人気記事はこちらです。

2019年に発売された作品を中心にした日本文学のランキングベスト100【今年1年の買って良かった本、読んで良かった本、面白かった本、最高の本、おすすめの本】

女性 読書 本ランキング
スポンサーリンク

クリスマス2019特集、日本文学のランキング編。

 

私

クリスマスにおすすめのモノがあるんです。

これから、クリスマスの時期や冬休み・お正月休暇におすすめの本をご紹介します。

今年も11月に入りましたので、クリスマスも来月となり、年末もあっという間に訪れそうですね。毎年、そんな話をしながら、あっという間にお正月休みが終わるような感じで過ごしています。

私は、本を読むのが大好きで、紙の書籍、電子書籍で、いろいろなジャンルの作家さんの作品を楽しんでいます。

その中でも良く読むのが、小説、ビジネス書、経済書、コミックスです。

休みの日に時間があると、小説なら1日2冊~3冊読むときもあります。平日でも何かしらの本を1冊読んでいます。

クリスマス2019に、おすすめしたい日本文学・小説の選りすぐりをランキングにまとめてみました。2019年に発売された作品を中心に、私が買った書籍・電子書籍の中で、日本文学・小説のジャンルより、買って良かった本、読んで良かった本、面白かった本、最高の本などを中心にしたおすすめです。2019年以外の発売日があるかもしれませんが、できるかぎり2019年に作品として発売されたものを選んでいます。2019年が終わった時点で、改めて、ランキングを更新します。若干変更があるかもしれませんがお許しください。これからお読みになられる方のために内容は割愛します。

私が第1位に選んだのは江國香織先生の『彼女たちの場合は』です。江國先生の作品は大好きで、久しぶりの長編小説だったので、ワクワクドキドキしながら1ページ1ページ読みました。完璧という言い方は江國先生に失礼にあたると思いますが、それほど、内容が素敵で圧巻されました。脱帽です。2019年11月現在で、映画化やドラマ化などの情報はないようですが、ぜひ、映像化してほしい作品です。映像だとどんなふうに表現されるのか楽しみです。第2位は加藤正人先生の『凪待ち』、第3位は吉本ばなな先生の『吹上奇譚 第二話 どんぶり』です。

クリスマス、冬休み、年末年始の休暇にまだ読む本を決めていないあなた、まずはランキングを見てください。綿矢りさ先生の『生のみ生のままで』も良かったです。

今日は日本文学のおすすめランキングについてお話します。目次は、open、closeできます。

クリスマス2019特集 日本文学のランキングベスト100【買って良かった・読んで良かった・おすすめ日本文学・小説】

クリスマス2019特集 日本文学のランキングベスト100をご紹介します。
私が2019年に買って読んだ本、電子書籍で読んだ作品の中で、買って良かったと思える本、読んで良かった思える本、実に面白かった(内容が最高だった)本などを中心にランキング形式でご紹介します。

ネタバレ感想について

第1位 彼女たちの場合は 江國 香織 (著)

トロフィーと月桂樹no1

第2位 凪待ち 加藤正人 (著)

トロフィーと月桂樹no2

第3位 吹上奇譚 第二話 どんぶり 吉本 ばなな (著)

トロフィーと月桂樹no3

第4位 夏の騎士 百田 尚樹 (著)

第5位 むらさきのスカートの女 今村夏子 (著)

第6位 夏の呼吸 藤澤仁 (著)、典樹 (イラスト)

第7位 永遠の片隅で君と 園田 裕彦 (著)

第8位 マネーマッド 岸 正龍 (著)

第9位 夢も見ずに眠った。 絲山秋子 (著)

第10位 まつらひ 村山 由佳 (著)

第11位 ノーサイド・ゲーム 池井戸 潤 (著)

第12位 生のみ生のままで 綿矢 りさ (著)

上巻

下巻

第13位 運転者 未来を変える過去からの使者 喜多川 泰 (著)

第14位 残りものには、過去がある 中江 有里 (著)

第15位 ニムロッド 上田 岳弘 (著)

第16位 駒音高く 佐川 光晴 (著)

第17位 父と私の桜尾通り商店街 今村 夏子 (著)

第18位 偶然の聖地 宮内 悠介 (著)

第19位 奇跡は段ボールの中に かのう ゆき (著)

第20位 夜はおしまい 島本 理生 (著)

タイトルとURLをコピーしました