人気記事はこちらです。

《ズバリお答えします》 日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

ズバリお答えします 日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由 さよなら新型コロナウイルス理由
スポンサーリンク

みなさんは、日本が新型コロナウイルス感染症に対応できていると思いますか? それとも、対応できていないと思いますか?

日本がこれほどまでに感染爆発し、医療崩壊しているのは、どうしてなのでしょうか!

入院や療養したくてもできない人がいるのは、どうしてなのでしょうか!

『日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由は何なのでしょうか?』

政治好きで新聞好きで、ファイナンシャルプランナーの私がズバリお答えします。

ライン3r 区切り線
今日は『日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由は何?』についてお話します。

  1. 《ズバリお答えします》 日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】
  2. 日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由
    1. 菅義偉総理は、目先のことだけ対応している
    2. 『迅速』『柔軟』の2つが欠如している
    3. 国民任せ
    4. 必要な法律がない、法整備をしない
    5. 新型コロナウイルス感染症を楽観視している。危機感がまったく感じられない
    6. 変異株を甘く見ている。対応しようとしていない
    7. 感染者が急増してから対応すればよいと思っている
    8. 「注視する」「様子をみる」といった発言が非常に多い
    9. コロナへの反応(リアクション)が遅い。先手ではなく、すべてが後手後手に回っている
    10. 菅総理や関係大臣のお言葉に思いやりや心を感じることができない
    11. 国会を開かない
  3. 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】
    1. 第10位【(編集)国立国際医療研究センター、大曲 貴夫】 目指せ 院内感染ゼロへ!国立国際医療研究センター(NCGM)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応マニュアル 目指せ 院内感染ゼロへ!
    2. 第9位【(編集)白石 訓、森坂佳代子】 大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症 もっと対応BOOK
    3. 第8位【武藤 義和】 新型コロナウイルスに対する 学校の感染対策
    4. 第7位【平畑 光一】 新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル
    5. 第6位【西浦 博、川端 裕人】 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    6. 第5位【岡 秀昭】 Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021
    7. 第4位【徳田 安春】 新型コロナウイルス対策を診断する
    8. 第3位【崎谷 満】 新型コロナウイルスにどう向きあうか
    9. 第2位【髙野ひろみ、武田聡子、 松尾晴美】 永寿総合病院看護部が書いた 新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの記録
    10. 第1位【河合 香織、河岡 義裕】 新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」
  4. まとめ
  5. おすすめ

《ズバリお答えします》 日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由【新型コロナウイルスのことがよくわからない方にもわかりやすく解説します】

日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由は何なのでしょうか?

さくら
さくら

菅総理ご本人がコロナを甘く見ている、楽観視しているから、対応できないのだと思う。

りん
りん

おじいちゃんだから、とにかく、迅速に対応できていない、先手が打てない、予防措置ができない、これでは感染症は防げるはずがない!

ゆいな
ゆいな

今後はラムダ株なども流行する可能性があるのに、次の変異株(ラムダ株)、その次の変異株への対策は、されていない。すでに、ラムダ株は、国内で確認されたので、広がるのは時間の問題だと思う。

シリーズ『ズバリお答えします。

新型コロナウイルス感染症の日本政府のコロナ対応について、『無策』『対応が遅い』『対応しきれていない』『対応が後手後手に回っている』と感じている方もいらっしゃると思います。その逆に、日本政府のコロナ対応は、『完璧』『言うことなし』『大成功』、という方は、一体全体どれくらいらっしゃるのでしょうか?

私の見解をご説明します。

日本がなぜ、これほどまでに新型コロナウイルス感染症への対応ができていないのか、それは、総理大臣や日本政府に問題があるからです。

ちなみに、私は特定の政党や団体を支持しているわけではありません。政府寄りでもないし、野党寄りでもないし、与党寄りでもありません。

日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由

日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由は、次の通りです。

  1. 菅総理は、目先のことだけ対応している
  2. 『迅速』『柔軟』の2つが欠如している
  3. 国民任せ
  4. 必要な法律がない、法整備をしない
  5. 新型コロナウイルス感染症を楽観視している。危機感がまったく感じられない
  6. 変異株を甘く見ている。対応しようとしていない
  7. 感染者が急増してから対応すればよいと思っている
  8. 「注視する」「様子をみる」といった発言が非常に多い
  9. コロナへの反応(リアクション)が遅い。先手ではなく、すべてが後手後手に回っている
  10. 総理や関係大臣のお言葉に思いやりや心を感じることができない
  11. 国会を開かない

菅義偉総理は、目先のことだけ対応している

菅義偉 総理 や 関係閣僚は、目先のことに対応していればそれで何とかなると思っている点は怖いところです。

先日、会見で菅総理は、次のように述べられました。

「まずは今の目先のことを解決に向かって全力でやるのが私の責務と思っています」

日本のトップが目先しか見ていなかったら、変異株をどう対応するのでしょうか?デルタ株でこのように悲惨な地獄絵図の状況なのに、ラムダ株にどう対応できるのか疑問です。

菅総理、早急にラムダ株対策をしておかないと、また、このような悲惨な状況になると思います。

何事においても同じことは言えますが、目先だけ考えていては何も対応できません。

目先だけ見て考えるのではなく、遠い先のことまで見て考え、直近、3か月、半年先、1年先、3年先などの計画などを考えて、指令を出さなければ、新型コロナウイルス感染症への対応はできないと思います。

目先だけの対応で、下の人を動かしても、全体の計画もわからないし、ゴールの見えないものに動くのは限界があります。

『迅速』『柔軟』の2つが欠如している

日本政府には、迅速、かつ、柔軟に対応するという部分が大きく欠如しています。

菅政権に限らず、安倍政権のころもそうですが、新型コロナウイルス感染症に対する、対応が、迅速、柔軟でないところです。これは、致命傷です。

本来ならば、感染者が増えつつあるときに、しっかりと抑え込んでおくことをすれば、休業も、時短も、緊急事態宣言もする必要などありません。

それを、今日までいっさいやってこなかったので、頻繁に緊急事態宣言が発令され、長期間、緊急事態宣言期間が続くのです。

放置していても、問題は解決しません。国民の判断に委ねていても、問題は解決しません。積極的に介入していく必要があります。

今の日本の状況、とくに、関東4都県については、災害レベルの状態です。医療現場は医療崩壊というか、壊滅的な危機です。このような状態になってしまうと、復旧までに多くの日時を要することになります。このような状態を招く前に、対策を講じて、感染者数を減らす取り組み、人流や密を減らす取り組みをするべきでした。日本政府の対応は、根本的に対策を大きく間違えていて、危機感の感じられないことだけをしきりにやっている印象です。

迅速さ、柔軟さというのは、おじいちゃん集団・高齢化の内閣では、難しいのかなと思います。もっと、反応が素早く、フットワークの軽い内閣でなければ、新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックには立ち向かうことはできないのではないでしょうか。

国民任せ

コロナ対応を国民任せにしている点です。

日本のようにコロナ対応を国民任せにしている国は、先進国では他にありません。他の国からみると、日本は無策で、無責任だという印象に見えると思います。

パンデミックなのに、国民任せにしてよいのでしょうか。国が率先して動かなければ、国民は動くことはできません。

国民の判断に任せるようなことは絶対にするべきではありません。

緊急事態宣言にしても、まん延防止等重点措置にしても、とどのつまり、国民の判断に委ねています。

『ちゃんと守ってね』

日本のやり方、すべてが、お願いレベルなんです。

パンデミックの感染症がそのようなことで対応できるはずがありません。

日本政府は幻想を描きすぎています。

パンデミックの感染症対策は、法律に基づいた強制力のある対策をすることが必要です。

このような対応をしていては、海外からみてもコロナ対応の日本の評価は絶対に上がることはありません。強制力持った措置でピタリと抑え込む方が、他の国から見ても安心できる対応に見えると思います。

必要な法律がない、法整備をしない

コロナに関する法律の中で、ロックダウンに関する法律がありません。また、その、法整備をするための準備もなされていません。

現時点では、ロックダウンするための法律はありません。そのような準備もされていません。議論もされていません。

なぜなら、菅総理は、たびたび、会見で逆切れするかのように、

「世界でロックダウンをする、外出禁止に罰金かけてもなかなか守ることができなかったじゃないですか」

と述べられます。

ロックダウンしてダメなのに、強制力のない緊急事態宣言をやるところが、今の日本政府のダメなところです。ダメっていっている対策よりも、さらにダメなものを国民に推し進めるなんて、どうかしています。

菅総理は、時折、言葉足らずになるので、意味不明なときがあります。ロックダウンについて、どこの国の、どの部分を言っているのかわかりかねます。

ロックダウンや外出禁止は、世界の多くの国で、新型コロナウイルス感染症を防ぐために行っていることですが、一定の効果はあります。効果がないとは言えないと思います。どこをどう切り取ったら、そう言えるの知りたいです。

ロックダウンや外出制限を行っている国の中でも厳しいところでは外出禁止を破ると捕まったりします。厳しくすることで、一定期間外出はできませんので、人流・密を抑えることができます。やり方次第で、一定の効果はあるし、守られると思います。ただし、ロックダウンを解除すると、どうしても、反動で感染者が増える傾向にありますが、やり方次第で感染者をコントロールすることは可能です。

ようするに、やり方だと思うのです。

私は菅総理が言っていることは、勘違いだと思います。ダメというならば、もっと具体的に説明をしてほしいです。

新型コロナウイルス感染症を楽観視している。危機感がまったく感じられない

菅総理や日本政府は、新型コロナウイルス感染症を楽観視しているように思えてなりません。危機感がまったく感じられないのです。

来月、再来月には、ワクチン接種が進み、この状況は改善するようなニュアンスのことを述べられていますが、昨年は10月あたりから感染者が急増して、そのまま年末年始を迎えました。

危機感を感じられません。適当なことしか言わない、場当たり的なことしか言わない、つじつまが合わないことを言うので、真剣に聞いても仕方がない、おじいちゃんの妄言だと思っています。

国民だって、本当に危機感を感じるような説明を受ければ、人流だって、密だって、軽減できると思うのですが、菅総理や日本政府の発言、対応を見ているとそうなれないというのが現状だと思います。

変異株を甘く見ている。対応しようとしていない

変異株を甘く見ているように思えます。変異株に対しての対策などもありません。

これは、本当に重症です。

菅総理は、変異株について、次のようなことを会見で述べられています。

アルファ株により感染者が急増して、緊急事態宣言を発令した際に、

「変異株の脅威」

デルタ株により感染者が急増して、緊急事態宣言を発令した際に、

「変異株の脅威」

と、アルファ株のときもデルタ株のときも判を押したような、録音でも事足りるような発言をされています。

信じられない発言でした。変異株の猛威については、昨年から言われていたことであり、今更、このようなことを言うこと自体、危機感、危機意識が低いことが証明できるような発言です。

デルタ株が脅威、猛威と言いながら、まだ、デルタ株への対応はできていません。新たな変異株である、ラムダ株が国内で確認されましたが、ラムダ株への対応もできていません。これでは、いくら、一部の業種に対して、休業要請や時短要請をしても、外(国外)から、変異株が入り放題なので、休業や時短している方や医療従事者がかわいそうです。あまりにも不公平で不平等です。

おそらく、ラムダ株により感染者が急増して、緊急事態宣言を発令するようになったら、

「変異株の脅威」

と述べられると思います。

感染者が急増してから対応すればよいと思っている

感染者が急増してから対応すればよいと思っている。

本来、感染が増え始めたら、そこで、感染抑制したり、人流・密を抑制して、感染が急増しないための取り組みをするのですが、これまで、日本では、そのような取り組みをまったくしていません。

放置です。

感染が急増し、いよいよどうにもならない状況になってから、『まん延防止等重点措置』『緊急事態宣言』などを発令するのですが、法的な強制力もないので、ただ発令しているだけにすぎません。

ただのアナウンスで終わっているのです。

感染者が増える前に、感染を抑制するということをしなければ、この先も、しばらくは、こんなすったもんだ状態を続けることになると思います。

「注視する」「様子をみる」といった発言が非常に多い

「注視する」「様子をみる」といった発言が非常に多いのです。

そもそも、パンデミックという未曾有の非常事態にも関わらず、「注視する」「様子をみる」など、危機感をまったく感じませんし、緊急性も感じません。

誤ったメッセージを発信しているので、国民はそれほど、危機感を感じていません。

注視する、様子をみるのではなく、すぐに対策を講じることが重要であり、注視する時間も・様子をみる時間もありません。とても緊急性を要する案件が新型コロナウイルス感染症です。それを理解できていないのが日本政府であり、菅総理です。

コロナへの反応(リアクション)が遅い。先手ではなく、すべてが後手後手に回っている

コロナへの反応(リアクション)が遅い。先手ではなく、すべてが後手後手に回っている。

菅総理がおじいちゃんで、閣僚も年齢層が高いので、反応が遅くなる、リアクションが遅くなるのは、仕方ないことかもしれませんが、そのせいで、日本は非常に危機的な状況を迎えています。医療現場は大変です。

どうして、先手を打たないのか、デルタ株、ラムダ株への対策を講じないのか理解できません。

何か発生し、極端に状況が悪くなって、手が付けられない状況まで放置してから、反応する。これでは、新型コロナウイルス感染症に対応することは難しいと思います。

菅総理や関係大臣のお言葉に思いやりや心を感じることができない

菅総理や関係大臣のお言葉に思いやりや心を感じることができない。

菅総理と安倍前総理との大きな違いは、表情です。

安倍前総理というのは、表情が良かったです。お言葉にも力がありました。

菅総理は、『目がイッている』ような表情で、まったく表情は変えず、不気味な表情で、ひたすら非情な物言いをする。

冷酷に感じるのです。

それでなくても、国民は困っているわけです。つらいのです。不安なのです。なのに、総理大臣があのような目つきで、非情な発言のオンパレードでは、国民は辟易します。

国会を開かない

このような非常事態にも関わらず、国会を開かないのは責任を放棄していることと同じです。

あまりにも無責任です。

国会議員のみなさんは夏休みを楽しんでいる暇などないはずです。

今の東京都は災害レベルです。

今の東京都の場合、新型コロナウイルスに感染してもすぐには診てもらえない状況です。一般の医療まで影響を及ぼしています。

東京都の場合、2021年8月17日時点で入院・療養調整中の人が1万人以上います。入院や療養が必要なのに、家で保健所からの連絡を待つ意外にない人がそれほどいるということです。いくら呼吸が苦しくなって救急車を呼んだとしても、入院先が見つからず、そのまま、家に戻るケースはテレビなどでも報道されています。

菅総理のいう安心・安全って、何なのでしょうか。

日本が、このような状況ですので、今は、冷静に判断をして、『遊びを延期する』『飲食の機会を延期する』『人と会うのを延期する』『ステイホームに徹する』『リモートワーク(在宅ワーク)にする』方向にもっていかないと、みんながみんな、やりたい放題やっていると、日本の明るい未来は程遠くなるだけ、経済がより一層停滞するだけなので、今の日本には国民の協力と団結が必要です。

ステイホーム、これにつきます。

家族と友人と大切な人を守るために、ステイホームです。

『日本は、このように感染が急拡大している状況下で、なぜ、ロックダウンしないの? ロックダウンするための法整備は出来ているの?』については、 こちら をご覧になってください。

『この先、日本のワクチン接種率が国民全体の8割に到達したとき、元の日常、コロナ禍以前の生活を取り戻せるの?』については、 こちら をご覧になってください。

日本のすべての国会議員や地方議会議員のみなさま、各政党のみなさまへ
国や地方や国民の役に立ちたいなら、路上飲酒によってポイ捨てされた、空き瓶や空き缶やゴミを毎日拾ってください。それぐらいやってもいいのではないでしょうか。感染者が増え医療機関が大変な思いをしています。医療機関で掃除のお手伝いをしたり、保健所でコロナ対応に当たっている方のお手伝いをするくらいやってもいいのではないでしょうか。国民の税金を無駄にしないでください。

これまでの新型コロナウイルスの記事については こちらをご覧ください。

合言葉
さよなら新型コロナウイルス感染症、sayonara COVID-19

『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本のランキングベスト10【2021年版】

『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10を第10位からご紹介します。

10作品を選んだポイントは以下の通りです。以下のポイントの1つ、ないしは、複数を含んだ作品を中心に選んでいます。

  1. 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本
  2. 買って良かった
  3. 読んでよかった
  4. 人にもおすすめしたい
  5. その他

上記のいずれかのポイントを含んだ作品を中心にランキングにしました。

記事の内容は、2021年8月17日時点の内容です。

以下の一部は、敬称略でご紹介します。

ライン 区切り線

第10位【(編集)国立国際医療研究センター、大曲 貴夫】 目指せ 院内感染ゼロへ!国立国際医療研究センター(NCGM)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応マニュアル 目指せ 院内感染ゼロへ!

ランキング 第10位

目指せ 院内感染ゼロへ!国立国際医療研究センター(NCGM)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応マニュアル 目指せ 院内感染ゼロへ!

タイトル名:目指せ 院内感染ゼロへ!国立国際医療研究センター(NCGM)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応マニュアル 目指せ 院内感染ゼロへ!
編集:国立国際医療研究センター、大曲 貴夫
出版社:‎ 南江堂

ライン3r 区切り線

第9位【(編集)白石 訓、森坂佳代子】 大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症 もっと対応BOOK

ランキング 第9位

大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症 もっと対応BOOK

タイトル名:大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症 もっと対応BOOK
編集:白石 訓、森坂佳代子
監修:西口幸雄
出版社:照林社

ライン3r 区切り線

第8位【武藤 義和】 新型コロナウイルスに対する 学校の感染対策

ランキング 第8位

新型コロナウイルスに対する 学校の感染対策

タイトル名:新型コロナウイルスに対する 学校の感染対策
著者名:武藤 義和
出版社:丸善出版

ライン3r 区切り線

第7位【平畑 光一】 新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル

ランキング 第7位

新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル

タイトル名:新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル
著者名:平畑 光一
出版社:宝島社

ライン3r 区切り線

第6位【西浦 博、川端 裕人】 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

ランキング 第6位

理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

タイトル名:理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
著者名:西浦 博、川端 裕人
出版社:‎中央公論新社

ライン3r 区切り線

第5位【岡 秀昭】 Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021

ランキング 第5位

Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021

タイトル名:Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021
著者名:岡 秀昭
出版社:中外医学社

ライン3r 区切り線

第4位【徳田 安春】 新型コロナウイルス対策を診断する

ランキング 第4位

新型コロナウイルス対策を診断する

タイトル名:新型コロナウイルス対策を診断する
著者名:徳田 安春
出版社:カイ書林

ライン3r 区切り線

第3位【崎谷 満】 新型コロナウイルスにどう向きあうか

ランキング 第3位
トロフィーと月桂樹no3

新型コロナウイルスにどう向きあうか

タイトル名:新型コロナウイルスにどう向きあうか
著者名:崎谷 満
出版社:昭和堂

ライン3r 区切り線

第2位【髙野ひろみ、武田聡子、 松尾晴美】 永寿総合病院看護部が書いた 新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの記録

ランキング 第2位
トロフィーと月桂樹no2

永寿総合病院看護部が書いた 新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの記録

タイトル名:永寿総合病院看護部が書いた 新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの記録
著者名:髙野ひろみ、武田聡子、 松尾晴美
出版社:

ライン3r 区切り線

第1位【河合 香織、河岡 義裕】 新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」

ランキング 第1位
トロフィーと月桂樹no1

新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」

タイトル名:新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」
著者名:河合 香織、河岡 義裕
出版社:文藝春秋

ライン3r 区切り線

まとめ

日本が新型コロナウイルス感染症に対応できない理由についてと、『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)』『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)』などがテーマの本の中で、読んで良かった・買って良かったと思えるおすすめの本ランキングベスト10をご紹介しました。

本を選ぶときの参考になると幸いです。

おすすめ

おすすめのECサイト(インターネットショッピングサイト、ネット通販サイトなど)、おすすめのページをご紹介します。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

新着記事を掲載しました。

ライン 区切り線

ライン 区切り線

イオンショップ

au PAY マーケット

ライン3r 区切り線

ライン 区切り線

ライン 区切り線

ライン3r 区切り線

タイトルとURLをコピーしました