人気記事はこちらです。

【スペイン戦 スペイン撃破 日本劇的勝利】2022 FIFAワールドカップ カタール(FIFA World Cup Qatar 2022) グループステージ グループE 森保ジャパン スターティングメンバー&フォーメンションなど

ワールドカップ カタール スペイン戦 森保ジャパン 勝利スポーツ・トレーニング・ストレッチ
スポンサーリンク

2022年11月23日に、2022 FIFAワールドカップ カタール(FIFA World Cup Qatar 2022)本大会 グループステージ 『スペイン戦』、日本代表(サムライブルー)が、スペイン撃破!2対1で劇的な勝利で、勝ち点3を獲得し、グループステージ1位で、決勝トーナメント(ノックアウトステージ)に進出することができました。

日本代表選手、監督・スタッフのみなさま、おめでとうございます。そして、感動をありがとうございます。興奮しましたし、三笘選手と田中選手が抱き合って喜びを分かち合っているシーンは萌えました。

これまで、森保監督をさんざん批判してきた、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者、まずは、森保監督に、批判してきたこと、見下してきたことを謝罪してください。

そして、日本代表はスペインに勝てないと言ってきた、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者、まずは、日本代表のみなさんに、批判してきたこと、見下してきたことを謝罪してください。

スペインメディアの日本代表批判がすごすぎて、スペインが嫌いになりました。金輪際、スペインには行きません。

2022 FIFAワールドカップ カタール(FIFA World Cup Qatar 2022) 期間と開催国
  • 期間 2022年11月20日~12月18日
  • 開催国 カタール
  • スペイン戦:2022年12月1日

カタールW杯本大会 グループステージ スペイン戦についてと総括などをお話しします。

\ PS5のゲームソフト『FIFA 23』です。/
FIFA 23 - PS5
エレクトロニック・アーツ
EA SPORTS FIFA 23で世界のゲームがピッチに登場。HyperMotion2テクノロジーによる、よりリアルなゲームプレイ、男女のFIFA World Cup、女子クラブチーム、クロスプレイ機能などを収録。
ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

【グループステージ グループE スペイン戦】2022 FIFAワールドカップ カタール 森保ジャパン 2対1で勝利 スペイン撃破!

2022 FIFAワールドカップ カタール 本大会 グループステージ グループE スペイン戦、日本が、スペインに、2対1で勝利しました。

スペイン戦、前半、後半のメンバーとフォーメーションについてご説明します。

ライン 区切り線

以下、『順不同』、『敬称』は省略してお届けします。
所属クラブチーム名は、2022年11月10日時点を参考にしております。

ライン 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 スターティングメンバー【前半】

2022年11月23日 スペイン戦 スターティングメンバー11名です。

GK

GK(ゴールキーパー)

権田修一(清水エスパルス)

DF

DF(ディフェンダー)

長友佑都(FC東京)
吉田麻也(シャルケ/ドイツ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)

MF/FW

MF/FW(ミッドフィールダー/フォワード)

田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
前田大然(セルティック/スコットランド)
守田英正(スポルティング/ポルトガル)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 フォーメーション【前半】

前半

ワールドカップサッカー カタール 森保ジャパン スペイン戦 前半

2022年12月1日 スペイン戦 前半 フォーメーションです。

3バック

フォーメーション 3-4-2-1

前田大然 

鎌田大地 久保建英

長友佑都 守田英正 田中碧 伊東純也

谷口彰悟 吉田麻也 板倉滉

権田修一

日本代表が親善試合カナダ戦の最後の方で使用したフォーメーションで、ドイツ戦、コスタリカ戦でも使用したフォーメーションです。負傷した選手など休ませ、メンバー構成を考えると、ベストメンバーに近い布陣ではないでしょうか。

前半、マークが外れることが多くなり、相手選手がフリーになるシーンもあって、そこをスペインに狙われる結果となり、スペインに先制を許してしまいました。

ここからが少しびっくりしたところですが、日本代表はこれまで、試合中に修正できなかったように思っていたのですが、このスペイン戦では、最終ラインとボランチの距離感などは修正を行いながら、試合をしていました。今までにはあまりみられなかった光景でした。すごいと思いました。修正することで、ずいぶんよくなり、そこまで、相手を脅威に感じなくなりました。

前半は、守備的にしていたので、得点を入れることはできませんでしたが、1失点で抑えることができたのは良かったと思います。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 交代メンバー【前半】

2022年12月1日 スペイン戦 前半 交代メンバー 0名です。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 ハーフタイム明け メンバー【後半】

2022年12月1日 スペイン戦 ハーフタイム明け 後半 メンバー11名です。

ハーフタイムで、OUT久保建英 → IN堂安律、OUT長友佑都 → IN三笘薫に交代しました。交代は2名です。

GK

GK(ゴールキーパー)

権田修一(清水エスパルス)

DF

DF(ディフェンダー)

吉田麻也(シャルケ/ドイツ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)

MF/FW

MF/FW(ミッドフィールダー/フォワード)

田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン/イングランド)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
前田大然(セルティック/スコットランド)
守田英正(スポルティング/ポルトガル)
堂安律(フライブルク/ドイツ)

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 ハーフタイム明け フォーメーション【後半】

後半

ワールドカップサッカー カタール 森保ジャパン スペイン戦 後半

2022年12月1日 スペイン戦 ハーフタイム明け 後半 フォーメーションです。

3バック

フォーメーション 3-4-2-1

前田大然 

鎌田大地 堂安律

三笘薫 守田英正 田中碧 伊東純也

谷口彰悟 吉田麻也 板倉滉

権田修一

ハーフタイムで、久保建英 → 堂安律、長友佑都 → 三笘薫に交代しました。

フォーメーションを変えてからの日本は、前半よりも少しだけディフェンス面は改善されたように思いました。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022年12月1日 スペイン戦 交代メンバー フォーメーション【後半】

2022年12月1日 スペイン戦 後半 交代メンバー 5名をすべて投入したときのフォーメーションです。

OUT久保建英 → IN堂安律
OUT長友佑都 → IN三笘薫
OUT前田大然 → IN浅野拓磨
OUT田中碧 → IN遠藤航
OUT鎌田大地 → IN冨安健洋

後半 5人交代後

ワールドカップサッカー カタール 森保ジャパン スペイン戦 後半交代後

5バック

フォーメーション 5-4-1

浅野拓磨 

伊東純也 守田英正 遠藤航 堂安律

三笘薫 谷口彰悟 吉田麻也 板倉滉 冨安健洋

権田修一

交代メンバー2人がピッチに立ってからの日本は、ハイプレスが効果が出始め、前田選手と鎌田選手と三笘選手が、ボールを奪いに行き、相手キーパーがけりだしたボールを伊東選手がヘディングし、そのボールを受けた堂安選手の豪快強烈ミドルで、相手キーパーの手をかすめましたが、ゴーーーーーーーーーーーーーーール。ワールドクラスのゴールでした。

その数分後、三笘選手の折り返しを田中選手が押し込み、ゴーーーーーーーーーーーーーーール。神ゴールです。

前線の前田選手は、日本代表のフォーワードの中では、一番、ハードワークをするので、前田選手の頑張りが、今の日本代表には必要だと思います。前田選手のスプリントは日本のスーパーストロングポイントです。

そのあとに、交代メンバーが3人がピッチに立つと、フォーメーションを5バックにし、より守備的な布陣にして、それほど危険なシーンもなく、守り切り、勝利!

森保監督の采配がずばり的中、日本は、2対1で、スペインに勝利。日本代表、すごいです。かっこいいです。

日本のハイプレス、前田選手と浅野選手のスピード、三笘選手と伊東選手のドリブルは、十分に世界で通用することが証明されたので、もっと、攻撃に時間を割いても良いと思いました。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

2022 FIFAワールドカップ カタール 本大会 森保ジャパンメンバー 26名

2022 FIFAワールドカップ カタール 本大会 森保ジャパンメンバー 26名です。

2022年11月10日時点を参考にしております。以降、欠場、追加招集などがあった場合、以下に含まれていない場合があります。

GK

GK(ゴールキーパー)

川島永嗣(RCストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー)

DF

DF(ディフェンダー)

長友佑都(FC東京)
吉田麻也(シャルケ/ドイツ)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)
伊藤洋輝(VfBシュツットガルト/ドイツ)

MF/FW

MF/FW(ミッドフィールダー/フォワード)

柴崎岳(CDレガネス/スペイン)
遠藤航(VfBシュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
浅野拓磨(VfLボーフム/ドイツ)
南野拓実(モナコ/フランス)
守田英正(スポルティング/ポルトガル)
鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
相馬勇紀(名古屋グランパス)
三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン/イングランド)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安律(フライブルク/ドイツ)
上田綺世(セルクル・ブルッヘ/ベルギー)
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
町野修斗(湘南ベルマーレ)※追加招集

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

ポイント

ポイントについて。

前半の3-4-2-1のフォーメーションは、悪くなかったのですが、人数をかけて守る中で、マークのずれがでて、そこを狙われ失点しました。

ドイツほどの猛攻撃がなかったので、日本はやりやすかったのではないでしょうか。

ハーフタイム明けに、堂安選手と三笘選手を投入し、攻撃のスイッチを入れ、見事、逆転し、その数後に、追加点というのは、十分すぎる内容だと思います。

欲を言えば、もう1点、2点は取れていたので、フィニッシュの精度だったり、ボールを受けたとに、ボールをロストしてしまうようなミスの部分をもう少し精度を上げなければベスト8は難しいと思います。

前半は、守るという気持ちが強すぎたのか、攻撃という面では物足りなさを感じましたので、もっと、前半から先制するくらいの気持ちがほしいなと思いました。

森保監督の采配がずばり的中、日本は、2対1で、スペインに勝利。日本代表、すごいです。かっこいいです。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

勝因

スペイン戦勝利の勝因について。

スペイン戦勝利の勝因
  • 猛攻撃を耐えしのぐ覚悟と備えができていた
  • 後半に選手を投入して攻撃のスイッチを入れるというのが効果的だった
  • 交代選手が役割を把握し、個の能力と団結力で得点を決めた
  • 森保監督のゲームプランが的中した
  • スペイン代表は、準備不足だった
  • 「相手を恐れる必要はない」「脆弱」「日本は敗退の可能性は高い」と日本代表を侮りすぎ、見下しすぎた

勝因は、『猛攻撃を耐えしのぐ覚悟と備えができていた』『後半に選手を投入して攻撃のスイッチを入れるというのが効果的だった』『交代選手が役割を把握し、個の能力と団結力で得点を決めた』『森保監督のゲームプランが的中した』『スペイン代表は、日本に負けるはずがないと侮り、準備不足だった』『「相手を恐れる必要はない」「脆弱」「日本は敗退の可能性は高い」と日本代表を侮りすぎ、見下しすぎた』です。

詳細については、次の通りです。

ライン3レッド新 区切り線

猛攻撃を耐えしのぐ覚悟と備えができていた

スペインの猛攻撃は想定できていたので、猛攻撃に耐えしのぐ覚悟と備えが監督と選手ともにできていた。

ただ、ドイツほど、強度もなく、猛攻撃もなかったので、守りやすかったように見えました。

ライン3レッド新 区切り線

後半に選手を投入して攻撃のスイッチを入れるというのが効果的だった

後半から、堂安選手と三笘選手を投入し、攻撃のスイッチをいれてからの日本は、攻め込むシーンができて、堂安選手の豪快強烈ミドルシュートと、三笘選手の折り返しを田中選手がゴールする幼馴染ゴールがあり、萌えました。

前半も攻撃にスイッチを入れたら、何とかなったと思うので、前半に1点先制するくらいの気持ちは持っても良いかなと思いました。

ライン3レッド新 区切り線

交代選手が役割を把握し、個の能力と団結力で得点を決めた

交代で出場し、ゲームに乗り、自分の役割を果たすのは容易なことではありませんが、交代した5人の選手(サムライブルー)は役割を把握するだけに留まらず、個の能力を最大限発揮し、団結力で得点し、ゲームを振り出しに戻し、その後、逆転することができたのは、選手全員の能力の高さと技術の高さと団結力があったからだと思います。

ライン3レッド新 区切り線

森保監督のゲームプランが的中した

森保監督が日頃から言っている『準備』が本当に行われていて、さまざまな状況に対応できるだけの準備ができていた。それを監督と選手が共有できていた。

ライン3レッド新 区切り線

スペイン代表は、準備不足だった

スペイン代表は、日本代表にサッカーで負けるはずがないと思い込み、十分な研究と準備ができていなかったのではないでしょうか。念入りな準備ができていた日本と、絶対勝てると思いすぎて準備を怠ったスペインの差が、如実に表れた試合でした。

ライン3レッド新 区切り線

「相手を恐れる必要はない」「脆弱」「日本は敗退の可能性は高い」と日本代表を侮りすぎ、見下しすぎた

スペインの国民のみなさまの多くは、サッカーで、『スペイン代表が日本代表に負けるなんてありえない』『スペイン代表が負けるはずがない』「相手を恐れる必要はない」「脆弱」「日本はグループリーグで敗退の可能性は高い」と思っていたと思います。日本代表のことを侮っていた、下に見すぎていた点があったと思います。

「楽勝」だと思っていたのだと思います。

日本代表の選手の多くはヨーロッパのクラブに所属し、しのぎを削り、日々、努力を重ねています。勤勉で、我慢強く、辛抱強いので、あのように『負けている試合』であっても、システムを理解し、個々の役割を理解し、団結力で逆転できたのではないでしょうか。

ちなみに、今回、アジアからは、日本、オーストラリア、韓国の3か国が決勝トーナメント(ノックアウトステージ)に進出しました。アジアを侮りすぎたのではないでしょうか。

現状は、まだまだ、世界の強豪国とは技術的な部分では差はあるかもしれませんが、着実に差は縮まっていると思いますし、日本は新しい扉を開き、素晴らしい景色を見せてくれました。日本代表の選手、監督、コーチ、関係者のみなさま、ありがとうございます。

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

総括

\ 『サッカー日本代表 タオルマフラー (エンブレム)』です。/
サッカー日本代表 タオルマフラー (エンブレム)
日本サッカー協会(JFA)
今治タオルブランド認定の高品質タオルマフラー

総括します。

スペインは、さすがに強かったです。個々の能力が高すぎて、私はテレビの前で悶絶していました。

個の能力をスペインの一流選手に近づければ、もっと、もっと、楽に勝てる日が来ると思います。

強豪国が相手の場合、フォーメーションは、かなり、慎重に検討する必要があり、日本が、3-4-2-1のフォーメーションにしたのは良いと思います。

選手をすべて投入してから、5バックに切り替え、5-4-1のシステムにしたのも良かったと思います。

スペインは、ヘディングシュートの1点のみでしたが、日本は、流れからの得点が2点です。

強豪スペイン相手に、2点取って、逆転し、勝利し、勝ち点3を得たのは、日本代表にとって、大きな自信になったと思います。

これまで、森保監督をさんざん批判してきた、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者、まずは、森保監督に、批判してきたこと、見下してきたことを謝罪してください。

そして、日本代表はスペインに勝てないと言ってきた、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者、まずは、日本代表に、批判してきたこと、見下してきたことを謝罪してください。

あと、日本代表をボロカスに言ってきたスペインメディア、反省し、日本代表に謝罪してください。

私は、スペインが好きで、スペイン旅行もしたことがあるのですが、今回の件で、スペインが嫌いになりました。金輪際、スペインには行きません。

サッカー日本代表の選手は、世界で十分に戦えています。世界クラスです。ワールドクラスのメンバーです。世界で通用しない、外国や日本の記者や解説者に批判してほしくないです。

日本の記者や解説者は、海外にちゃんと取材に行き、日々のトレーニング、試合を、観られていますか?取材もせず、トレーニングも観ず、試合も観ず、ただただ、コピペのような記事を掲載しても、そんな記事には価値などありません。新聞や雑誌の情報を頼りに、解説するなんて、最低です。そんな記事や解説には、なんの価値もないし、日本代表のように、世界で通用する活躍をしない人がモノを言うべきではないと思います。

まずは、記者も解説者も世界クラス、ワールドクラスになってください。自分で取材し、毎日の選手の様子をちゃんと、目で見て確認し、汗をかいて取材してください。

私は、日本代表の選手、監督、コーチ、スタッフのみなさまは、素晴らしいと思っています。

その一方で、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者は、予想は外しまくるし、選手がどれだけ努力し、練習を重ねているかもしらないで、評価だけ下す。私のような素人でも十分にできる簡単なことしかやっていない。たいしたことないですね、国内の記者や解説者、国外の記者や解説者は。。。

予想は『大外れ』なのだから、新聞や雑誌を購入した方に全額返金するくらいのことはしても良いと思います。

偉そうに言いたいなら、成長し、汗をかき、努力し、世界クラス、ワールドクラスの記者、解説者になってください。

日本代表(サムライブルー)最高でした!

私はこの先も日本代表をずっと応援します。

頑張れ日本!

ライン3レッド新 区切り線
ライン4新

まとめ

今日は、森保ジャパンのスペイン戦、見事な勝利についてお話しました。

関連記事はこちらをご参照になさってください。

間違っていたらごめんなさい。

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線
ライン4新

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線
au PAY マーケット
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン 区切り線
ライン5新 太線
タイトルとURLをコピーしました