人気記事はこちらです。

ザ・嫌われ者!みんなから嫌われる人の10の特徴【嫌われ者のみなさんは必見です。あなたが人から心底嫌われる理由はココにある】

駄目 女性 ばつその他もろもろの
スポンサーリンク
  1. 嫌われ者って?
  2. ザ・嫌われ者!みんなから嫌われる人の10の特徴【嫌われ者のみなさんは必見です。あなたが人から心底嫌われる理由はココにある】
    1. 1 人の話を聞かずに自分の話だけをする
    2. 2 人の悪口や陰口しかしない
    3. 3 否定しかしない
    4. 4 コンビニや飲食店やガソリンスタンドの店員さんに対して横柄な態度をしたり、乱暴な言葉遣いをする
    5. 5 一緒に食事をしているのにスマホの画面を見ている
    6. 6 自慢話が多い、武勇伝など 昔話
    7. 7 嘘、妄想
    8. 8 自分が悪いのに自分を正当化する
    9. 9 無神経で言葉や態度で人を傷つける
    10. 10 自分が良ければ人に対して何をしても構わないと思っている
  3. まとめ
  4. セクハラに関する本のおすすめ10選
    1. 1 現場で役立つ! セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方 鈴木 瑞穂(著)
    2. 2 図解とQ&Aでわかる セクハラ・パワハラ・マタハラをめぐる法律とトラブル解決法130 (すぐに役立つ) 加藤知美(監修)
    3. 3 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く―こじらせない! 職場ハラスメントの対処法 野原 蓉子(著)
    4. 4 ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10) 佐々木 亮(著)、新村 響子(著)、宮里 邦雄(編集)、徳住 堅治(編集)
    5. 5 改訂 予防・解決 職場のパワハラ セクハラ メンタルヘルス マタハラ・アカハラ・ストレスチェック・使用者責任・労災・防止対策・復帰支援 水谷 英夫(著)
    6. 6 セクハラ・パワハラ読本: 職場のハラスメントを防ぐ 君嶋 護男(著)、北浦 正行(著)
    7. 7 しない・させない・まねかない セクハラ・パワハラ 岡田 康子(著)、木村 節子(著)
    8. 8 セクハラ・パワハラは解決できる! ~民事調停という選択肢~ 神坪 浩喜(著)
    9. 9 判例で理解する職場・学校のセクハラ・パワハラ 吉川 英一郎(著)
    10. 10 まだある!職場のセクハラ・パワハラ 和田 順子(著)
  5. おすすめの記事

嫌われ者って?

まずはじめに、注意点
この記事では、本文中、「嫌われ者」「嫌われ者の完全体」という表現をしておりますが、このような日本語が最適と判断したため、「嫌われ者」という表現を使用しております。不快に感じられる方や、そのような言葉が苦手な方は、この記事を読まれないことを強くおすすめします。でも、このような人間がいるからこそ、私はあえて記事にしているのです。

みなさんの周りに嫌われ者って、いませんか?

実は、ここだけの話、私の周りにも嫌われ者がいるのです。嫌われ者の完全体と言った方が良いのかもしれません。

嫌われ者には、共通点があるのです。そんな嫌われ者の共通点をお話ししたいと思います。今日は嫌われる人の10の特徴と2つの対応策についてです。

お願い
この記事『ザ・嫌われ者!みんなから嫌われる人の10の特徴【嫌われ者のみなさんは必見です。あなたが人から心底嫌われる理由はココにある】』という記事に少しでも共感していただけたり、同じようにお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この記事を#拡散してほしいです。多くの方に知っていただきたいです。そして、嫌われ者のせいで困るような人がゼロの世の中にしたいです。私は私なりに知っていることを記事にして、できるだけ多くの方に発信したいです。みなさまのご経験や知識などを今後、追記という形で、この記事に反映していけたらと考えています。よろしくお願いします。#拡散希望

ザ・嫌われ者!みんなから嫌われる人の10の特徴【嫌われ者のみなさんは必見です。あなたが人から心底嫌われる理由はココにある】

嫌われ者って、こんなヤツ!みんなから嫌われる人の10の特徴です。

ザ・嫌われ者の特徴です。

できることなら関わりたくない人の特徴です。世の中には人の心を失った酷い人もいるのです。

1 人の話を聞かずに自分の話だけをする

自己中心的な人の特徴でもあります。
この類の人は、自分が話しをするのが好き自分が会話の主導権を握りたい共感力が極めて低い理解力がないなどです。

相手の話を聞くことよりも自分の話を最優先にします。たとえ、相手が話していても、その話を遮ってでも自分の話に切り替えたり、相手が話しているときはまったく聞く耳を持たず、明後日の方向を向いたり、スマホを見たりします。

自分の話を終えると、このようなタイプは相手の話などまったく興味がないので、自分がやりたいことに集中します。人の話に共感ができないので、人の話にはまったく興味を示しません。

会話の主導権は自分のものだと思っています。ですから、自分が中心となり会話をするのです。

人の話を最後まで聞かない、話の途中なのに自分の話に切り替えたり、人の話の一部のキーワードや文言だけを切り取って、他の話題に変えて自分が会話の主導権を握る。こんな人はいませんか?

自己中心主義、自分本位、唯我独尊、利己主義、人を見下している、自分第一、無神経の人に共通する特徴です。

コミュニケーションスキルの低い人にも多い特徴です。

2 人の悪口や陰口しかしない

グループの中や仲間内で、会社の人の悪口や陰口を言ったり、友人や知人の悪口や陰口ばかりを言う人がいます。

僻み(ひがみ)、嫉み(そねみ)、妬み(ねたみ)、辛み(つらみ)の類などを悪口や陰口に込めるわけです。

人よりも自分が優位に立ちたい、人よりも自分ができる人であることを誇示したいのです。

人と自分を比較ばかりしている人にもこの手のタイプは多いです。つまり、自分に自信がないのです。比較しては相手を悪く言って、自分を少しでも良く見せて満足するのです。

周りの人も自分の悪口や陰口に参加をしていると思っている人が多いのですが、実は、周りの人は空気を読んでいるだけです。その場の雰囲気を悪くしたくはないので、話を合わせているという場合もときにはあるのです。しかし、このように悪口や陰口を言う人は、みんな私の意見に賛成で、みんな仲間だと思っているのです。

人のことを悪くいうことしかできない卑怯な人間の特徴でもあります。

3 否定しかしない

必ず否定から入る人って周りにいませんか?

まず、否定するのです。

例えば、自分の意見や考えを伝えたときに、「いやー」、「でもー」、「でもね」、「違うな」、「ちげーよ」、「いや、いや、いや」など、会話をする前から、いきなり否定したり、首を傾げたり首を振って、態度で否定するケースもあります。

「いやー、違う。そうじゃない、まあ俺の話を聞けよ、馬鹿野郎」

いきなり全否定から話を始めるのです。このようなタイプは、自分の考えはないけれど、とりあえず否定してみる、考えを持っている人を嫉妬している、相手よりも自分が上なんだということを誇示したい場合があります。

自己主張したい、自己顕示欲が強い、人に認められたい、人より上に立ちたい、自分が優位に立ちたい人に共通する特徴です。

4 コンビニや飲食店やガソリンスタンドの店員さんに対して横柄な態度をしたり、乱暴な言葉遣いをする

私は学生時代にいろいろなアルバイトを経験しました。その中には、コンビニや飲食店の経験もあります。

私が経験した中で、すごく嫌だった経験は、とにかく店員である私に対して、言葉が荒いのです。ちなみに、私はそれらの嫌われ者(卑怯な人間)とは初対面ですし、嫌なことをしたわけでも、嫌な顔をしたわけでもありません。いつもと変わらない接客でした。

コンビニで私が経験した一部の例

仏頂面で私がいるレジのところにきて、買い物かごを「ドン」と置いた直後に、
「おせーよ、早くしろよ、ボケ」

といきなり言うのです。何が遅いのか私には理解できませんでしたが、私はすぐにレジ打ちをしましたが、レジ打ちの最中も、

「早くしろよ、〇〇□□」

舌打ち、舌打ち、舌打ち、

「ふざけるなよ〇〇□□」

暴言と罵りと卑劣な言葉と舌打ちの連発でした。

〇〇□□の部分は、書くことは控えましたが、大変ひどく汚い言葉(卑劣な言葉)です。人として、言ってはいけないような言葉です。

そのお客様(嫌われ者、かつ、卑劣な人間)が差し出した買い物かごには、山盛りのてんこ盛りの商品が入っていて、お弁当とお惣菜も入っていたので、温めの作業もありましたので、それなりにレジ打ちとサッカー(袋詰め)に時間を要しました。忙しい時間帯でしたので、私は一人で対応しておりました。それでも、温めもありましたが、4~5分程度で商品をお客様(嫌われ者)に渡すことはできたのです。

私が100%完璧な接客をしたとは言いません。しかし、私は、常に笑顔を心がけましたし、嫌な表情はしませんでした。できるかぎりスムーズに対応できるように努力をしました。「常に笑顔」と言うのが、その店の基本でもありましたので、基本に忠実に接客をしたつもりです。

しかし、山盛りのてんこ盛りの買い物かごでしたので、4~5分程度は私の中では及第点だと思いました。お弁当とお惣菜の温めがなければ、もう少し早くサッカー(袋詰め)をしてお客様(嫌われ者、かつ、卑劣な人間)に商品を手渡せたと思います。

私はまじめに接客をしておりましたし、何一つ嫌な顔をしませんでした。常に精一杯の対応をしたつもりです。このような店員に対して、暴言や罵りがあってよいのでしょうか?店員は、何を言われても耐えなければならないのでしょうか?

このように、ひどい言葉で罵られたり暴言を吐かれたり、脅しのような文言を言われたり、舌打ちされたり、そんな経験はアルバイト経験の中で何度かしたことがあります。

私はそのような経験もあるせいか、コンビニや飲食店などを利用した際に、このような横柄な態度をしたり、乱暴な言葉遣いをする人を見つけたときは、必ず、仲裁に入るようにしています。店員さんは、悪気があって接客している人はいないのです。大多数のお店の店員さんは、丁寧に接客をしているにも関わらず、屑の客に横柄な態度をとられたり、乱暴な言葉遣いをされたり、罵られたりするわけです。

そんな理不尽なことがまかり通ってしまうことが許せないので、そんな現場を見かけたら、私は仲裁に入り、ときには、そのお客様(嫌われ者、かつ、卑劣な人間)に、注意をするようにしています。ときに口論になることもありますが、そんなことを恐れるよりも、悪いことは悪いと、嫌われ者にはっきりと言い示すこともときに必要だと思うのです。

自分が客の立場なら何をやってもいいわけではありません。

しかし、お店側では、そんな屑や下衆が客として現れたからといっても、お店側で対処できることは本当に限られるので、そんな現場に出くわした人が、それを指摘し、そのようなことを止めさせる必要があると思うのです。

店員さんは、どのように乱暴な言葉遣いをされても、どんなに罵られても、抵抗したり、反抗したりできない、弱い立場の人なのです。弱者です。このような弱者に対して、横柄な態度をとったり、乱暴な言葉遣いをしたりするような人は、人として最低です。

飲食店などでは、利用時間がコンビニよりも長いため、さらにひどい状況もあります。全国の飲食店の方で、そんな嫌われ者が来店して、ひどい目にあっているお店をあると思います。

お店の人にお願い。客は、お店を選ぶ権利があります。同様に、店は客を選ぶ権利があります。乱暴な客や横柄な客に対しては、「入店を禁ずる」「来店拒否」「今後の入店はお断り」という対策を講じても良いのです。お店側は、どんな酷いことでも我慢しなければならないわけではありません。人として最低の行為をする人間には、「入店を禁ずる」「来店拒否」「今後の入店はお断り」すればよいのです。悪いのは、お店でなく、このような人間です。

5 一緒に食事をしているのにスマホの画面を見ている

一緒に食事をしているのに、スマホの画面ばかり見ている人っていませんか?

私が経験したのは、食事を誘ってきたのに、その人はずっとスマホを見ているのです。自分からは何も話そうとしないのです。食べるときだけ顔をあげるのですが、それ以外は下を向いているのです。でも、私が食事を誘ったわけではなく、私は誘われたのです。

私と話をしたくないなら誘わなければいいことですし、私が嫌いなら誘わなければいいのです。

私の知人が経験したこと、お話しできる範囲内でお話しをさせていただきますと、私の知人が後輩にお茶に誘われたので、一緒にお茶をしたとき、その後輩は、一緒にいる間、自分からはいっさい話をしなかったそうです。知人は自分だけ話をするのはよくないので、話の機会を与えようとしても、下を向いてスマホの画面とにらめっこしているのです。後に知人から聞いたのですが、その後輩というのは、人と待ち合わせをしていて、待ち合わせまで時間があったので、暇つぶしに私の知人を呼んだみたいです。相槌を何度かしただけで、小一時間の間、その後輩から何か話をするようなことはなかったそうです。小一時間、ずっと、スマホの画面を見ていたそうです。

みなさん、食事のときやパーティーのときにスマホばかり見ていると、知らないうちに人に嫌われていることがあります。注意してください。

6 自慢話が多い、武勇伝など 昔話

自分の自慢、昔の話、武勇伝など、とにかく自慢が多い。

多いケースは、購入した車の自慢、株やFXで1日でいくら儲けた、学歴を自慢、私はあの有名人とつながりがあるとか、知り合いだとか、若い頃はモテた、バレンタインデーにチョコレートを100個もらった、特技で賞を受賞したなど、なにかと自慢が多いのが特徴です。

さりげなく自慢を話に入れてくるような強者もいます。

7 嘘、妄想

嘘が多い。嘘しか言わない。妄想のような話をする。現実の話なのか、夢や妄想の話をしているのか理解できない人がいます。

とにかく嘘や夢物語でも言って注目を浴びたい、相手に自分がすごいことを認めさせたいなどです。

自分が言った嘘に辻褄があっていなくても、まったく気にもしないのがこの手のタイプです。辻褄があっていないことを指摘しても、

「前に言っていたことと違うけれど、なんで?」

いや、違う、違う、そういう意味じゃないから

と、辻褄があっていないことを決して認めたりしません。

嘘に嘘をつくのです。嘘に嘘を重ねるのです。

つまり、嘘の塊の人間なのです。嘘に嘘をつくような人間です。そんな人生で楽しいのか不思議に思うことがあります。

8 自分が悪いのに自分を正当化する

自分が悪いことはけっして認めたくないのです。

自分自身が一番正しいと思っていますので、相手からどれだけ指摘されても、自分を正当化しようとします。

自分で責任をとりたくないので、人に責任を転嫁する。どれだけ自分が間違えていても、筋道などは通らなくても、まず、自分は悪くないことをアピールする。

この手のタイプは、先に説明した「否定しかしない」人と共通します。

テレビでも良く目にするのは、警察のドキュメンタリー番組で、スピード違反した人が白バイ隊員に言い訳をするシーンです。みっともないです。人として恥です。自分がスピード違反しているのに、言い訳してどうなるものでもありません。法律は法律、規則は規則です。それを守れないなら運転する資格はありません。スピード違反を白バイ隊員に注意されたら、まず、謝るのが人としての努めです。悪いことをして謝らない、謝らないだけでなく自分を正当化しようと「言い訳」をする。人としてみっともない行為ですし、日本人の恥をされしているようにしか思えません。このような映像は、動画サイトなどで世界中に流れるわけです。日本人が日本の恥をさらして、それで良いのでしょうか?

仕事をしていてよくあることですが、「日時」を知らせているにも関わらず、「聞いていない」とか「知らない」とか「私は悪くない、きちんと伝えないあなたに責任がある」とか、言う人がいます。説明しても聞いていないに、自分を正当化しようとするのです。

このような人が仕事関係にいるなら、「口頭」でまず大切なことを伝えて、口頭で伝えた内容を紙に書いたものを手渡し、その直後に、同様のメールを送って、必ず、メールの内容を読んだか、確認を取るようにすると、「口頭」「書面」「メール」の3つの方法で同時に同じことを伝えることができるので効果的です。実際に、私は実践しています。

いっけん、諄いようにも見えるかもしれませんが、「日時」「内容」が伝わらずに仕事が台無しになるよりもよほどマシだと思います。

とどのつまり、自分は何もできないから、「批判」「否定」をして、それで「ストレス解消」「自分が上であることを誇示」しているのです。

9 無神経で言葉や態度で人を傷つける

相手の気持ちなどまったく気にせず、言いたいことを言う。それがどれだけ人を傷つける言葉であっても気にしない。無神経がゆえにできる行為なのです。

自分が人を傷つけているいう自覚もなく、人にそのことを指摘されても、「どうして、それで傷つくの」「だから、なに?」程度にしか思っていません。その程度の言葉や態度で傷つく方が悪いと思っています

パワーハラスメント(パワハラ)、モラルハラスメント(モラハラ)、セクシャルハラスメント(セクハラ)、ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)、アカデミックハラスメント(アカハラ)、ドクターハラスメント(ドクハラ)などには、この無神経な人間が関係していることがあります。普通の神経(正常な人間)なら、このようなハラスメント行為はできません。無神経だからできる行為でもあるのです。

悪気があって言っているのではない場合もときにありますが、悪気がなければ何も言ってもいいという問題ではありません。

このような人に自分の人生を左右するくらい重要な話をしても、「馬鹿らしい」「たいしたことではない」「なにそれ?」「くだらない」など、まったく重要な話とはとらえず、次の話に切り替えてしまいます。

10 自分が良ければ人に対して何をしても構わないと思っている

自分だけは何をしても許される。自分だけは何をしても構わないと思っている。

こんな下衆は、本当にいるの?

と思われるかもしれません。そう思われる方は、幸せな環境で過ごされている方いい人ばかりの環境にいるのだと思います。そんな下衆が実際にいるのです。

この手のタイプは、とにかく自分が「殿様」「王様」「トップ」という考え方です。

ヒエラルキーのトップに自分がいると思っていて、ヒエラルキーの底辺にいる人やヒエラルキーにも入らないような人のことを人としてではなく、ものとして扱うのです。

このような人に何か物申しても、「だからなに?」「文句ある?」「嫌なら消えて」など、自分がしたことは、気にもせず、相手を服従させるのです。

すぐにキレる人、物言いが悪い人の中に多く見られる傾向です。

こんなことは許されていいはずはありません。こんなことをする人として最低です。

まとめ

「このような人間を改心させる」、「嫌われ者のせいで人が傷つかないようにする」、「このような目にあうことないような世の中にする」ことだと思います。

「このようなことを目撃したら注意する」など、対応することを検討するべきだと思います。

この記事が参考になるなら、できる限り多くの方に読んでいただき、参考にしていただきたいと思います。嫌われ者は、自分では気がついていないケースが多いのです。

悪いことは「悪い」駄目なことは「ダメ」と、はっきり言う必要があると思うのです。もし、一人で言うのは戸惑う場合には、大勢で言う、弁護士などの専門家に頼るなどされるのもよいのではないでしょうか。

行動に移さない限り、現状は変わりません。

私は、このような人には今後も立ち向かっていきます。

社会的に弱い立場の人間に、ひどいことを言ったり、酷い態度をしたり、暴言を吐いて、それで、自分はかっこいい、素敵だと思っているのですか?

もし、そうなら、あなたは、嫌われ者の完全体確定です。

お願い
この記事『ザ・嫌われ者!みんなから嫌われる人の10の特徴【嫌われ者のみなさんは必見です。あなたが人から心底嫌われる理由はココにある】』という記事に少しでも共感していただけたり、同じようにお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この記事を#拡散してほしいです。多くの方に知っていただきたいです。そして、嫌われ者のせいで困るような人がゼロの世の中にしたいです。私は私なりに知っていることを記事にして、できるだけ多くの方に発信したいです。みなさまのご経験や知識などを今後、追記という形で、この記事に反映していけたらと考えています。よろしくお願いします。#拡散希望

セクハラに関する本のおすすめ10選

セクハラに関する本のおすすめ10選をご紹介します。セクハラは最低行為です。この世の中から、セクハラを根絶させましょう。

1 現場で役立つ! セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方 鈴木 瑞穂(著)

2 図解とQ&Aでわかる セクハラ・パワハラ・マタハラをめぐる法律とトラブル解決法130 (すぐに役立つ) 加藤知美(監修)

3 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く―こじらせない! 職場ハラスメントの対処法 野原 蓉子(著)

4 ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10) 佐々木 亮(著)、新村 響子(著)、宮里 邦雄(編集)、徳住 堅治(編集)

5 改訂 予防・解決 職場のパワハラ セクハラ メンタルヘルス マタハラ・アカハラ・ストレスチェック・使用者責任・労災・防止対策・復帰支援 水谷 英夫(著)

6 セクハラ・パワハラ読本: 職場のハラスメントを防ぐ 君嶋 護男(著)、北浦 正行(著)

7 しない・させない・まねかない セクハラ・パワハラ 岡田 康子(著)、木村 節子(著)

8 セクハラ・パワハラは解決できる! ~民事調停という選択肢~ 神坪 浩喜(著)

9 判例で理解する職場・学校のセクハラ・パワハラ 吉川 英一郎(著)

10 まだある!職場のセクハラ・パワハラ 和田 順子(著)

おすすめの記事

この記事をお読みになられた方は、こちらの記事も読まれています。

タイトルとURLをコピーしました