめた、中一のバナミと友人たち。夏休み、お屋敷に暮らす老婦人・英子さんと出会って――書き下ろし長篇「アイムアハッピー・フォーエバー」

少女と元少女たちに訪れた、奇跡のような夏の物語。
軽やかに瑞々しく、世界をあざやかに変える、傑作青春小説、誕生!

引用元:河出書房新社 『私が鳥のときは』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:私が鳥のときは
  • 著者名:平戸 萌
  • 出版社名:河出書房新社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑤ 伊岡瞬 『清算』

ランキング 5位

\ ランキング5位の書籍『清算』です。/

引 用

明日、会社がなくなる。 最後に残った二億円、俺がもらってもいいはずだ。
広告代理店「八千代アドバンス」は、経営悪化により、会社を解散し清算することが決まる。制作部の畑井伸一は、総務部長に任命され、経験のない会社解散の手続きを担当することに。そんな中、負債の返済用資金二億円が元社員と共に消えてしまう。虎の子の二億円の行方を捜す畑井の前に次々と巻き起こるトラブル。金を取り戻し、八千代アドバンスの秘密を“清算”することはできるのか?

引用元:KADOKAWA 『清算』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:清算
  • 著者名:伊岡 瞬
  • 出版社名:KADOKAWA

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑥ 木村のら 『青いトカゲ』

ランキング 6位

\ ランキング6位の書籍『青いトカゲ』です。/

引 用

謎多き夫とその母親に違和感を覚えた女性が幼子を連れて逃走するが、行く先々で青いトカゲのマークに遭遇する。これは何を意味するものなのか。さまざまな人間模様が描かれるが、つぶさに見れば関係性のドラマであり、その意味では単なるミステリーと一括りにできない物語でもある。最後には予想だにしなかった展開が待っているが、そこに「人間であること」の希望を見ることもできる。

引用元:文芸社 『青いトカゲ』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:青いトカゲ
  • 著者名:木村 のら
  • 出版社名:文芸社

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑦ 志川節子 『アンサンブル』

ランキング 7位

\ ランキング7位の書籍『アンサンブル』です。/

引 用

童謡「シャボン玉」発表から100年。
国民的作曲家・中山晋平
知られざる波乱の人生。

「日本ならではの
新しい音楽をこしらえたい」

何者でもなかった青年は
なぜ名曲を生み出すことができたのか。

【あらすじ】
十八歳で長野から出てきた中山晋平は、
島村家の書生として「早稲田文学」の
編輯補佐をしていた。しかし、師の抱月や
編輯部員たちの文学談義はちんぷんかんぷん。
知識も才能もない晋平は、
どこか居心地の悪さを感じている。
俳優養成所の設立、海外作品の翻訳・演出から
新劇の発展に情熱を燃やす抱月に接するうち、
晋平の心中に表現への希求が芽生えてきた。
「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」
「てるてる坊主」
100年経った今なお歌い継がれる名曲に
秘められた想いとは。

「この信念は理屈じゃない」
師を信じ、大衆の音楽を作り続けた
音楽家人生の幕があがる。

引用元:徳間書店 『アンサンブル』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:アンサンブル
  • 著者名:志川 節子
  • 出版社名:徳間書店

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑧ 竹井佑介 『最新AI「ChatGPT」を使った投資戦略』

ランキング 8位

\ ランキング8位の書籍『最新AI「ChatGPT」を使った投資戦略』です。/

タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:最新AI「ChatGPT」を使った投資戦略
  • 著者名:竹井 佑介
  • 出版社名:ベストセラーズ

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑨ 内藤誼人 『振り回されない練習 「自分のペース」をしっかり守るための50のヒント』

ランキング 9位

\ ランキング9位の書籍『振り回されない練習 「自分のペース」をしっかり守るための50のヒント』です。/

引 用

=================
『気にしない習慣』が6万部突破!
大人気心理学者が贈る
毎日を快適にすごすための50のヒント
=================

◎上司からの「プレッシャー」
◎同僚との「競争」
◎友人の「同調圧力」

こんな外的要因で、
自分のペースを乱していませんか。

やっかいな
他人から
自分を守る。

今を生き抜くために
必須の心理テクニックをご紹介。

今すぐできて、効果てきめん。
そんな心理学の知見を集めてみました。

よけいな気疲れは、今日手放しましょう。

引用元:徳間書店 『振り回されない練習 「自分のペース」をしっかり守るための50のヒント』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:振り回されない練習 「自分のペース」をしっかり守るための50のヒント
  • 著者名:内藤 誼人
  • 出版社名:徳間書店

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ランキング書籍 ⑩ 八木谷涼子 『日本の美しい教会』

ランキング 10位

\ ランキング10位の書籍『日本の美しい教会』です。/

引 用

日本全国、珠玉の60教会。

数ある教会堂のなかから、「美しい教会」という表題のもと、60の教会堂を紹介。
なかには、落成から100年を超して使われている建物も。
それらが美しい姿で存在しつづけているのは、
著名な建築家の作品だからという理由だけではなく、
日々お祈りのために用いられ、信徒に愛されているからこそ――。
そんな“生きる”建築、名教会ガイドは
旅行のおともに、贈り物に、お守りのような特別な1冊になるはずです。

引用元:エクスナレッジ 『日本の美しい教会』
タイトル名、著者名、出版社名について
  • タイトル名:日本の美しい教会
  • 著者名:八木谷 涼子
  • 写真:鈴木 元彦
  • 出版社名:エクスナレッジ

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

まとめ

2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日の新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメする本をご紹介についてお話しました。

わかる範囲内で調べています。間違っていたらごめんなさい。

ライン 区切り線

【『今週のイチオシ』記事一覧】

今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月11日~2023年(令和5年)12月17日に発売された新刊の文庫本の中から、読書好きで本マニアで文庫本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月11日~2023年(令和5年)12月17日に発売された新刊のコミックスの中から、漫画好きでコミックスマニアで漫画フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月11日~2023年(令和5年)12月17日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月4日~2023年(令和5年)12月10日に発売された新刊の文庫本の中から、読書好きで本マニアで文庫本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月4日~2023年(令和5年)12月10日に発売された新刊のコミックスの中から、漫画好きでコミックスマニアで漫画フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10

【『単行本』記事一覧】

今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月11日~2023年(令和5年)12月17日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)12月4日~2023年(令和5年)12月10日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)11月27日~2023年(令和5年)12月3日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)11月20日~2023年(令和5年)11月26日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
今週のイチオシ 2023年(令和5年)11月13日~2023年(令和5年)11月19日に発売された新刊の単行本の中から、読書好きで本マニアで単行本フリークの私がオススメするイチオシ本のランキングベスト10
ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線