人気記事はこちらです。

6日午前3時8分ごろ、北海道の厚真町で震度7を観測する地震がありました。気象庁の会見で「震央」という表現を多用されておりました。「震央」って何?

震源と震央についてその他もろもろの
スポンサーリンク

6日午前3時8分ごろ、北海道で震度7を観測する地震がありました。

 

私

今日は、地震の用語についてです。

 

今日は、震央という言葉についてお話しします。

  1. 6日午前3時8分ごろ、北海道の厚真町で震度7を観測する地震がありました。気象庁の会見で「震央」という表現を多用されておりました。「震央」って何?
  2. インターネットでライフラインの情報の入手の仕方と注意点
  3. まとめ
  4. おすすめのヘルメット
    1. 国家検定品 ヘルメット アメリカンタイプ SS-100型AJZ(発泡スチロール入) ホワイト FS-100AJ ホームクオリティ
  5. おすすめの防災セット
    1. 防災セット2人用 地震対策30点避難セットplus(2人用セット ホワイト) 防災防犯ダイレクト
  6. おすすめのポータブルラジオ
    1. ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99 : FM/AM/ワイドFM対応 手回し充電/太陽光充電対応 シルバー ICF-B99 S ソニー(SONY)
  7. 地震(火山、防災などを含む)に関する本の中でおすすめの本ランキングベスト30【2018年9月版】
    1. 第1位 次の震災について本当のことを話してみよう。 福和 伸夫 (著)
    2. 第2位 科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE) 山賀 進 (著)
    3. 第3位 池上彰とメ~テレが真剣に考える 南海トラフ巨大地震から命を守れ! 池上 彰 (著)
    4. 第4位 天災から日本史を読みなおす – 先人に学ぶ防災 磯田 道史 (著)
    5. 第5位 自衛隊防災BOOK マガジンハウス (編集)、自衛隊/防衛省協力 (その他)
    6. 第6位 フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 藤岡 換太郎 (著)
    7. 第7位 4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック 草野かおる (著)、渡辺 実 (監修)
    8. 第8位 クロワッサン特別編集 [最新版]女性目線で備える防災BOOK
    9. 第9位 モノ・マガジンの防災ぶくろ
    10. 第10位 被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40 アベ ナオミ (著)
    11. 第11位 地震がおきたら 畑中弘子 (著)、かなざわまゆこ (イラスト)、谷敏行 (その他)
    12. 第12位 地震学 (現代地球科学入門シリーズ) 長谷川 昭 (著)、西村 太志 (著)、佐藤 春夫 (著)
    13. 第13位 南海トラフ地震 山岡 耕春 (著)
    14. 第14位 日本列島大変動: 巨大地震、噴火がなぜ相次ぐのか 後藤 忠徳 (著)
    15. 第15位 絵でわかる地震の科学 (KS絵でわかるシリーズ) 井出 哲 (著)
    16. 第16位 地震と火山 鎌田 浩毅 (監修)
    17. 第17位 地震学をつくった男・大森房吉 ―幻の地震予知と関東大震災の真実― 上山明博 (著)
    18. 第18位 地震の揺れを科学する―みえてきた強震動の姿 山中 浩明 (著)、岩田 知孝 (著)、佐藤 俊明 (著)、武村 雅之 (著)、香川 敬生 (著)
    19. 第19位 平成28年熊本地震 特別報道写真集 -発生から2週間の記録- 熊本日日新聞社 (編集)
    20. 第20位 地震イツモノート 地震イツモプロジェクト (著)、渥美公秀 (監修)、寄藤文平 (イラスト)
    21. 第21位 南海トラフ巨大地震――歴史・科学・社会 (叢書 震災と社会) 石橋 克彦 (著)
    22. 第22位 活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること 遠田 晋次 (著)
    23. 第23位 新・地震動のスペクトル解析入門 大崎 順彦 (著)
    24. 第24位 地震の大研究 大木 聖子 (著)、纐纈 一起 (監修、監修)
    25. 第25位 絵でわかる日本列島の地震・噴火・異常気象 (KS絵でわかるシリーズ) 藤岡 達也 (著)
    26. 第26位 ああああ あああああ
    27. 第27位 東京直下地震 3年以内震度9 Chiran (著)
    28. 第28位 地震と噴火は必ず起こる―大変動列島に住むということ 巽 好幸 (著)
    29. 第29位 地震の日本史―大地は何を語るのか 寒川 旭 (著)
    30. 第30位 緊急図解 次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図 木村 政昭 (著)
  8. おすすめの記事

6日午前3時8分ごろ、北海道の厚真町で震度7を観測する地震がありました。気象庁の会見で「震央」という表現を多用されておりました。「震央」って何?

震源と震央について

6日午前3時8分ごろ、北海道の厚真町で震度7を観測する地震がありました。

気象庁の会見で「震央」という表現を多用されておりました。

「震央」って何?

普段の生活ではなかなか聞き慣れない言葉です。

さて、震央って、どういう意味なんでしょうか?

震央とは、震源の真上の地表を示す言葉です。イラストの赤丸(●)の部分です。

震源とは、揺れが始まった場所です。揺れの元となるところです。イラストのバツ印(×)の部分です。

震央は、マスコミなどでは震源地(赤丸の部分)と表現されている場合もあります。

専門的な用語は非常に難しいですね。

 

余震が続いております。

ニュースでは、震度7を観測したとありましたので、2016年の熊本地震のときと同程度の揺れの地震ということになります。

熊本地震のときは、余震の2日後に余震を上回る本震がありました。

今後の余震には注意が必要です。

線 600

レンタルサーバーなら【Z.com】
2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

インターネットでライフラインの情報の入手の仕方と注意点

インターネットでライフラインの情報の入手の仕方と注意点について。

注意点
インターネットでライフラインの情報を入手される際には、デマやフェイクニュースに惑わされないようにお気を付けください。

インターネットでライフラインの情報を入手される場合自治体の公式サイト新聞社の公式サイト首相官邸公式サイト内の『北海道胆振地方中東部を震源とする地震について』などをご参考になさってください。

主なライフラインについては、以下の企業のページをご参考になさってください。

●電力 北海道電力株式会社 公式サイト

●ガス 北海道ガス株式会社 公式サイト

まとめ

今日は、気象庁の会見を見ていて気になった言葉「震央」についてお話ししました。

くれぐれも最大限安全に配慮しながら行動なさってください。

地震のときにおすすめしたいアイテム3選

新着記事を掲載しました。

 

線 600



おすすめのヘルメット

おすすめのヘルメットをご紹介します。

国家検定品 ヘルメット アメリカンタイプ SS-100型AJZ(発泡スチロール入) ホワイト FS-100AJ ホームクオリティ

select

線 600

おすすめの防災セット

おすすめの防災セットをご紹介します。

防災セット2人用 地震対策30点避難セットplus(2人用セット ホワイト) 防災防犯ダイレクト

select

線 600

おすすめのポータブルラジオ

おすすめのポータブルラジオをご紹介します。

ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99 : FM/AM/ワイドFM対応 手回し充電/太陽光充電対応 シルバー ICF-B99 S ソニー(SONY)

select

線 600

三井住友VISAゴールドカード
最短で当日出荷からご対応!短納期ネット印刷ならラクスル
プログラミングスクール【Tech Boost】
参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

地震(火山、防災などを含む)に関する本の中でおすすめの本ランキングベスト30【2018年9月版】

地震に関するおすすめの本をランキング形式でご紹介します。

第1位 次の震災について本当のことを話してみよう。 福和 伸夫 (著)

No.1

第2位 科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE) 山賀 進 (著)

No.2

第3位 池上彰とメ~テレが真剣に考える 南海トラフ巨大地震から命を守れ! 池上 彰 (著)

No.3

第4位 天災から日本史を読みなおす – 先人に学ぶ防災 磯田 道史 (著)

No.4

第5位 自衛隊防災BOOK マガジンハウス (編集)、自衛隊/防衛省協力 (その他)

No.5

第6位 フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 藤岡 換太郎 (著)

No.6

第7位 4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック 草野かおる (著)、渡辺 実 (監修)

No.7

第8位 クロワッサン特別編集 [最新版]女性目線で備える防災BOOK

No.8

第9位 モノ・マガジンの防災ぶくろ

No.9

第10位 被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40 アベ ナオミ (著)

No.10

第11位 地震がおきたら 畑中弘子 (著)、かなざわまゆこ (イラスト)、谷敏行 (その他)

No.11

第12位 地震学 (現代地球科学入門シリーズ) 長谷川 昭 (著)、西村 太志 (著)、佐藤 春夫 (著)

No.12

第13位 南海トラフ地震 山岡 耕春 (著)

No.13

第14位 日本列島大変動: 巨大地震、噴火がなぜ相次ぐのか 後藤 忠徳 (著)

No.14

第15位 絵でわかる地震の科学 (KS絵でわかるシリーズ) 井出 哲 (著)

No.15

第16位 地震と火山 鎌田 浩毅 (監修)

No.16

第17位 地震学をつくった男・大森房吉 ―幻の地震予知と関東大震災の真実― 上山明博 (著)

No.17

第18位 地震の揺れを科学する―みえてきた強震動の姿 山中 浩明 (著)、岩田 知孝 (著)、佐藤 俊明 (著)、武村 雅之 (著)、香川 敬生 (著)

No.18

第19位 平成28年熊本地震 特別報道写真集 -発生から2週間の記録- 熊本日日新聞社 (編集)

No.19

第20位 地震イツモノート 地震イツモプロジェクト (著)、渥美公秀 (監修)、寄藤文平 (イラスト)

No.20

第21位 南海トラフ巨大地震――歴史・科学・社会 (叢書 震災と社会) 石橋 克彦 (著)

No.21

第22位 活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること 遠田 晋次 (著)

No.22

第23位 新・地震動のスペクトル解析入門 大崎 順彦 (著)

No.23

第24位 地震の大研究 大木 聖子 (著)、纐纈 一起 (監修、監修)

No.24

第25位 絵でわかる日本列島の地震・噴火・異常気象 (KS絵でわかるシリーズ) 藤岡 達也 (著)

No.25

第26位 ああああ あああああ

No.26

第27位 東京直下地震 3年以内震度9 Chiran (著)

No.27

第28位 地震と噴火は必ず起こる―大変動列島に住むということ 巽 好幸 (著)

No.28

第29位 地震の日本史―大地は何を語るのか 寒川 旭 (著)

No.29

第30位 緊急図解 次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図 木村 政昭 (著)

No.30

線 600

おすすめの記事

この記事をお読みになられた方は、こちらの記事も読まれています。

タイトルとURLをコピーしました